「掃除」と聞くと、思わず拒絶反応を起こしてしまう人は多いはず。でも、掃除をしないとおうちのなかがどんどん汚れてしまいますよね。家族みんなが居心地よく暮らせるおうちにするためにも、掃除は不可欠。

掃除はやみくもにがんばってもつかれてしまうだけなので、効率的にやることが大切です。効率的な掃除の仕方の基本を知っておけば、自分なりに掃除と付き合うことができますよ。

がんばりすぎず、でもきちんとキレイにできるーー。そんな掃除の基本についてご紹介します。

掃除は「どこまでやるか」を決めるのが大事

待つ 時間をかける 時計
毎日家族が生活するおうちは、どうしても汚れがたまります。いざ掃除を始めたら延々と終わらず、イヤになった経験は誰でもあるはず。

これは「掃除はこうしなければならない」という考えに縛られているのが原因かもしれません。がんばりすぎずに掃除できるよう、まずはじめに次の2つを考えてみてください。

ゴールの「状態」を決める

どうがんばっても完璧にキレイな状態にすることはできないので、「目に見えるホコリがなくなればOK」「この部分の汚れが落ちれば終わり」とどんな状態になればゴールかを決めます。

ゴールの「範囲」を決める

「今日は床だけ掃除する」「この場所は明日掃除する」と、掃除する範囲を決めること。狭い範囲に限定すればダラダラ掃除することもなく、終わらなかったというストレスを抱えずにすみます。

効率的におうちをキレイにする掃除の心がけは?

コロコロでカーペット掃除
効率的に掃除するには、事前の準備が大切です。できるだけ手間をかけないためにも、次にご紹介する掃除の基本はしっかりと覚えてください。

鉄則①|汚れはできるだけ早く拭き取る

汚れてから時間が経つほど、落ちにくくなります。汚れがついたときにすぐ拭き取る、洗剤を吹きつけるなどの対処をすることで掃除の手間はグッと減ります。

鉄則②|汚れる場所の近くに道具を置く

気になる汚れを見つけても、道具がなければ掃除できません。汚れをすぐに拭き取れるように雑巾やティッシュ、洗剤類をセットにして手の届く場所においておきましょう。

鉄則③|ちょこっと掃除で本格掃除いらずに

「テレビを見ながらカーペットの掃除」や「お湯が出てくるまでの時間で洗面台をキレイにする」など、日々の生活のスキマ時間でちょこっと掃除を始めてみてください。これで汚れがひどくなることを抑えられます

鉄則④|気づいたらすぐに掃除できる環境を

モノが多いと掃除するのにどける作業が発生します。これが掃除のやる気をそぐ大きな原因なので、できるだけモノを増やさず、床に置かないようにするだけでも掃除しやすくなりますよ。

掃除に使う道具の選び方は?

掃除道具 洗剤
雑巾一枚あればほとんどの場所を掃除できますが、選ぶ掃除道具によって汚れの落ち方が違ってきます。掃除の基本道具は次の6つがあります。

① 雑巾
② スポンジ
③ ブラシ
④ 掃除機
⑤ ハンディモップ
⑥ ペーパーモップ
 

平らな面を掃除するには、雑巾かスポンジ、ブラシのどれかを使います。乾いた場所は雑巾で、湿気の多い水回りはスポンジなど使い分け、デコボコした場所や手で触れにくい場所にはブラシがおすすめです。

あとは場所に応じて、掃除機やハンディモップ、ペーパーモップでホコリを取ってあげてください。

掃除に使う洗剤は汚れにあわせて選ぶ?

シンクの掃除
掃除用の洗剤にはいろいろな種類がありますが、その特徴を知って汚れに合わせて使い分けると効果的です。

掃除に使う洗剤は大きく「中性洗剤」「アルカリ性洗剤」「酸性洗剤」「漂白剤」の4種類でわけて考えられ、それぞれ次のように使い分けられます。

中性洗剤

洗浄力は高くないものの、幅広く使える万能の洗剤。おうちのあらゆる場所の掃除に使われます。

アルカリ性洗剤

アルカリ性の性質をもつ洗剤で、油などと混じり合って落ちやすくしてくれます。キッチンの油汚れや焦げつき、リビングの手垢や皮脂汚れなどをしっかり落とします。

酸性洗剤

酸性の性質をもつ洗剤で、トイレの便器にできる「尿石」や水回りにできる「水垢」を溶かして落とします。

漂白剤

汚れの色素を分解して白くしてくれる洗剤。殺菌作用があるので、カビ取り剤として使われています。

洗剤はあれこれ悩んでしまいがちですが、基本的には使い勝手を重視して選びましょう。堅苦しく考えすぎずに、本来の用途ではなくても使い勝手がよくて汚れが落ちるなら自分なりの使い方をしてみるのも一つの方法です。

効率的に掃除する手順や順番はあるの?

棚のホコリ取り
効率的に掃除するなら、掃除する順番も大切です。

掃除する順番は「上から下へ」「奥から手前へ」を基本にすると、キレイにした場所はそのままに汚れを集められるので二度手間が防げて効率がアップします。

また、比較的キレイな場所から汚れた場所へと掃除すれば、掃除道具を取り替えたり、雑巾を洗い直したりする手間が少なくなります。

どこにどんな汚れがあるの?場所別の掃除する方法は?

人が生活する場はどこも掃除が必要になります。掃除が必要な部屋や場所は大きく分けると次の通り。

① キッチン
② トイレ
③ 浴室
④ 洗面所
⑤ リビング
⑥ 窓
⑦ 玄関
⑧ ベランダ
 

それぞれに適した掃除の方法なんて覚えられない!と思ってしまいがちですが、汚れの種類はだいたい「ホコリ」「油」「水垢」の3通りだけ。どこにどんな汚れがたまるかを把握しておくだけで掃除がずっと簡単になりますよ。

おうちのなかの部屋・場所別の掃除法をご紹介します。お家に合わせてアレンジしたり工夫してみてくださいね。

① キッチンの掃除の仕方

キッチンの床 家電
キッチンはコンロのまわりとシンクのまわりで汚れの種類が変わるので注意が必要な場所。コンロ周りは料理のときに飛んだ調味料や油が飛んで固まっています。放置するとがんこな汚れに変わるのでこまめに拭き取ってください。

また、シンクの排水口は雑菌が繁殖しやすい環境です。すぐにヌメリやカビが発生するので料理の後は毎回掃除できるとキレイに保てますよ。

② トイレの掃除の仕方

清潔なトイレ
トイレでこまめな掃除が必要な場所は主に便器、床や壁、マットです。便器はできれば毎日洗剤とブラシで掃除できると黒ずみも出ず、清潔に保てますよ。床や壁には尿が飛んでいるので、週に1度は拭き掃除を。

マットも床掃除と同じタイミングで洗濯してください。

③ 浴室の掃除の仕方

浴室
普段の掃除に使うのはお風呂用の中性洗剤とスポンジだけで大丈夫です。浴室で特に汚れやすいのは、排水口や浴槽なので、入浴後にササッと掃除できるといいですね。

フタやイスなどの小物類、床や壁など広い範囲が汚れやすい環境にあります。週に1度スポンジでこすり洗いしたり、残り湯でつけ置き洗いしておくとカビの発生を防げますよ。

④ 洗面所の掃除の仕方

洗面台
洗面所は洗面ボウルや排水口の汚れが気になりますね。洗面所の汚れは水洗いで落とせるものが多いので歯ブラシをしながら軽く水洗いするだけでも高い効果がありますよ。

スポンジを使いやすい場所においておけば毎日ちょっとずつ掃除ができますね。

⑤ リビングの掃除の仕方

フローリング・床のホコリ
リビングは一番過ごす時間が長い場所なので汚れも気になる場所です。目立つ汚れはホコリがほとんどなので、気になったらティッシュ1枚でもキレイにできます。定期的に掃除機と拭き掃除でキレイなリビングを保ちましょう。

⑥ 窓の掃除の仕方

窓の結露の掃除
各部屋についている窓は汚れやすく、放置しておくとゴムパッキンにカビが発生するなど厄介な場所です。掃除自体もこまめに拭いて、結露を拭き取るようにしておくだけなので手間はかかりません。

ただ、こまめに掃除していても汚れがたまってくるので、定期的に網戸と一緒にしっかり掃除してあげてください。2ヶ月に1度くらい掃除できると、いつも家の中が明るくなりますよ。

⑦ 玄関の掃除の仕方

玄関のタイル たたき
玄関は外からの汚れが入り込む場所です。それに来客を迎えるおうちの顔ともいえる場所なので、しっかりとキレイにしておきたいもの。週に1回くらいは掃き掃除・拭き掃除をしておきたいですね。

⑧ ベランダの掃除の仕方

ベランダの掃除
ベランダには雨風にさらされてドロや砂の汚れがたまります。洗濯物が汚れる原因にもなるので、月に1回くらいはきれいにしておきたいですね。

こまめなちょこっと掃除ならおうちをかんたんキレイにできる

カーペット・絨毯の掃除機がけ
おうちのなかは掃除しなければいけない場所がたくさんあります。でも、毎日すべてをキレイにする必要はなく、それぞれ適度な頻度で掃除できれば問題ありません

「やらなければ」と掃除の頻度を増やして自分がつらくなっては元も子もありません。掃除をするときに大切なのは、「がんばりすぎないこと」です。

自分が心地よく感じられる程度のキレイさを手に入れられるように、自分なりの掃除のペースを見つけてくださいね。