中性洗剤

中性洗剤とは?どんな種類がある?おすすめの商品は?

「中性洗剤」と聞くと、『キュキュット』などの食器用洗剤や、『エマール』などのおしゃれ着用洗濯洗剤をイメージするかもしれません。でも、そんなありふれた洗剤が一体どんな特徴をもつかは意外と知りませんよね。

そこで今回は、中性洗剤とはどういう洗剤なのか、特徴や種類、おすすめの商品などをくわしくご説明します。

中性洗剤とは?どんな特徴がある?

掃除 道具 洗剤


中性洗剤とは、その名の通り、「中性」の性質をもつ洗剤です。

洗剤には液性と呼ばれる性質があり、大きく「酸性」「中性」「アルカリ性」という3つに分類されます。液性は0〜14までのpH(ペーハー)という数値で表され、0に近いほど「酸性」が強く、14に近いほど「アルカリ性」が強くなり、6以上8以下の中間が「中性」に当たります。

アルカリ性の洗剤は油汚れや焦げなどを、酸性の洗剤は水垢などを溶かすことができ、どちらも性質が強くなるほど汚れを落としやすくなります。しかし、その中間にあたる中性洗剤には、そうした強い洗浄力がありません

「それなら中性洗剤は必要ないのでは?」と思うかもしれませんが、洗浄力が弱いからこその役割があります。酸性洗剤やアルカリ性洗剤の洗浄力は強力で、手肌や素材を傷める場合がありますが、中性洗剤は手肌や素材を傷めることなく、軽い汚れだけを落とすことができるんです。

そのため、中性洗剤は洗剤のなかでも「使い勝手がよく、肌や素材にやさしい洗剤」といえます。

中性洗剤はどんな汚れを落とせる?

掃除 洗剤 ゴム手袋


酸性洗剤やアルカリ性洗剤のような洗浄力をもたない中性洗剤は、どんな汚れを落とせるのか気になりますよね。基本的には、食器についた油汚れ、家具や家電につく手垢、お風呂場やトイレで出る皮脂汚れなど、おうちのなかのちょっとした油汚れを落とすことができます。

これは、中性洗剤に含まれている「界面活性剤」という成分のおかげ。界面活性剤は、本来は混じり合うことのない水と油を混ぜ合わせる働きがあるので、油汚れを浮かせて水で洗い流せるようにしてくれるんです。

おうちのなかの軽い汚れなら中性洗剤で落とせるので、掃除でなんの洗剤を使ったらいいか迷うときは「まず中性洗剤を使ってみる」といいですよ。

中性洗剤にはどんな種類がある?おすすめの商品は?

おうちのなかで使われている中性洗剤には、いろいろな種類があります。一口に中性洗剤と言っても場所別に特徴があるので、それぞれの違いやおすすめの中性洗剤をご紹介します。ぜひ洗剤選びの参考にしてください。

ちなみに、店頭で探すときにはパッケージの裏側の「液性」欄に中性と記載されているかで確認できますよ。

台所用中性洗剤

オリジナル キッチンの掃除 シンク コンロ


食器用の洗剤は素手で直に使うので、手肌を守るために中性洗剤が使われています。最近では油汚れを落としやすくするために弱アルカリ性の洗剤もでていますが、手荒れが気になる人は中性洗剤を選びましょう。

●『チャーミーマジカ』(ライオン)

中性洗剤ながら油分をしっかり分解してくれるので、洗ったあとのベタつきが気になりません。スポンジの除菌効果もあるのでキッチン周りで活躍します。

リビング用中性洗剤

リビングの順番


リビングの手垢や皮脂汚れ、食べこぼしの油汚れなどは水拭きでは十分に落とせないことがあります。そこで中性洗剤の出番。フローリングや壁紙などの素材を痛めることなく、汚れだけをきれいに落とすことができます。

●『ウタマロクリーナー』(東邦)

『ウタマロクリーナー』は手肌にやさしい中性であることにこだわって作られた洗剤。スプレーを吹き付けて乾拭きするだけで汚れがスッキリ。2度拭きが不要なので後始末もラクちん。

お風呂用中性洗剤

オリジナル お風呂


お風呂の皮脂汚れは中性洗剤があれば十分キレイになります。基本のお掃除用に中性洗剤を用意しておくと、お風呂上がりにササッと掃除する手間もかかりません。

●『バスマジックリン』(花王)

泡の力で浴槽の湯垢や皮脂汚れを落としてくれます。ひどい汚れは洗剤を吹きかけてから2〜3分ほどおけば、洗剤が浸透するのでスポンジでこすればスルッとキレイに。除菌効果もあるので一石二鳥。

トイレ用中性洗剤

トイレ ブラシ


トイレの汚れも中性洗剤で落とせます。頑固な尿石汚れじゃなければ、中性洗剤1本あればトイレ全体をキレイにできます。1本常備しておくと、トイレ掃除が手軽にできますよ。

●『トイレマジックリン』(花王)

1本あれば、トイレの床や壁、便座などをキレイにできます。汚れにスプレーしたらトイレットペーパーで拭き取るだけなのでとっても簡単。便器内に吹きかけておけば消臭&除菌効果を発揮するすぐれもの。

中性洗剤は安心して使える洗剤!

家のどこ はてな ?


中性洗剤は、肌や素材にやさしいこと以外にも、安心して使えるというメリットもあります。

たとえば酸性洗剤は『カビキラー』などの塩素系漂白剤と混ざると、有毒なガスを発生させる危険があります。お風呂やトイレの掃除では塩素系漂白剤を使うこともあり、酸性洗剤を常用するのは不安があるもの。

でも、『バスマジックリン』や『トイレマジックリン』などは中性なので、有毒ガスを発生させてしまうなどの危険がなく、安心して使えます。中性洗剤を1本もっておくと、洗剤を使うときの不安もないのでとっても便利ですよ。

衣類用の中性洗剤にはどんな特徴があるの?おすすめの商品は?

洗濯機 泡 洗剤


掃除以外にも、洗濯用の洗剤に中性洗剤があります。

一般的な洗濯用洗剤には食べこぼしなどの油汚れを落としやすくするために「アルカリ性」が使われますが、アルカリ性洗剤は素材を傷めることがあるのでデリケートな生地の洗濯には向きません。

そこで洗濯のときも素材を傷めずやさしく洗い上げるために中性洗剤が使われます。中性洗剤と聞いてもピンとこなくても、『エマール』や『アクロン』といった「おしゃれ着洗剤」として知っている人は多いと思います。

生地が伸びたり縮んだりしやすいもの、色落ちや毛玉の発生が心配なものには衣類用の中性洗剤を使うといいですよ。

『エマール』(花王)

おしゃれ着洗い用の中性洗剤で有名なのが、『エマール』です。お気に入りの服でもこれさえあれば、傷みを防ぎながらやさしく洗えます。

水洗いできる衣類であれば、クリーニングを頼らなくてもきれいに仕上げることができますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

台所用中性洗剤で家中の掃除ができるの?

拭き掃除で使う雑巾に洗剤

掃除に使う中性洗剤にはいろいろな種類がありますが、実はそれぞれの主な成分には大きな違いがないので代用ができます。たとえば、『キュキュット』などの台所用中性洗剤があれば、お風呂やリビングなどを掃除できます

お風呂や洗面所、トイレの便器などには原液を数滴たらして、スポンジやブラシなどでこすれば汚れが落とせます。また、リビングやトイレなどの床は台所用中性洗剤を水で薄めたもので雑巾を固く絞り、拭き掃除すればOK。洗剤が残らないように水拭きと乾拭きで仕上げれば、ピカピカになりますよ。

台所用中性洗剤はおうちのなか全体に使えるので、ほかの洗剤を切らしているときなどにはぜひ試してみてくださいね。

ちなみに、台所用中性洗剤は食器や食材の汚れを落とすためにつくられたものなので、安全対策がしっかりしています。万が一すすぎ残しがあっても、体に害をもたらすことはほとんどないので安心して使えますよ。

中性洗剤を特徴を知っておうちの掃除に活用しよう

子供部屋 おもちゃ ぬいぐるみ


洗剤はいろいろな種類があって選ぶときに迷ってしまいますが、「まずは中性洗剤を選ぶ」と決めておくと考えやすくなります。

そして中性洗剤ではどうしても落としきれない汚れが出てきたら、酸性やアルカリ性などの洗浄力の強い洗剤を使えばいいんです。

掃除や洗濯をするときには汚れにあわせて洗剤を選べると、ぐっと効率的に作業ができるようになりますよ。

※この記事で紹介した情報は、自己責任でご利用ください。これによって生じるいかなる損害やトラブルに対しても、当方は一切の責任を負いません。

おすすめ記事

100均グッズを使った収納術!おしゃれにするアイデアは?

リビングのテレビ

トイレ掃除に必要な洗剤は?おすすめは?重曹やクエン酸でも落ちる?

オリジナル トイレ洗剤 重曹 クエン酸

お風呂掃除におすすめの洗剤は?代用できるものはある?

お風呂掃除道具

水垢におすすめの洗剤は?ダスターだけでも落とせるの?

蛇口の水垢

洗濯洗剤はどうやって選ぶ?どんな特徴や種類がある?

洗剤 棚 ラック 洗濯 洗面所

掃除道具
人気記事ランキング