「酸性洗剤」という名前だけ聞くと、「手についたりしたら危険じゃないの?」と不安もありますよね。でも、酸性洗剤はほかの洗剤では落ちない汚れを落としてくれるので、正しく使えばお掃除の強い味方になってくれますよ。

今回は酸性洗剤とはどういうものか、どんな種類や商品があるのか、どんな汚れを落としてくれるのかなどをご説明します。

酸性洗剤とは?種類があるの?

ギモン 疑問 はてな?


酸性洗剤とは、その名の通り、「酸性」の性質をもつ洗剤です。酸の力で汚れを溶かしたり、アルカリ性の汚れを中和してやわらかくしたりします

酸性の性質の強さはpH(ペーハー)という数値で表せ、0〜14の段階で表されます。数値が0に近いほど酸性が強くなります。ちなみに、pHが7前後になると酸性から「中性」になり、それを超えてくると「アルカリ性」に変化します。

洗剤で使われる酸性洗剤には2種類あり、pH3未満のものを「酸性洗剤」と呼び、pH3以上6未満のものを「弱酸性洗剤」と呼びます。汚れがひどいところには酸性洗剤、軽いものには弱酸性洗剤を使えばいいくらいに覚えてください。

酸性洗剤で落とせる汚れは?

水垢 蛇口


おうちのお掃除に使われる一般的な洗剤は「中性洗剤」ですが、水回りにできる「水垢」や、トイレの便器にできる「尿石」などは、中性洗剤では落とせません。

そこで必要になるのが酸性洗剤です。

これらの汚れはアルカリ性の性質をもつミネラル成分が固まってできているので、酸性の力で中和することでやわらかくなり、簡単に落とせるようになるんですよ。

尿石や水垢は石のように固いので、酸性洗剤を使わないと落とすのは大変。無駄な労力をかけないためにも、酸性洗剤を用意して掃除を始めてください。

酸性洗剤の商品にどんなものがある?使い方は?

酸性洗剤は掃除場所に合わせていろいろなものが販売されています。

ただ、それほど種類が多いわけではないので、次にご紹介する商品を参考にして必要なものを見つけてくださいね。

『サンポール』

トイレの尿石落としに使う酸性洗剤といえば『サンポール』。50年以上も売れ続けるロングセラーで、便器の裏側にこびりついた頑固な尿石もしっかり落とせます。

使い方は、便器のフチ裏にぐるっと回しかけてこするだけ。汚れがひどいときは回しかけたあと数分放置すると効果的です。

『強力バスクリーナー』

お風呂の頑固な水垢汚れに効果を発揮する酸性洗剤。石鹸カスで真っ白になったイスだってキレイにできます。ニオイのもとである雑菌を退治できるので消臭効果も期待できます。

使い方は、汚れに直接スプレーして2〜3分待ちってからスポンジでこすってください。洗剤を洗い流せば完了です。

『ティンクル』

キッチンや洗面所などの水回り用としてつくられた酸性洗剤。お風呂は水垢がガンコなので、お風呂専用のティンクルも販売されています。使いやすいスプレータイプで、汚れが気になったときにシュシュッと掃除できます。

使い方は、水垢や石鹸カスに直接スプレーしてスポンジなどでこすればOK。洗剤をすすいだあとに乾拭きをするとさらに効果的です。

『茂木和哉』

洗剤のエキスパートがつくった水垢落とし用洗剤。酸性洗剤の性質とクレンザーのような研磨効果をあわせもっているので、頑固な水垢を落とせます。

使い方は、水垢の気になる場所にかけてスポンジなどでこすり洗いするだけです。研磨作用を十分に活かすために、ラップなどを丸めたものでこすると効果がアップします。

酸性洗剤は塩素系の洗剤と併用しないこと!

注意


酸性の洗剤は強力ですが、使うときには1点注意があります。それは『カビキラー』などの塩素系漂白剤とは併用しないこと。この2つが混じり合うと有毒なガスが発生して危険です。

特にお風呂やトイレはカビを落とすために塩素系漂白剤を使うことが多いので、どちらか一方を使ったら、もう一方は控えてください。

商品のパッケージには「まぜるな危険」と表示されているので、使う前によく確認しましょう。

エコなワザあり!

エコなわざあり

クエン酸も酸性洗剤なの?どんなふうに使うの?

クエン酸を使った掃除

小さい子供がいるおうちでは、酸性洗剤を使うのをためらうかもしれません。そんな人には「クエン酸」がおすすめ。クエン酸は食品添加物としても使われている自然由来の素材で、これでも水垢などを落とすことができます。

コップ1杯の水(約200ml)に、クエン酸小さじ1杯(約5g)を混ぜるだけでクエン酸水ができあがるので、洗剤と同じように汚れに吹きかけて使いましょう。

ただ、自然由来の素材とはいっても酸性の性質をもっているので塩素系漂白剤とは併用しないでください。

酸性洗剤を上手に使っておうちの掃除を簡単に

水回りの掃除


掃除の手間がかかる尿石や水垢などは、正しく酸性洗剤を使ってサッと落としちゃいましょう。

ただ、酸性洗剤はモノを溶かす性質をもっていることにかわりはないので、使うときには十分に注意してください。

肌が敏感な人や体調が悪い人は、酸性洗剤が肌に触れたり、気化したものを吸い込んだりしないように、手袋やマスク、メガネなどを着用することをおすすめします。