軽くて丈夫なプラスチックは食器や浴室小物など、水回りでも重宝しますね。でも、水垢がこびりつくとちょっと困りもの。こすり落とすと素材もいっしょに傷めてしまいそうで、ためらってしまいますよね。

そこで今回は、プラスチックについた水垢をスッキリ落とす方法をご紹介します。

プラスチックの水垢はスポンジでこすり落とせる?

浴室小物 おもちゃ プラスチック水垢
水垢は、水道水に含まれているカルシウムなどのミネラル分が固まったことで発生します。粉のようで分かりにくいですが、水垢はかなりかたい汚れ。やわらかいスポンジでこすってもほとんど効果がありません。

頑張ってこすり落とそうとすると、かえって下のプラスチックまで傷をつけてしまうだけなので、洗い方を工夫するのが大切です。

水垢はこすり落とすのではなく、溶かして落とすのが効果的。苦労してこすることもなく、キレイに戻せますよ。

プラスチックの水垢を落とすのに必要なものは?

クエン酸
用意するもの
必須
クエン酸
キッチンペーパー
あると便利
スプレーボトル

レモンなどのかんきつ類に含まれる「クエン酸」という成分は、水垢を分解する力を持っています。プラスチックを傷めないので安心して使えますよ。

クエン酸は100均やドラッグストアの洗剤コーナーにも売られている身近なアイテムです。水垢掃除全般に便利です。

プラスチックについた水垢を落とす方法は?

クエスチョン ? はてな
基本の方法は「クエン酸をつけて放置する」だけ。クエン酸が水垢に働きかけて、落としやすくふやかしてくれますよ。

ここではまず、水垢汚れに悩みがちなお風呂のイスなど比較的大きなものでできる方法をご紹介します。

クエン酸水をつくる

クエン酸小さじ1杯と水200mlを混ぜる。スプレーボトルなどに入れておくと便利。

汚れをクエン酸水に浸す

キッチンペーパーをクエン酸水に浸し、汚れに貼り付ける。

放置する

2時間ほど放置し、クエン酸が浸透するのを待つ。

こすり落とす

キッチンペーパーでそのままこすり落としてすすいだら完了。

この掃除方法ならゴシゴシこすることなく、水垢だけをキレイに落とせます。

時間をかけてふやかすので、休日や寝る前などつけおきの時間に余裕があるときを選んで試してみてくださいね。

プラスチックについた水垢を効果的に落とす裏ワザは?

洗面器でクエン酸水をつくる
プラスチックの道具には、キッチンで使うタッパー容器やカトラリーグッズなど細々したものもありますよね。小さなものにいちいちキッチンペーパーを使って貼り付けるのは面倒…。

そこで小さなものは「つけおき」でまとめて一気にキレイにしちゃいましょう。

大きめのボウルや洗面所のシンクにクエン酸水を張り、水垢で汚れたアイテムを浸すだけ。クエン酸がまんべんなく浸透するので効果的に水垢がとれますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

プラスチックの水垢はクエン酸の他に使えるものは?

酢を使った掃除法
クエン酸がおうちになくてわざわざ買う手間を省きたかったら、身近なアイテムで代用してみましょう。

クエン酸と同じように、「酸性」の性質をもっているアイテムであれば水垢を分解できます。おうちにあるものでは「酢」や「レモン汁」があてはまります。

素肌に触れるものも多いので、身近なアイテムでキレイにできると安心感も大きいですね。

プラスチックの水垢をスッキリ落として、気持ちよく使おう

山積みのタッパー
使い勝手のよいプラスチック製品はいろいろな場所で重宝しますよね。でも、便利なあまりにヘビーユースしてしまい、掃除がおろそかになってしまいがち。

そこで、クエン酸を使った掃除方法を覚えておけば、水垢で汚れてもあわてずにキレイにできますよ。

プラスチックもピカピカになっているほうが、使うときに気持ちがいいものです。