すぐに汚れてしまうトイレは『掃除が大変…。できるだけ手間をかけたくない…。』というのが本音だと思います。

そんなときは、使っている洗剤を見直してみてはいかがでしょうか?選ぶ洗剤次第で、トイレ掃除はもっとラクになりますよ。

今回は、トイレ掃除に必要な洗剤を徹底解説。トイレ掃除に必要な洗剤の種類やおすすめ商品のほか、重曹やクエン酸などのナチュラル洗剤についても紹介します。

トイレ掃除に使う洗剤は3種類だけ!

トイレ掃除の洗剤3種

トイレ掃除に使う洗剤はたくさんありますが、大きく分けると「中性洗剤」「酸性洗剤」「塩素系漂白剤」の3種類だけです。

それぞれの種類で効果を発揮する汚れが違うので、まずはその特徴をおさえてから商品を選びましょう。

① 中性洗剤

便器の内側から外側、床や壁など、基本の掃除に使う洗剤。『トイレマジックリン』などが有名。

② 酸性洗剤

便器内のこびりついた黄ばみ汚れ(尿石)を落とすのに使う。『サンポール』などが有名。

③ 塩素系漂白剤

除菌と漂白効果のある洗剤で、黒ずみなどを落とす。『トイレハイター』や『ドメスト』などが有名。

基本的に中性洗剤があれば通常のトイレ掃除は問題なくできます。ただ、酸性洗剤や塩素系漂白剤を用意しておくと、頑固な汚れを見つけたときでも慌てずに対処ができますよ。

ちなみに、酸性洗剤と塩素系漂白剤を併用すると有害なガスが発生して危険なので、同時に使わないでください。どちらかを使うときは、一方の使用は控えましょう。

それでは、次からは3種類の洗剤別におすすめ商品を紹介していきます。

① 【トイレの洗剤】おすすめの中性洗剤

トイレタンクに洗剤をかける

トイレのこまめな掃除は中性洗剤1本でことたります。汚れに直接かけたり、トイレットペーパーに吹きつけたりしてトイレ中を掃除できます。

便器の汚れや床、壁、タンクのなかなどスプレータイプなら汚れに気づいたときにシュッと吹きかけて掃除できます。

1.『花王 トイレマジックリン』

花王 トイレマジックリン出典:楽天

「ニオイも汚れもこれ1本!」のCMでお馴染みのトイレマジックリン。そのうたい文句の通り、1本あればトイレの掃除と消臭ができます。床の拭き掃除にも使えて便利です。

税込価格
262円

2.『ライオン ルック まめピカ』

ライオン ルック まめピカ出典:楽天

便器や床や壁などの拭き掃除におすすめの洗剤です。トイレットペーパーに吹きつければ、即席のお掃除シートになります。気軽に「サッとひと拭き」ができるのでおすすめ。

税込価格
328円

② 【トイレの洗剤】おすすめの酸性洗剤

フチ裏にサンポールをかける

便器のフチの裏などにこびりついた黄ばみ汚れを落とせるのが酸性洗剤。目に見えない場所の黄ばみを落とすときが出番なので、使い勝手のよいものを選びましょう。

3.『キンチョー サンポール』

キンチョー サンポール出典:kincho.co.jp

トイレ用酸性洗剤の代表格がサンポールです。グリーンの薬液でかけた部分がわかりやすく、フチ裏にもかけやすいノズルを採用。2〜3分かけておくだけで便器の黄ばみを落としてくれますよ。

ただし、サポールに含まれる塩酸は揮発性なので吸い込まないようにしっかりと換気をして、肌が触れないようにゴム手袋を着用してください。

税込価格
375円

4.『茂木和哉 尿石落としジェル』

茂木和哉 尿石落としジェル出典:楽天

洗剤の専門家が開発した尿石専用の酸性洗剤。尿石の主成分であるカルシウムを強力に分解する作用があります。高粘度のジェルが便器のヘリにもぴったりはりついて効果を発揮します。

税込価格
980円

③ 【トイレの洗剤】おすすめの塩素系漂白剤

オリジナル トイレハイター 掃除

ブラシでこすらなくても、便器内の黒ずみを落とすのが塩素系漂白剤です。しっかり掃除のときや、ササッと汚れを落としたいときにかけるだけなので手軽です。

5.『花王 除菌洗浄トイレハイター』

花王 除菌洗浄トイレハイター出典:kao.com

トイレ専用に開発された塩素系洗剤。99.99%と強力な除菌効果があり、黄ばみや黒ずみ汚れにも効きます。さらに洗浄後には汚れがつきにくくなるので、掃除の手間も少なくしてくれますよ。

税込価格
235円

6.『ユニリーバ ドメスト』

粘度の高い洗剤で、便器の斜面にもしっかりはりついて効果的に汚れを落としてくれるドメスト。便器の内側にぐるっとかけるだけで除菌はもちろん、便器の黒ずみ汚れまで分解します。

トイレだけでなく、家中の水まわりで使えるので1本常備しておくと重宝しますよ。

税込価格
728円

【トイレの洗剤】汚れ防止におすすめ

オリジナル トイレスタンプクリーナーの流水

掃除をしてもすぐに汚れや黒ずみがついてしまう...といったお悩みには、便器をコーティングして汚れにくくする洗剤がおすすめです。

便器表面をコーティングして抗菌効果をもたせ、掃除を簡単にしてくれます。

7.『トイレスタンプクリーナー』

ジェル状の洗剤を便器につけておくだけの簡単アイテム。トイレの水を流すと濃縮ジェルから洗浄・防汚成分が溶け出し、水たまりからフチ裏まで全体に行き渡ります。防汚効果が続くので、汚れが積み重ならずキレイに保つことができます。

税込価格
853円

8.『ブルーレットおくだけ』

手洗い器におくだけで、便器内に汚れがつきにくくします。汚れがつくのを抑える成分が便器を守ってくれます。また、さわやかな香りで気になる臭いも解消してくれます。

税込価格
564円

エコなワザあり!

エコなわざあり

トイレ掃除には自然由来の洗剤も使える?

重曹とクエン酸

ナチュラルクリーニングを実践している、興味がある人には、重曹やクエン酸でトイレ掃除できるのかが気になりますよね。

まず、トイレ掃除にも「重曹」と「クエン酸」は効果を発揮します。次の方法で使ってみてくださいね。

● 重曹の使い方

オリジナル トイレ 重曹

便器のなかの汚れは重曹がおすすめです。重曹にはクレンザーのような研磨作用があるので、重曹をふりかけてブラシでこすれば汚れが落ちます。雑菌の繁殖を抑える効果も期待できます。

● クエン酸の使い方

クエン酸でトイレの壁掃除

便器の外側や床、壁などはクエン酸を溶かしたクエン酸水を使います。コップ1杯の水(約200ml)にクエン酸小さじ1杯を入れて混ぜ合わせればクエン酸水のできあがり。これを吹きつけてトイレットペーパーや雑巾などで拭き取るだけです。

重曹もクエン酸も消臭効果を発揮するので、トイレに気になる臭い消しにも役立ちますよ。

汚れにあわせてトイレ洗剤を選ぼう

こまめなトイレ掃除

トイレ用の洗剤はどれを選んだらよいのか迷いますが、ポイントは落としたい汚れにあった洗剤を選ぶことです。たくさんの便利なアイテムが市販されているので、がんばってこすり洗いしなくても汚れを落としてくれます。

掃除の手間は洗剤や道具選びでも左右されます。手間を掛けたくない掃除場所はおすすめ商品を参考に自分にあったものを選んでくださいね。