電気ポットや鏡、蛇口の周りなどが白く汚れているのを見たことはありませんか?あの、鱗(うろこ)状の形をしているのは水垢が石化して固まった汚れなんです。

スポンジなどで擦っても石化した水垢はなかなか落ちにくくて困りますよね。今回はそんな石化してしまった水垢汚れを落とす方法についてご紹介します。

水垢が石化するのはどうして?

水垢がついたバット

石化した水垢は白っぽくなりますよね。これは水の中に含まれるカルシウムやマグネシウムなどのミネラル、水道水ならカルキなどが固まってできた汚れなんです。

手洗い後や調理中に飛び散った水分を拭き忘れると、水滴は蒸発してなくなり、水滴のあとにはカルシウムなどの成分が残り固まる。これが石化した水垢の正体です。

軽い水垢ならすぐに拭き取れるのですが、掃除されることなく繰り返しミネラル分などが固まっていくと、石化した汚れになっていきます。

石化した水垢の落とし方|つけ置き洗い

水垢をクエン酸パック
用意するもの
必須
クエン酸
キッチンペーパー
あると便利
スプレーボトル

カルシウムなどは固まると強度が高くなるため、ちょっと洗剤をつけて擦ったところでなかなか石化した水垢は落としきれません。そんなときは、クエン酸など酸性の成分をつけ置きするのが効果的。

石化した成分はアルカリ性の性質をもっているので、反対の性質である酸性の洗剤を使うことで中和され、水垢だけ溶かしてくれます。

つけ置きの手順は簡単です。水垢汚れが目立つ場所にキッチンペーパーを敷き、水にとかしたクエン酸をキッチンペーパーに染み込ませます。1−2時間ほど放置したらキッチンペーパーを取って水で洗い流してください。これで石化した水垢がキレイに落とせます。

水垢をクエン酸パック

石化した水垢の落とし方|擦り落とす

水垢をクエン酸で浸してスポンジでこすり落とす

つけ置き洗いでも石化した水垢が落ちきらない場合は、プラスチック製のヘラなど平らな道具を使って擦り落としましょう。

基本的には、つけ置き→擦って落とすの順番です。ヘラがないときは、掃除する場所を傷つけない道具を代わりにしてください。場合によってはメラニンスポンジなどを使っても構いません。

石化した水垢の落とし方|注意することは?

お風呂の鏡の水垢

石化した水垢を落とすときに注意したいのは、つけ置きで放置しすぎないこと、擦り落とすときは掃除したい場所を傷つけないアイテムで擦ることです。

長時間放置しすぎて、酸性のパックが乾ききってしまっては意味がなくなるのと、例えばシンクを擦り洗いで傷をつけてしまっては石化した水垢汚れ以上に傷が目立ってしまう可能性があります。

石化した水垢は力任せよりも溶かして落とそう

クエン酸で水垢を落とす(2回目)

石化した水垢はできるだけ酸性洗剤を使って落とすのがベターです。まずは自然由来のクエン酸、それでも落ちないときは酸性洗剤、どうしても落としきれないときは研磨剤入りのクレンザーを使ってみてください。

一度、石化した水垢を落とせれば掃除の手順も覚えられるので、初めての方は今回ご紹介した方法で水垢落としに挑戦してみてくださいね。