お風呂場のタイルやゴムパッキンにできた黒カビ。スポンジでこすり洗いしただけでは落ちませんよね。そんなときに活躍するのが『カビキラー』や『カビハイター』などの塩素系漂白剤です。

でも、ほかの洗剤に比べて危険な気がして使うのをためらっている人もいるのではないでしょうか?そこで今回は、カビキラーやカビハイターに含まれる成分と危険性のほか、安全な使い方についてご紹介します。

カビキラーやカビハイターとは?どんな成分の洗剤?

カビキラー 窓掃除

赤いスプレーボトルの『カビキラー』と、青いスプレーボトルの『カビハイター』。

それぞれメーカーが異なりますが、どちらも「塩素系漂白剤」と呼ばれる洗剤で、主な成分は「次亜塩素酸塩」と「水酸化ナトリウム」。それぞれが作用してカビや雑菌を退治します。

次亜塩素酸塩がカビや雑菌の細胞内部に浸透すると、組織を破壊して色素を分解してくれるので、深く根をはった黒カビも白くしてくれるんです。

カビキラーやカビハイターは危険なの?

クエスチョン ?

カビキラーやカビハイターは、細胞内に浸透して組織を破壊し、色素を分解する強力な洗剤だけにいくつか注意点もあります。

使う素材に注意

お風呂に使う分には問題ありませんが、お部屋にできたカビなどに使うと建材を傷めてしまうこともあります。

肌に触れないように注意

気化したものを吸い込んだり、目などの粘膜につくと危険なので、不安がある人は、ゴム手袋をしてマスクや保護メガネをかけて使うと安心ですよ。

「酸性」のものが混ざらないように注意

カビキラーやカビハイターなどの塩素系漂白剤を、酸性タイプの洗剤やクエン酸、お酢、除菌用アルコールなどと併用すると有害なガスが発生して危険です。必ず別々に使いましょう。

カビキラーやカビハイターの使い方は?時間はどれくらいおく?

カビキラーをパッキンにかける

カビキラーやカビハイターの使い方は基本的に同じです。次のステップにしたがって使いましょう。

掃除場所の表面を軽く洗う

カビの表面についた皮脂や石鹸汚れを軽く洗い流す。これで塩素系漂白剤が浸透しやすくなる。

カビキラーやカビハイターを吹きつける

カビや汚れている場所に吹きつける。近すぎると洗剤が跳ね返ってしまうので10cm以上離して使う。

数分から10分以上放置する

軽い汚れは数分、ひどいカビには10分以上放置すると洗剤が浸透しやすくなる。

水で洗い流す

時間がすぎたらシャワーで十分に洗い流す。床などに残らないように注意。

これで基本的な汚れやカビは退治できます。一度で落ちにくいときは、再度吹きつけるか、定期的に掃除し続けていると効果を発揮します。

カビキラーやカビハイターはどこに使える?使えない場所は?

注意

ここではカビキラーなどの塩素系漂白剤をどこで使えるのかまとめてご紹介します。

使える素材・場所
タイル、ゴムパッキン、石鹸ケース、シャンプーボトル、風呂用椅子、洗面器、排水口など

カビ以外の雑菌汚れもキレイに落としてくれるので、直接手で触れたくない場所に吹きつけて置くと手で触れずにキレイにできます。

使えない素材・場所
木製の製品、サビが発生するアルミ・金属製品など

これらの素材に使うと傷めたり、変色したりする恐れがあります。

お風呂場の天井にカビキラーやカビハイターを使うには?

お風呂の天井の黒カビ対策

カビキラーやカビハイターは目に入ると危険なので、目より高い位置に直接吹き付けるのは危険です。

そこで天井や壁の高い位置にカビが発生した場合は、長い柄がついたお風呂用のスポンジやクイックルワイパーにつけた雑巾などに吹きつけてから塗ればOKです。

塗ってしばらく放置したら、顔にかからないように離れた場所からシャワーで洗い流すか、固く絞った雑巾で拭き取って、最後に乾拭きをしましょう。

ラップを使ってカビキラーやカビハイターの効果をアップ!

ラップの使い方

頑固なカビはカビキラーやカビハイターを吹きつけただけではなかなか落ちないこともあります。

そんなときにおすすめなのが、ラップを使う方法です。

カビキラーやカビハイターを吹きつけたあと、その上からラップをかけるだけ。これで水分が蒸発しなくなり、汚れへの浸透力が高まりますよ。

頑固なカビにはぜひ試してみてくださいね。

カビキラーもカビハイターも正しく使えば怖くない!

お風呂の掃除グッズ

「カビキラーやカビハイターは体につくと危険だから…」と思ってしまいがちですが、正しい使い方をすれば怖がることはありません

スポンジなどでこすらずに汚れを落とし、除菌までしてくれるので、積極的に活用すれば日々の掃除の手間を省いてくれます

カビキラーやカビハイターを活用して、いつでもキレイなお風呂を保ちましょう!