リビング

家の片付けのやり方!モノの多い家をスッキリさせるには?

「家の中がいつも散らかっている」「元に戻してもすぐに散らかってしまう…」など、片付けにまつわる悩みは尽きないものです。特に子供のいるおうちではモノが多くて大変ではありませんか?

今回は、家の片付けに役立つ基本の考え方をご紹介します。ぜひやり方を覚えておうちのキレイを保ちましょう。

家の片付けがこまめに必要になる原因って?

疑問 ギモン はてな ?

家の片付けがこまめに必要になるのは、そもそも「モノが多すぎる」かモノの「収納場所が決まっていない」かのどちらかが原因です。

モノの数が少なく、どこに何を置けばいいかハッキリしている環境なら片付けもかんたんそうですよね。

そんな環境をつくるために具体的にどうすすめるか、次から考え方をご紹介します。

家の片付けは3ステップ!キレイに片付けられる手順とは?

大量のダンボール

片付けの基本の考え方はおうちのどこでも同じです。「整理→置き場所決め→収納方法の検討」の3ステップで考えていくことです。片付けというと、ついつい落ちているものをどこかに戻すと考えがちですが、この3ステップを念頭に進めるだけでキレイが保ちやすくなりますよ。

整理で「モノが多い」のが解消され、収納方法の検討まで進むと「収納場所が決まっていない」のも置き場が明確になります。3ステップでそれぞれどんなことをすればいいのか見てみましょう。

「整理」とは…

片付けと聞くと「元に戻す」ことをすぐに連想してしまいますが、手にとったモノが「そもそも必要?」と考えることから片付けは始まります。

実は「もったいない」「いつか使うかも…」と取っているものも多いはず。この際まとめて処分すればモノが減って片付けしやすくなります。

「置き場所決め」とは…

次に「どこに戻せばいいんだっけ?」と考えてみましょう。片付けたいモノがわざわざ他の部屋から持ち出してきたモノではありませんか?

本来は使う場所の近くに置き場所をつくるのがルールです。ほしいときにすぐに手に取れる場所に収納を用意すれば、片付けの移動の手間が減らせますよ。

「収納方法の検討」とは…

置き場所まできまれば、最後に「どう収納したら片付けやすいかな(使いやすいかな)?」と考えます。こうすることで出し入れがかんたんで、モノの置き場所がハッキリします。

たとえば、キッチンツールや文房具などの小物はこまごましていて収納がむずかしいので、箱やケースを使って「立てる収納」「寝かせて置く収納」にと考えたり、雑誌はタイトルごとに並べて目当てを探しやすくしたりする工夫が考えられます。

ここまでくると、次に取り出したときは片付けもかんたんになっています。

家の片付けのやり方は?場所別の工夫は?

片付けの基本の考え方を押さえたので、次はもっと具体的におうちの場所ごとの片付けのコツをご紹介します。おうちの間取りなどに合わせてアレンジして実践してみてくださいね。

クローゼット

クローゼットのカゴ収納

クローゼットには、着なくなった服がいっぱいに収納されていませんか?「1年以上着ていない服」「シミや汚れの残るもの」「サイズの合わないモノ」などの基準をつくって整理から始めましょう。

服を十分に減らしたら、ハンガーに吊るす収納を基本にしまっていきます。ハンガー下には衣装ケースを置いて収納スペースを最大限活用してくださいね。

キッチン

キッチン 収納 調味料 

毎日食事の支度に立つキッチンは、毎回の片付けも面倒なものですね。キッチンツールなどいろいろなアイテムが置かれているので、ここもまずは不用品の整理から始めます。

「1年使っていないツール」「お客さん用のお皿」「ずっと残っているストック食材」などは思い切って処分してもいいですよ。収納では、調理中に手に取りやすい壁面を活用できると料理するのももっと楽になりますよ。

洗面所

洗面所

洗面所は、身だしなみ用品やお風呂・洗濯用品の集まる場所。「肌触りのわるくなったタオル」「使い古した歯ブラシ」「1年以上使っていない化粧品」などは整理の対象にしましょう

狭い洗面所では、洗濯機周りがデッドスペースになっていることが多いので、アイテムを活用して収納量を確保できるとスッキリ片付けられますよ。

玄関

下駄箱

玄関には使っていない靴がいっぱい。無理して下駄箱に詰め込む前に不要な靴の整理をしましょう。

下駄箱は詰め込みすぎると通気性も悪くなって湿気が溜まりやすくなります。全体の8割になるよう余裕をもって片付けるといいですよ。

リビング

リビング ソファ 植物 照明

リビングはいろいろな部屋からアイテムが持ち込まれる場所。不用品の整理もそうですが、「置き場所がリビングでいいのか」もチェックしましょう。

いつも持ち込まれるものはリビングに収納場所をつくれば片付けがかんたんになりますよ。

押入れ

和室 

さまざまなモノを詰め込んでしまう押入れ。不要なもので溢れているので「なんとなく残した思い出グッズ」「何年も使っていない家電やキャンプ用品」などは処分しましょう。

押し入れは下段に重い物、中段によく使うもの、上段にあまり使わないものというように「使い勝手」で収納場所を決めると片付けやすい収納にできますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

家の片付けは業者に頼んでもいい?

ダンボール 段ボール 洋室

どうしてもおうちの片付けが進まない…というときは、奥の手としてプロに任せる方法もあります。

家事代行サービスや整理収納のアドバイスをしてくれる専門家がいます。家事のプロでなのでより詳しい整理、収納のコツも教えてくれますよ。

プロの方法を参考に、おうちをもっと片付けやすく工夫してみましょう。

家の片付けは家族の力も借りて、楽にすっきりさせる!

居心地のいい部屋

散らかったおうちの片付けはどうしてもママ一人の力では大変ですね。自分が散らかしたわけでもないのに…とストレスも溜まってきます。

ただ手順を覚えて、そもそも散らかっても片付けやすい環境をつくってしまえば家族がそれぞれ元に戻してくれますよ。楽にスッキリ片付く仕組みを考えて片付けから解放されましょう。

おすすめ記事

キャンプ・アウトドア用品の収納術!道具をキレイに片付ける方法は?

キャンプ・アウトドア用品の収納

「片付けられない」には理由がある?部屋が片付かない原因と対処法!

汚い部屋

鯉のぼりはいつ片付ける?収納する前に洗濯した方がいい?

こいのぼり

捨てる!いらない物とサヨナラしてシンプルに暮らす

いらないモノ

収納のコツ
人気記事ランキング