電気ケトルの掃除ってしていますか?お湯をわかすのに便利なアイテムですが、使い続けているうちに汚れはどんどんたまってきています。底に白い汚れがついていたら掃除のサインですよ。

キレイな電気ケトルでお湯が沸かせるように、今回は掃除を実践した様子を写真付きでご紹介します。

電気ケトルは掃除が必要?底の白い汚れはカビじゃない?

電気ケトルの汚れ

電気ケトルの底にできる斑点状の白い汚れ。これは水分が蒸発してミネラル分が固まってできた「水垢」と呼ばれる汚れです。

電気ケトルのなかの水垢が体に悪影響を与えるというわけではありませんが、積もってくると熱が伝わりにくくなるなどよいことがありません。水を入れているだけでも少しずつ汚れがたまるので定期的に水垢のチェックをして、掃除をするのがおすすめです。

一見するとカビに似ているので不安になってしまいますが、ケトルは毎回100℃近くのお湯を入れているため、カビが生息できるような場所ではないので安心して大丈夫ですよ。

電気ケトルの掃除に使う道具は?

クエン酸

用意するもの
必須
クエン酸
布巾 or キッチンペーパー
あると便利
『キュキュット』などの食器用中性洗剤
スポンジ

電気ケトルの水垢を落とすには、クエン酸が効果的。

水垢は石のように固い汚れなので、スポンジなどでこすっただけでは落ちません。ただ、アルカリ性の性質をもっているので、酸性の性質をもつクエン酸を使うことで中和してやわらかくすることができるんです。

ちなみに、クエン酸はフルーツにも含まれている自然由来の成分なので、電気ケトルの掃除に使っても安全です。溶いたお湯を飲んでも体に害はないくらいです。

電気ケトルをキレイにしたいときはまずクエン酸を準備して、掃除を始めましょう。

実践!電気ケトルの掃除方法!

クエン酸を準備したら電気ケトルの掃除にとりかかります。掃除自体はとっても簡単なので、気軽にチャレンジしてみてください。

① 電気ケトルを満水にする

電気ケトルに水を入れる

水垢は底だけでなく、壁面にもついています。ケトル全体の水垢を落とすために、満水まで水を入れましょう。

② クエン酸を大さじ1杯入れて沸騰させる

電気ケトルにクエン酸

満水の水に大さじ1杯ほどのクエン酸を入れましょう。厳密に測る必要はなく、スプーン1杯くらいと大まかにとって大丈夫です。

軽く混ぜたらスイッチを入れてお湯を沸かします。沸騰してから約1時間ほど放置して、水垢が分解されるのを待ちましょう。

③ 中のお湯を捨てて流水ですすぐ

電気ケトルの掃除

時間がたったらクエン酸を溶かしたお湯を捨て、なかを数回水ですすぎましょう。気になるくらいに汚れがまだ残っていたら、②の洗浄を繰り返します。

ケトル掃除アフター

1回の掃除で、水垢のまだら模様はほとんど見えなくなりました。これなら汚れも気にならず使えそうです。

④ フタや外側、電気プレートを水拭きする

電気ケトルの掃除

内側の掃除が終わったら、全体を水拭きします。ウェットティッシュや消毒用エタノールを使って拭くと除菌効果もプラスでき、より衛生的です。

電気ケトルの掃除

コンセントの接続部分や電源プレートの金具部分なども忘れずに拭き掃除しましょう。水がつかないように注意してくださいね。

エコなワザあり!

エコなわざあり

電気ケトルはお酢でも掃除できる?

電気ケトルに酢

電気ケトルの掃除をしたくても、手元にクエン酸がないこともありますよね。そんなときは料理に使うお酢を使いましょう。

お酢はクエン酸と同じように酸性の性質があるので、水垢を中和する力があります。

電気ケトル内にコップ1杯分(約200ml)のお酢を入れたあと、水を注いで満水にします。あとはクエン酸を使った掃除方法と同じように沸騰させて、汚れが落ちにくいときはスポンジでこすり落としてください。

お酢を使って掃除すると、クエン酸とは違って、お酢特有のツンとした臭いが残ります。臭いが気になるときはすすぎの回数を増やしてくださいね。

電気ケトルの掃除に使えるアイテムはある?

電気ケトルは道具を工夫すれば、少しだけ時間を短縮できたり、キレイに汚れを落とせたりします。

『電気ケトル洗浄中』(小林製薬)

大さじ1杯分(15g)のクエン酸が個包装になった商品。封を切ってサッと入れるだけなので、量をはかる手間がかかりません。できるだけ面倒を減らしたい人にはおすすめの商品です。

『暮らしのクエン酸』(ミヨシ石鹸)

クエン酸が330gとたっぷり入っていて、ケトルの掃除なら約22回分もあります。使いきれない場合はほかの掃除にも使えるので、まだおうちにない人はこれを機にそろえるのもいいですね。

『ザ・キッチン注ぎ口洗い4点セット』(マーナ)

電気ケトルの細い注ぎ口までキレイに洗いたいなら専用のブラシもあると便利。クエン酸で汚れがふやけていると、このブラシで注ぎ口までキレイにできますよ。

電気ケトルの臭いが気になるときは?掃除でなんとかなる?

電気ケトル

もしかすると電気ケトルが臭いな…と感じたこともあるかもしれませんね。ケトルが臭う原因は「買って間もないため」「熱に樹脂が反応したため」「汚れがたまっているため」の3つが考えられます。実はこれらもクエン酸があれば解決できるんです。

やり方は水垢を落とす時と同じで、満水まで水を入れてクエン酸を入れ、沸騰させるだけ。水垢とは違う汚れだとしても、電気ケトルの掃除はクエン酸でだいたいのことが解決できるんですよ。

電気ケトルは月に1回のクエン酸掃除を!

電気ケトルにクエン酸

ケトルの掃除はなんとなくむずかしそうに思えますが、クエン酸を溶かして温めるだけで大丈夫です。

電気ケトルのなかがピカピカだと、お湯を入れるときの気分も違ってきます。朝起きてお湯をわかすときに汚れが見えたら、その後もなんとなく気になってしまうものです。

いつでもピカピカの電気ケトルを使うためにも、月に1回はクエン酸を使って中を洗浄しておきましょう。これだけで、水垢のついていないキレイな状態で使い続けられます。ほんの少し手入れに時間をかけるだけで、毎日の気分がちょっと上向きになるはずですよ。