電気ケトルの底にカビのようなものが...。

口にする飲み物に使うものだからこそ、カビが生えてしまっては大事ですね。

今回は電気ケトルの底にできるカビのような汚れの正体と、その落とし方について説明します。

電気ケトルにカビが生える?

電気ポット ケトル

電気ケトルの底にできる汚れは、斑点状で白っぽい汚れなのでカビが生えてしまったのでは?と心配になるものです。

しかし、電気ケトルにできる汚れはカビではありません。これは電気ポット内の水分が蒸発して、水道水のミネラル成分だけが残って固まった「水垢」という汚れです。

電気ケトルを日々使っていれば、お湯を沸かすために高温になるため、カビが生息・繁殖することはできません。電気ケトル内にカビが生えることはないので安心してください。

水垢自体はカビのように体に害のある汚れではないので、水垢のできたケトルでお湯を沸かしても問題はありません。ただ、汚れたまま使うのはあまり気持ちのよいものではないので、掃除したいときはここで紹介する方法を試してみてください。

電気ケトルのカビのような汚れは落とせるの?

クエン酸

電気ケトルの底にできた水垢は、食器用洗剤とスポンジでこすっても落ちません。水垢が石のように固く、こびりつく特徴があるからなんです。

そこで「クエン酸」が大活躍します。アルカリ性の性質をもつ水垢に対し、クエン酸が持つ酸性の性質が中和してやわらかくする力を持っているんです。

ちなみに、クエン酸はレモンなど柑橘系のフルーツから抽出される自然由来の成分です。電気ケトルなど口にするものを扱う家電に使用しても安全なので安心してくださいね。

電気ケトルのカビのような汚れの落とし方

電気ケトルの汚れを落とすのは簡単です。水とクエン酸を入れていつもどおり沸騰させるだけでOKと、とても手軽にできます。

① 電気ケトルに水を入れる

電気ケトルに水を入れる

水垢は底以外にもついているので満水にする。

② クエン酸を大さじ1杯入れて沸騰させる

電気ケトルにクエン酸

満水の水に大さじ1杯のクエン酸を入れる。軽く混ぜたらスイッチを入れて沸騰させ、1時間ほど放置する。

③ お湯を捨ててすすぐ

電気ケトルの掃除

お湯を捨てて、なかを流水で数回すすげば完了。汚れが残っていたら再びクエン酸を入れて沸騰させるを繰り返す。

電気ケトルはどれくらいの頻度で掃除すべき?

電気ケトルは使っているうちに、少しずつ水垢が蓄積されます。水垢がつかないようにするのは難しいので、定期的にクエン酸を使って掃除するのが、清潔に保つコツです。

月に1回くらいのペースでクエン酸を沸騰させておけば、水垢がないキレイな電気ケトルをキープできますよ。

電気ケトルの汚れはカビじゃない!定期的なお掃除でキレイにしよう

電気ケトルにカビのような汚れを見つけて慌てた人も多いかもしれませんが、電気ケトル内にカビが生えることはないので安心してください。

ただ、カビのように見える水垢を落とすにはクエン酸を使ったお掃除が必要です。

体に害があるわけではありませんが、気持ちよく電気ケトルを使い続けるためにも、定期的なクエン酸掃除を心がけてくださいね。