冷凍庫の中や冷蔵庫の冷気の吹き出し口に霜ができていませんか?その霜は見た目が悪いだけでなく、庫内の冷えも悪くしてしまう困りものなんですよ。

ここでは冷蔵庫・冷凍庫に霜ができる原因と簡単な霜取りの方法をご紹介します。

冷蔵庫や冷凍庫に霜ができる原因は?

冷蔵庫


「密閉されている冷蔵庫のなかにどうして氷ができるの?」と不思議に思いますよね。

霜は扉の開閉で外気が入り込むことで、冷蔵庫内と外の温度差により結露が発生し、その水滴が固まったものです。開閉を繰り返すうちに水滴がつみ重なって、鍾乳洞のようにどんどん大きくなるわけです。

冷気の吹き出し口を塞いでいる霜をきちんと取れば、冷却効率が上がって節電につながりますよ。

これからご紹介する簡単な落とし方をマスターして、すぐに実践してみてくださいね。

冷蔵庫や冷凍庫の霜取りの方法は?簡単に取れるものなの?

手洗い 脱水 しぼる タオル


できて間もない霜は簡単に取り除けます。「霜取り」といえば、冷蔵庫のなかの食材をわざわざ別の場所に移して、電源を抜いて…と面倒なイメージがあるかもしれませんが、そこまで食材を動かす必要はありません。

冷蔵庫の霜取り


40℃くらいのぬるま湯で濡らしたタオルを霜に当てるだけでいいんです。用意するものはタオルのみで、すぐに取り掛かれますね。

落ちにくければ、何度か繰り返してあててみましょう。ガンコにこびりつく前の霜ならこれだけで簡単にキレイに落とせますよ。

冷蔵庫や冷凍庫の霜が分厚くてタオルだけで取れないときはどうする?

冷蔵庫


ぬるま湯で濡らしたタオルでも落とせないほどの霜を取るには、食材を取り出して大掛かりにやるしかありません。

「自然に溶けるのを待つ」が一番効果的なので、次の手順で霜を落としましょう。

庫内を空にする

食材が入っているならクーラーボックスなどへ移動させる。

冷蔵庫の運転を止める

庫内の温度調節つまみを「切」にする。なければコンセントを抜く。

扉を開け放って待つ

扉を開けて庫内を常温にし、氷が自然と溶けるのを待つ。

水分を拭き取る

庫内に残った水分をタオルできれいに取り除く。溶けた水が垂れ流れるのでこまめに拭くこと。

電源を入れ、食材を戻す

霜が取れて冷蔵庫のなかがしっかり乾いたら電源を入れ、食材を元に戻して完了。

霜ができているからといってすぐにトラブルが起こるわけではないので、霜取りは急がなくても大丈夫。もともと食材を冷蔵庫にいっぱい入れている場合は、霜取りに向けて1週間ほどかけて食材の整理をするといいですよ。

冷蔵庫や冷凍庫の霜取りの注意点は?ヘラやドライヤーを使うのはダメ?

注意 ポイント 指


冷蔵庫の霜取りでは故障の原因となる危険な方法があります。この方法で霜取りすると、保証の対象からも外れてしまうことがあるので避けましょう。

それはドライバーやアイスピックなどで氷を剥がす作業です。また、早く氷を溶かそうとドライヤー使うのもNG。熱が1か所に集中すると庫内が変形するのでやめましょう。

道具を使うなら、プラスチックやゴム製のやわらかい素材の「ヘラ」がおすすめ。溶けて緩んできた氷のすき間に差し込めばキレイに剥がせますよ。

不安なときは、時間をかけて自然と溶けるのを待ちましょう。

冷蔵庫や冷凍庫の霜取りを予防するには?

冷蔵庫 扉


冷蔵庫のタイプにもよりますが、前までほとんどなかったのに急に霜ができ始めた場合は簡単に改善できるかもしれません。

冷蔵庫や冷凍庫の扉をチェックして、不具合がないか確認しましょう。

扉の隙間から外気が入り込んで霜取りが必要になっている場合は、パッキンが変形していないか確認します。変形がある場合は、40℃くらいのぬるま湯につけたタオルで温めると元に戻せることがありますよ。

また、日々の開閉時に半開きにならないように「しっかり閉める」ことを意識するだけで外気の侵入を防げます。

覚えておきたい

エコなわざあり

霜取りはどんな冷蔵庫や冷凍庫にも必要な作業?不要な場合もある?

冷蔵庫

実は、冷蔵庫や冷凍庫に霜ができるこの現象はどの冷蔵庫でも起こるわけではありません。

「直冷式」と呼ばれる、冷蔵室・冷凍室のなかに冷却機があるタイプのみで霜ができます。

最近の冷蔵庫、特に大型の冷蔵庫は「間冷式(ファン式)」といって、別の場所でつくった冷気を冷蔵庫・冷凍庫に送り込むつくりになっています。そのため、わざわざ定期的に霜取りをする必要はありません。

霜取りが面倒なら、冷蔵庫を買い換えるのも検討してみてはいかがでしょうか?

冷蔵庫や冷凍庫の霜取りを覚えておこう

冷蔵庫


霜を取るのはできて間もないものであれば簡単。でも、固まってこびりつくと剥がすのはひと苦労です。

今回のタイミングで霜ができる原因、対処法を覚えておけば、次に霜がついたときもサッと対応できますよ。冷えが保たれて食材の保管もバッチリですね。