「トイレ掃除にクエン酸が便利」と聞いたことはありませんか?クエン酸はトイレのイヤ〜な汚れをスッキリ分解できるすぐれもので、使うとメリットがたくさんあるんですよ。

今回は、クエン酸を使ったトイレ掃除の方法をご紹介します。活用法を覚えて、トイレをピカピカに保ちましょう。

クエン酸をトイレに使う3つのメリット

クエン酸でトイレ掃除
トイレは毎日家族みんなが使う場所。キレイにしているつもりでもすぐに汚れてきますね。

そんなトイレ掃除に活躍するのがクエン酸です。ここでは、特徴とあわせてトイレ掃除に使うメリットを3つご紹介します。

メリット①|消臭効果

トイレ特有の気になる臭いは、ほとんどが「尿の飛沫」が原因で、乾いて時間がたつと臭いを発する物質に変化するんです。この汚れには「アルカリ性」の性質があるため、クエン酸がもつ酸性の力で臭いを中和して消してくれます。

メリット②|静菌効果

クエン酸は雑菌の繁殖をしずめる静菌効果も持っています。その効果は、古くは、傷口などの消毒にも使われていたほど。クエン酸を掃除に使うだけで、雑菌が原因の汚れをできにくくしてくれますよ。

メリット③|自然由来の安心成分

クエン酸はレモンなどの柑橘類にも含まれている自然由来の物質です。口に入っても安全なので、小さな子供のいるようなおうちでも安心して掃除に使えますよ。

クエン酸でトイレのどこをキレイにできる?

トイレの壁
クエン酸は作用がおだやかで素材の傷みを気にせず使えるため、これまで使っていた洗剤の代わりとして次の場所に使えます。

● 便器
● 床
● 壁
 など

とくにクエン酸が得意としているのが、アルカリ性の尿汚れ

尿は意外と床や壁などトイレ全体に広がっています。立って用を足す男性のいるおうちでは飛沫がとんでいるので、その汚れをキレイにするのにクエン酸が活躍します。

何か臭うな…と思ったらクエン酸の出番と考えましょう。

クエン酸を使ったトイレ掃除の方法は?

クエン酸でトイレの壁掃除
用意するもの
必須
クエン酸
スプレーボトル

トイレ掃除に使う場合は、クエン酸を水に溶いた「クエン酸水」を活用します。スプレーボトルに入れると洗剤感覚で手軽に使えます。

クエン酸スプレーを作る

まずはスプレーボトルに水200mlに対して小さじ1杯のクエン酸を入れ、クエン酸スプレーを作る。

スプレーし、拭き取る

あとは床や壁などの掃除したい場所めがけて直接スプレーし、トイレットペーパーなどで拭き取るだけ。

こうすることで尿汚れなどを分解して、臭いが気にならなくなってきますよ。

クエン酸を使えばトイレの手洗い器もピカピカになる!

トイレの手洗い器をクエン酸パック
クエン酸は「尿」の汚れを落とすのに効果的ですが、もうひとつ手洗い器などにできる「水垢」汚れを落とすのにも有効なんです。

水垢とは、水道水に含まれるミネラル分だけが残ったもので、白くくすんだウロコ状の汚れです。これもアルカリ性の汚れなので、クエン酸の力で中和して落とせるんですよ。

汚れにクエン酸水をつける

クエン酸水を含ませたトイレットペーパーを水垢に当てる。

放置する

クエン酸が浸透するまで2〜3時間ほど待つ。こうすることで汚れがゆるむ。

トイレットペーパーで拭き取る

浸していたトイレットペーパーを剥がし、乾いたトイレットペーパーでこする。

軽く水拭き

クエン酸が残らないように水拭きすれば完了。

水垢はもともと水の一成分なので、不衛生なものでもありませんし、洗わなくても機能に支障はありません。

ただ、どうしても見栄えが悪いので、できるだけキレイに落としてトイレを気持ちよく使いたいですね。

クエン酸を使ってトイレを掃除するときの注意点は?

トイレ 
クエン酸を使った掃除では、ちょっとした注意が必要。これは「酸」ならではの事情によるものです。

「酸」には相性の悪い素材があって、「タイル」とは相性がよくありません。床や壁にタイルのあるおうちは気をつけましょう。

タイルの目地に使われているコンクリートがクエン酸と反応して変色することがあります。

少しくらいなら大丈夫ですが、時間をおかずにサッと拭き取り、クエン酸の拭き忘れがないようには注意してくださいね。

覚えておきたい

エコなわざあり

クエン酸の代わりに酢でもトイレ掃除ができる!

お酢
クエン酸のほかにもおうちには有名な酸性アイテムがあります。それが、料理に使うお酢。

お酢にも「酸性」の性質があるので、クエン酸水と同じように掃除に使えます

ただし、臭いが強いのが欠点で、狭いトイレの空間では空気がこもりやすく、あまりおすすめできません。

クエン酸は100均などでも手に入る意外と身近なアイテムなので、酢では代用せずにクエン酸を用意するといいですよ。

クエン酸でトイレをキレイを保てる

トイレ
掃除のときのポイントは、汚れがどんな性質なのかを把握すること。

トイレの場合、「尿や水垢汚れはアルカリ性」などと覚えておくとクエン酸を使った掃除に取り掛かるのが簡単です。

自然由来のアイテムを活用してガンコ汚れ知らずのトイレを実現してくださいね。

まとめ

  1. クエン酸は「尿」による汚れを落とすのに便利。菌の動きを静める効果もあるので、汚れができるのが遅くなる。
  2. 使い方は、スプレーボトルに入れて洗剤代わりに使うだけ。拭き掃除すれば完了。
  3. タイルの目地のコンクリートなど、一部相性の悪い素材もあるのであらかじめ確認すること。