湯飲みやコップは毎日ちゃんと洗っているつもりでも、茶渋がついてしまうことってありますよね。しかも、一度茶渋がつくと食器用洗剤で洗ってもとれなくなるので厄介。

そこで今回は、茶渋がつく原因や、茶渋の取り方、茶渋がつきにくくなるアイデアなどを紹介します。湯飲みやコップの汚れが気になっている方はぜひ参考にしてくださいね。

茶渋とは?どうしてできるの?

茶渋

茶渋とは、茶葉を煎じると出てくる垢(あか)のようなものです。

茶渋ができる原因は、お茶に含まれるカテキンやコーヒーに含まれるポリフェノールが関係しています。カテキンやポリフェノールが水に含まれる金属イオンと結びつくことで水に溶けにくくなって茶渋となって現れるのです。茶渋は食器用の洗剤でこするだけでは落ちないので、使い続ける間に蓄積され、目に見える汚れへ成長します。

茶渋そのものは有害ではありませんが、見た目がよくないうえ、放置していると雑菌が繁殖する原因にもなるので早めに対処しましょう。

茶渋の取り方はつけおきがラク|重曹・ハイター・オキシクリーンの3通り

茶渋はこびりついていて簡単には落ちないので、茶渋に効果を発揮する洗剤につけおきするのが一番簡単に落とせます。

つけおきは、いくつかの食器をまとめて洗うのに効率的です。ここでは3つの洗剤を紹介するので、お家にあるものを活用してください。

塩素系漂白剤を使った茶渋の取り方

キッチンハイター 塩素系漂白剤

『キッチンハイター』や『キッチン泡ハイター』などの塩素系漂白剤を使います。塩素系漂白剤はつけておくだけで茶渋を漂白して、除菌もしてくれます。

塩素系漂白剤は強力な洗剤ですが、きちんと水で流せば問題ありませんので安心して使用してください。

湯呑やコップ内に水を入れる

茶渋のついたところが隠れるくらいに。

キッチンハイターを規定量入れる

水の量にあわせて適量入れる。

水でよくすすぐ

漂白剤が残らないように流水で流す。

キッチン泡ハイターを使うのであれば茶渋の部分にかけて放置するだけです。

ただ、塩素系漂白剤は陶器やプラスチックには基本的に問題なく使えますが、金属製のタンブラーなどは変色する可能性もあります。使用できるかどうかあらかじめ説明書きを確認しておいてください。

重曹を使った茶渋の取り方

重曹

口につけるものだから、あまり強い洗剤を使いたくないという人は、自然由来の重曹を使ったつけおきがおすすめです。

コップに熱湯を注ぐ

茶渋が隠れるくらい入れる。

重曹小さじ1を混ぜる

重曹が溶けるようにかき混ぜる。

1時間放置してからすすぐ

茶渋がひどいときは放置する時間を調整して。

茶渋が落ちきっていないときは、重曹を粉のままつけてラップなどでこするとキレイに落ちます。

オキシクリーンを使った茶渋の取り方

オキシクリーンでつけおき

『オキシクリーン』などの酸素系漂白剤につけおきしても茶渋をキレイにできます。塩素系漂白剤に比べると色素を漂白することはないので安心して使えます。

大きめの鍋にお湯を沸かす

コップなどが浸る大きさであればOK。

スプーン4分の1ほどのオキシクリーンを溶かす

オキシクリーンをいれてしっかり混ぜる。

茶渋のついた食器を入れる

茶渋の部分がつかるように。

1時間ほど放置してからすすぐ

茶渋がひどいときはつけおき時間を長くする。

酸素系漂白剤は泡の力で茶渋を剥がし落としてくれますよ。少し残ったときはスポンジなどで軽くこすれば落ちます。

茶渋の取り方はこすり洗いでもOK|重曹・塩・歯磨き粉の3通り

サンサンスポンジでコップを洗う

茶渋の取り方として、直接こすり落とす方法もあります。つけおきよりも作業手間はかかりますが、コップひとつだけ落としたいときなどは手軽にできます。

重曹を使った茶渋の取り方

重曹は粒子が硬いので、研磨剤としての効果があります。

コップを軽く濡らしたあと、茶渋部分に重曹をふりかけてスポンジでこすればOKです。スポンジの目が粗いときは、ラップでくるんでこすると研磨効果が高まります。

塩を使った茶渋の取り方

軽い茶渋なら塩を使って落とせます。塩も粒が固いので研磨効果があります。

コップに水とひとつまみの塩を入れて、スポンジでこすってみてくあさい。落ちにくいときは、塩を直接茶渋につけてこすってみてください。

歯磨き粉を使った茶渋の取り方

歯磨き粉を使って茶渋をとる方法もあります。歯磨き粉には歯の着色汚れを落とすための成分が含まれているので、同じ着色汚れの茶渋もきれいに落ちます。

スポンジに歯磨き粉をとり、茶渋につけてこすってみましょう。コップに歯磨き粉を使うのに不安があるかもしれませんが、茶渋を落としたあとにしっかりと水ですすげば問題ありませんよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

茶渋にはクエン酸はあまり効かない

クエン酸

茶渋を落とすのに重曹が使えるなら、「クエン酸」が効くのでは?と考える人もいるかも知れません。

しかし、茶渋とクエン酸は特別相性がいいわけではないので、クエン酸を使って落とすのはかえって手間がかかってしまいます。

茶渋を落とすときは、クエン酸よりも上で紹介した方法を実践するのが簡単で、効果が期待できますよ。

茶渋の取り方で効果を発揮するアイテムは?

洗剤を使わないで茶渋を落とす方法もあります。次のような道具を使えばこすり洗いだけで落ちるので、普段の食器洗いのおともに置いておくと便利ですよ。

メラミンスポンジ

オリジナル メラミンスポンジ

ドラッグストアや100円ショップなどで売られているメラミンスポンジでも茶渋は落とせます。

メラミンスポンジは実はとても硬いメラミン樹脂で作られていて、細かい空洞が無数にあいているので、水で濡らしてこするだけで茶渋をかき出してくれます。

アクリルたわし

アクリル表面

アクリル毛糸で編んだアクリルたわしも茶渋をとるのに有効です。アクリル毛糸の細かい繊維が、茶渋を絡めとって落としてくれます。

茶渋がつくのを予防する方法

湯呑やコップに茶渋がついてしまったときの落とし方について説明してきましたが、できればはじめから茶渋がつかないのが理想ですよね。

最後に茶渋がつかないように普段からできる予防方法を紹介します。

飲み終わったらすぐに洗う

茶渋がつくのを予防するために大切なことは、飲み物を飲み終わったらすぐに洗うことです。

時間が経つほど茶渋が蓄積してしまうので、飲み終わったコップ類はすぐに洗いましょう。

時間がなくてどうしてもすぐに洗えない場合は、水につけておくだけでも効果があります。ちょっとしたひと手間ですが、習慣にすると面倒な茶渋がつきにくくなります。

米のとぎ汁で煮出す

陶器の湯飲みやコップの場合は、鍋に米のとぎ汁を入れて煮沸すると茶渋が付きにくくなります。

陶器が割れにくくなる効果もあるので、ごはんを炊いたときは茶渋がつきやすいコップ類で実践してみてください。

茶渋を落としてキレイなコップでホッと一息

コーヒー&ティーカップ

湯飲みやコップに茶渋ができていると見た目もよくないので、せっかくのティータイムも残念な気持ちになってしまいます。

茶渋を落とす方法はさまざまあるので、すぐに実践できるものから試してみてくださいね。普段から茶渋がつかないようにお手入れできていれば、日々のティータイムも清々しい気持ちで過ごせますね。