力いっぱいこすってもうまく落とせないカルキの汚れに悩まされていませんか?掃除の仕方が間違っているだけで、実はおうちにあるもので簡単に洗い流せるんですよ。

ここでは、そもそもカルキがどんな汚れなのか、スッキリきれいに落とせる掃除方法、注意点などをご紹介します。

そもそもカルキとはどんな汚れ?

キッチンシンクの水垢

カルキとは、水道水に含まれるミネラル分が空気に触れて固まったものです。カルシウムなどが主成分で、別名「水垢」とも呼ばれ、お風呂や洗面所、キッチンなど、水を使う場所ならどこでも発生します

水の中にある成分が残って固まっただけなので、不衛生なものではありません。ただ、こびりついて見た目がよくない上に、放っておくとどんどんガンコな汚れになって落とせなくなるのでやっかいです。

掃除のポイントは「酸性のアイテムを使う」こと。アルカリ性の汚れなので、「酸性」のものを使って中和することで簡単に分解できます。

カルキ汚れを落とすのに使う道具は?

クエン酸

「酸性のアイテム」と言ってもピンとこないかもしれませんね。

家庭で身近な酸性のアイテムといえばレモン食酢が挙げられます。レモンに含まれる「クエン酸」やお酢の「酢酸(さくさん)」がはたらいてカルキを落してくれます。ただ、果肉がでたり臭いがきつかったりと一長一短。

そこでカルキの掃除には、レモンのクエン酸成分だけを抽出した粉末の「クエン酸」がおすすめです。

臭いもなく、水によく溶けるので掃除に使いやすいアイテムで、100均やドラッグストアで簡単に手に入ります。

カルキ汚れの落とし方は?

クエン酸水

カルキ汚れは「クエン酸水」を使って溶かし落とします。

水200mlに小さじ1杯のクエン酸を溶かし、スプレーボトルに詰めておきます。

これをキッチンペーパーに吹きかけて、カルキがひどい場所に貼り付け数分パックし、あとはスポンジなどでこするだけ。

カルキがガンコになればなるほど、つけおきの時間を長くとったり、クエン酸を濃くしたりと工夫してみてくださいね。

化石のようなカルキ汚れも繰り返しつけおきすると、どんどんゆるんで落としやすくなりますよ。

カルキ汚れを落とすときの注意点は?

注意 ポイント 指

カルキ汚れは、大掃除のときなどでまとめてキレイにすることが多いですね。

つけおきするからといって他の場所と同時進行で掃除するときはちょっとした注意が必要です。

それは「塩素系漂白剤」と一緒に使用しないこと。漂白剤と反応して有毒ガスが発生するのでカルキ汚れを掃除するときは絶対に併用しないでくださいね。

また、クエン酸と鉄とは相性が悪くサビの原因になることも。不安な場合は目立たない場所で一度試してから掃除してみましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

カルキで汚れやすい加湿器はどうやってキレイにする?

加湿器 乾燥 湿気 湿度

加湿器は水の蒸発が激しい家電なのでガンコなカルキ汚れができるアイテムです。

電気を扱う家電にクエン酸を使うのは大丈夫なのかな…と不安に思う人も多いのではないでしょうか。

加湿器によって掃除の仕方は代わってくるので確認が必要ですが、問題なくクエン酸は使えます。よくすすいで残らないようにしましょう。

カルキ汚れをスッキリ落とすと見た目が清潔になる

キッチンのシンク

石のように固まったカルキ汚れはこすっても落とせずあきらめていたおうちが多いですよね。汚れには必ず弱点があります。うまく分解できる方法を知っておくと掃除がラクになりますよ。

カルキ汚れには酸性のクエン酸を使うと新品のような輝きを取り戻せます。ピカピカになると掃除の達成感も大きく、気持ちがいいですよ。