キレイに洗ったはずなのに、コップの白い汚れやくすみが落ちなくて困っていませんか?それは水垢が原因なので、いつもの食器用洗剤とスポンジだけではきれいになりませんよ。

コップの水垢を落とすには少し工夫が必要ですが、やり方が分かれば簡単にピカピカの状態を取り戻せますよ。

今回はコップにできた水垢の取り方について詳しく説明します。

コップに水垢ができる原因は?

コップを手に取る

水垢は、水道水に含まれるカルシウムなどのミネラル分が固まってできる汚れです。

水は蒸発すると消えますが、そのなかに含まれているミネラル分は蒸発せずに残ります。そのミネラル分が蓄積していくと白っぽい汚れやくすみになって現れてくるんです。

コップに水滴が残っていると、それが乾いて水垢になります。こまめに洗っていてもミネラル分を落とし切るのは難しいので、どうしてもくすんできてしまいます。

コップの水垢を落とす方法は?くすみを取るには?

泡 洗剤 掃除

水垢は普通の食器用洗剤とスポンジでこすり洗いしても落とせません。

水垢は石のように固くなるので、酸で溶かしてやわらかくするか、物理的に削り落とすかのどちらかの方法が必要になります。

酸で溶かす

水垢は「アルカリ性」と呼ばれる性質をもつ汚れです。そこで、反対の性質をもつ「酸性」の洗剤を使えば互いの性質を打ち消し合ってやわらかくすることができます。酸性の性質を持つ洗剤にクエン酸があります。ほかにも家にあるお酢やレモン汁なども効果があります。

物理的に削り落とす

水垢は固い汚れですが、研磨効果のある洗剤を使えば削り落とすことができます。クレンザーや重曹は研磨効果があるのでコップの水垢掃除に使えますよ。

次からは具体的な水垢の取り方を説明します。実践できそうなものから取り組んでみてください。

コップの水垢の取り方①|クエン酸を使う

クエン酸スプレーに使う道具

コップの水垢をさっぱり落とすなら、クエン酸を溶かした水にコップを浸すのが効果的です。

水200mlに対してクエン酸小さじ1杯の割合で溶かしたクエン酸水を洗い桶につくります。コップが浸るくらいの量にしてください。

そこにコップを浸して1時間くらい放置しましょう。取り上げたあと、いつも通りに食器用洗剤とスポンジで擦り洗いすれば水垢が落ちていますよ。仕上げにマイクロファイバークロスなどやわらかい布で磨くとより輝きが増します。

クエン酸の代わりに、お酢やレモン汁を水に溶かしたものにコップを浸しても効果があります。クエン酸が手元にないときは試してみてください。

コップの水垢の取り方②|重曹を使う

重曹

重曹は水に溶けにくい性質をもつので、固い粒が水垢を削り落としてくれます。

サッと水で濡らしたコップに重曹をふりかけて、クシャクシャに丸めたラップでこすりましょう。ラップを使うと重曹の粒が水垢に密着しやすくなるので研磨効果が高まります。

水垢ができたところを念入りにこすったら水ですすぎ、いつも通り洗えば完了です。

コップの水垢の取り方③|クリームクレンザーを使う

クレンザー

『ジフ』などのクレンザーで磨く方法もあります。重曹よりも研磨効果が高いので、頑固な水垢も落とせます。

スポンジにクレンザーをとり、クルクルと円を描くようにこすってください。クレンザーの粒が水垢に作用してキレイに磨き上げられます。全体を磨いたら水ですすぎ、いつもの通りに洗えば完了です。

クレンザーは研磨効果が高いので力を入れすぎるとコップを傷つける恐れがあるので注意してください。

コップの水垢を予防する方法は?

お皿洗い コップ キッチン

水垢を落としてピカピカになったコップは、その後はキレイな状態をキープしたいですよね。そこでコップを使ったあとに次のポイントを意識しておくと水垢ができにくくなりますよ。

洗ったあとお湯で流す

お湯ですすぐと、コップが温まり、水滴が蒸発しやすくなります。水滴が流れていくので、水垢がつきにくくなりますよ。

水分を拭き取る

コップに水滴を残さないようにしましょう。洗い終わったら自然乾燥させるよりもキレイな布で拭き上げるのがおすすめです。少し力を入れて磨くと蓄積する前の水垢を落とせます。

水垢を落としてピカピカのコップを取り戻そう

コップが水垢で汚れてくすんだまま使い続けるのは気分もよくありませんよね。

コップの水垢をとるためにクエン酸や重曹、クレンザーなどを常備しておくのがおすすめです。これらは他の掃除でも使えるので、コップだけじゃなく家中をピカピカにできますよ。

ピカピカになったコップを使うのはとても気持ちいいので、今回紹介した方法をぜひ試してみてください。