『ダイヤモンドパッド』というお掃除道具をご存知でしょうか?鏡や窓についた水垢汚れに困っている方には、救世主になるかもしれない便利なお掃除道具です。

今回はダイヤモンドパッドとはどういうものか、どんな汚れを落とせるのか、上手な使い方や注意点についてご説明します。

『ダイヤモンドパッド』ってどんな商品?

『ダイヤモンドパッド』とは、スポンジの表面に人工ダイヤモンドの研磨材をくっつけたお掃除道具のこと。株式会社ヒューマンシステムが開発した商品です。最近では同じように人工ダイヤモンドを使ったものが100均などでも扱われるようになり、人気が高まっています。

硬い人工ダイヤモンドが埋め込まれているため、粒子の力を使ったクレンザーよりも、汚れを削り落とす能力が高いのが特徴です。

また、ダイヤモンドパッドはそれ自体で汚れを落とす力が十分あるため、他に洗剤なども必要ありません。汚れをこすり落とした後は軽くすすぐだけでツルツルに戻せるというわけなんです。

口コミ
・磨き始めにジョリジョリしていた感触が、何度か往復するにつれてスルスルへと変化していく感覚は感動ものです。
・かなり頑固な鏡の水垢が簡単に取れたので大変満足です。
Amazon総合評価
★★★★☆
内容量
1個
税込価格
961円

ダイヤモンドパッドはどんな汚れに効く?

鏡についた水垢

お風呂や洗面所といった水回りの鏡や蛇口などにできた白いうろこ状の水垢汚れに手を焼いている人は多いのではないでしょうか?

水垢はいったんできてしまうとスポンジなどでこすってもなかなか落とせません。洗剤を使って落とすにも、一般的な洗剤では効果がなくて苦労している人も多いですよね。

ダイヤモンドパッドはこうした頑固な汚れを落とすことを目的に作られていて、具体的には次のような汚れを落とすのに便利です。

● ダイヤモンドパッドが使える場所
・洗面所やお風呂の鏡の水垢
・お風呂の浴槽の水垢
・キッチンシンクの水道の水垢
・水切りカゴについた水垢 など

洗剤を使わないため、汚れを溶かす時間もかからずにキレイにできるすぐれものなんです。

ダイヤモンドパッドの使い方は?

水垢をクエン酸で浸してスポンジでこすり落とす

ダイヤモンドパッドの使い方は簡単です。以下の手順で水垢を一掃しましょう。

水洗いして鏡表面の汚れを落とす

鏡や窓の表面についた汚れを水でサッと流す。濡らしたスポンジなどでこすってもOK。

濡らしながらダイヤモンドパッドでこする

水をかけながら水垢部分をダイヤモンドパッドでくるくると円を描くようにこする。細かく動かすのがポイント。

水で流して乾拭きする

こすり終わったら再度水で洗い流します。水垢がつかないように乾拭きかスクイージーなどで水気を取れば完了です。

鏡や窓を水で濡らさずにダイヤモンドパッドでこすると、表面を傷つけてしまう可能性があります。必ず水をかけながらこすってくださいね。

ダイヤモンドパッドは種類も豊富!

こびりつき汚れを落とすために開発されたダイヤモンドパッドは、水垢以外の汚れを落とす別モデルも販売されています。

『ダイヤモンドパッドH 陶器・ガンコ汚れ用』(ヒューマンシステム)

トイレなどの水廻りの陶器の黄ばみをを落とすのに特化したダイヤモンドパッド。やわらかな陶器にも対応するため、鏡用のものよりも目が粗くつくられているのが特徴です。

口コミ
・トイレ手洗い部分の錆び染みが綺麗に取れました!
・お風呂の床の石鹸跡が洗剤では落ちなかったのに、軽く擦るだけで綺麗に取る事ができました。
Amazon総合評価
★★★★☆
内容量
1個
税込価格
982円

『ダイヤモンドパッドM ステンレス・こげ・焼け用』(ヒューマンシステム)

ダイヤモンドパッドは鏡や陶器などのほかにも鍋やフライパンの焦げなどのガンコ汚れもこすり落とす力も。焦げ付いた汚れを落とすためのダイヤモンドパッドも発売されています。くもりのようにこびりついてなかなか取れない鍋の汚れも、ダイヤモンドパッドでこすれば新品のようにピカピカの輝きを取り戻しますよ。

口コミ
・毎日使う鍋を洗うのに使います。ぬめりが取れるので喜んでいます。
・物凄く磨けばシンクが鏡のようになるのかもと思うほど研磨してくれます
Amazon総合評価
★★★☆☆
内容量
1個
税込価格
961円

エコなワザあり!

エコなわざあり

「クエン酸」でダイヤモンドパッドの洗浄力がアップする!

クエン酸

ずっと放置してきた水垢だと、ダイヤモンドパッドを使っても落とせないことがあります。そんなときには、自然由来のお掃除アイテム「クエン酸」を使いましょう。

クエン酸は酸性の性質をもつ素材で、アルカリ性の性質をもつ水垢を中和してやわらかくしてくれます。クエン酸で水垢をやわらかくしてからダイヤモンドパッドでこすると、今まであきらめていた水垢汚れも落とせるかもしれません。

お風呂の鏡にキッチンペーパーを貼る

コップ1杯(200ml)の水に、クエン酸小さじ1杯をとかしてクエン酸水をつくります。これをキッチンペーパーに染み込ませて、水垢部分に貼りつけて30分以上放置します。ひどい水垢は置いておく時間を長くするといいですよ。

あとは、キッチンペーパーをはがしたあとにダイヤモンドパッドでこするだけ。落ちにくい水垢にはぜひ試してみてください。

ダイヤモンドパッドを使うときの注意点は?使えない鏡もある?

注意 ポイント コツ

頑固な水垢をこすり落とせるダイヤモンドパッドですが、すべての窓や鏡に使えるわけではありません

くもりどめのコーティングやフィルム加工のされた鏡や窓は、表面の膜まで削り落としてしまう可能性があります。ダイヤモンドパッドを使うときは、鏡や窓に加工がされていないかを事前に確認しましょう。

また、普通の鏡や窓でも力を入れてこすりすぎると表面に傷ができてしまうことも。ダイヤモンドパッドで削るときには力加減に注意しましょう

ダイヤモンドパッドで水垢を落として気分スッキリ!

お風呂 浴室

水垢がたまっていても体に害があるわけではありませんが、見た目によくありませんね。できるだけ手間をかけずに、簡単に落としたいものですね。

そんな人にとっては、ダイヤモンドパッドは大活躍してくれるはずです。『ダイヤモンドパッド』と同じような商品はスーパーやドラッグストア、100均などどこでも手に入るので、まずはすぐに用意できるものでその効果を体験してみてください。

水垢が落ちてくすみがなくなると、鏡や窓が新品のようにピカピカになって気持ちのいいものですよ。