お風呂の鏡は汚したつもりはなくても、いつの間にか白いうろこのような汚れがつき、こすっても落ちなくて困ってしまいますね。

今回は、そんなお風呂の鏡をキレイにする掃除法についてご紹介します。おうちにあるものですぐできるので、さっそく実践してみてくださいね。

お風呂の鏡がくもる原因は水垢!掃除で落とせるの?

鏡につく水垢

お風呂の鏡にできる白くもやがかった汚れは「水垢」と呼ばれる汚れです。

お風呂上がりに鏡に残った水滴が蒸発すると、そこに含まれている「カルシウム」や「マグネシウム」といった水分以外の成分だけが残ります。これらが積もり積もって、白いうろこのような水垢ができます。

『バスマジックリン』などのお風呂用中性洗剤を使った普段のお掃除では落とせないので、次のどちらかの方法でキレイにしましょう。

① 酸で溶かす
② 物理的にこすり落とす

それぞれどんな方法なのか次から具体的に見てみましょう。

① お風呂の鏡を「酸の力」で掃除する!

お風呂の鏡の掃除(前)

水垢のもとになるカルシウムやマグネシウムにはアルカリ性の性質があり、酸性の性質と反応してやわらかくなる特徴があります。

おうちにある酸性のアイテムでメジャーなのはレモン汁。そのほか、クエン酸やお酢を使ってもかまいません。

用意するもの
必須
『ポッカレモン』などのレモン汁(「クエン酸」や「お酢」でも可)
洗面器
キッチンペーパー
ラップ
スポンジ

掃除道具の準備ができたら、次の手順で取り掛かりましょう。

① キッチンペーパーをレモン汁で浸す

レモン汁でキッチンペーパーを浸す

キッチンペーパーがひたひたになるまでレモン汁をかける(約100mlほど)。お酢を使う場合も同じ。クエン酸を使う場合は、水200mlに小さじ1杯ほどを混ぜ、その液にキッチンペーパーを浸す。

② キッチンペーパーを鏡に貼り付ける

お風呂の鏡にキッチンペーパーを貼る

レモン汁で湿ったキッチンペーパーを鏡全面にまんべんなく貼り付ける。しっかり密着するよう、上から手のひらでおさえてあげるとよい。

③ ラップをしてしばらく放置

お風呂の鏡にラップをかぶせる

水垢に浸透しやすくするため、さらにラップでパックすると効果的。水分が飛ばないので、しっかり水垢に効いてくれる。そのまま30分〜2時間ほど放置。

④ スポンジでこする

お風呂の鏡をスポンジでこする

時間が経ったらお風呂用スポンジで水垢部分をこする。力の入れすぎに注意すること。

⑤ シャワーですすいで確認

お風呂の鏡の掃除(後)

仕上げにシャワーですすいで汚れが落ちたか確認すれば完了。水垢はすっかりキレイに。

ワンポイント!
全体を水で流したあとはカラ拭きするのがおすすめです。そうしないと、せっかく水垢を落としたのに、再び水滴が水垢の原因になってしまいますよ。

② お風呂の鏡をこすり洗いでキレイにする方法は?

石のように固くなった水垢は、研磨効果のあるアイテムで削り落とすのも有効です。力任せにこするのではなく、研磨効果の高いアイテムを使いましょう。

歯磨き粉+メラミンスポンジ

メラミンスポンジに歯磨き粉

『激落ちくん』などでおなじみのメラミンスポンジと歯磨き粉を一緒に使う方法は、両方の研磨作用で効率的に汚れを落とせます。

ただし、歯磨き粉は粒入りのものだと鏡の表面を傷つける恐れがあるので、必ず粒が入っていないタイプのものを選んでくださいね。

ダイヤモンドパッド

ダイヤモンドパッド

100均でも手に入る人工のダイヤモンドをスポンジの片面に貼り付けたアイテム。水垢を削り落とすことができます。円を描くようにクルクル動かすと、少しずつ水垢が削れてきますよ。

どうしても落ちないお風呂の鏡の水垢はあわせ技で退治!

お風呂の鏡をメラミンスポンジでこする

長年放置したガンコな水垢によるくもりは、「酸で溶かす」方法と「物理的にこすり落とす」のあわせ技を試してみてください。

最初にレモン汁などでパックし数時間放置したあとに、メラミンスポンジなどで削ります。

これを根気強く繰り返すことで、積もりに積もった水垢汚れも少しずつ落とせますよ。

お風呂の鏡掃除におすすめの便利アイテムはないの?

おうちにあるものでできるお掃除方法をご紹介しましたが、できるだけ労力をかけずにお風呂の鏡をピカピカにしたい!という忙しいママも多いと思います。

そんなときは、水垢に効果を発揮する専用のアイテムを購入するのがおすすめ。一度購入しておけば、今後のお風呂の鏡掃除も手軽にできますね。

『茂木和哉』(きれい研究所)

『茂木和哉』は、鏡の水垢専用の研磨剤です。酸性の性質をもつ成分と研磨作用をあわせもった洗剤なので、これひとつで水垢を削り落とすことができます。

洗剤の効果を最大限活かすためサランラップを丸めたものに少量とって使うと便利です。

『鏡のダイヤモンドウロコ取り』(レック)

ガンコな水垢には、専用のダイヤモンドパッドを使うこともおすすめします。100均のものに比べて強度があるので、力を込めればよりピカピカに仕上がりますよ。

お風呂の鏡の水気を切れば掃除の手間が省ける!

お風呂の鏡をタオルで拭く

せっかくキレイに掃除できた鏡は、ピカピカのままにしておきたいですよね。ピカピカな状態を保つのに大事なのはひとつだけ。

お風呂上がりに、鏡に水分を残さないことです。次のような方法で鏡に水垢を残さないように気をつけましょう。

鏡を拭く

お風呂上がりに使ったタオルなどで、鏡だけを拭き上げます。バスタオルやボディタオルは1回ごとに洗濯しているのであれば、体を拭き終えたものをそのまま鏡まで拭くと一石二鳥ですよ。

鏡をコーティングする

くもり止めや撥水加工をする市販のアイテムでコーティングしておけば、水滴を弾いて水垢を防いでくれますよ。お風呂上がりに拭き取る手間も少なくすみます。

お風呂の鏡は日々の掃除でキレイに保つ

メラミンスポンジでお風呂の鏡掃除

お風呂の鏡は汚れがひどくなってからだと大変なので、「ちょっと目立ってきたかな?」と感じたタイミングで掃除するのが一番です。

最後に入浴した人が水滴を拭き取るルールにしておくだけで、掃除の手間が省けますよ。家族みんなで協力しあってお風呂の鏡をキレイに保ちましょう。