セーターの洗濯表示で「ドライクリーニングが必要」とわかり、おうちの洗濯じゃダメなの…?、本当にクリーニングに出さないとダメ?と気になっている人は多いのではないでしょうか。

クリーニングに出した方がいいのか、出すなら料金はいくらかなど、気になることはたくさんあると思います。

そこで今回は、セーターのクリーニングまつわる情報をくわしく紹介します。

セーターはクリーニングに出すべき?

ニット・セーター

セーターはおうちで洗濯するのがむずかしいアイテムの代表です。

とくにウールやカシミヤなどの天然繊維100%でつくられたセーターは、水に弱いので洗濯に向いていません。繊維同士が絡まって縮みやすくなる上、乾かす際に型崩れが起きるなどトラブルがつきものです。

そのため、デリケートな素材が使われたセーターはおうちで洗わずに、クリーニングに出した方が長持ちします

ドライクリーニングでは、ウールなどの弱点である「水」をまったく使わずに、溶剤(油)を使って汚れを落とすので、ダメージが少なくキレイにできるんですよ。

どのセーターをクリーニングに出す?

何枚もセーターやニットを持っていると、全部クリーニングに出すのは大変ですね。

たしかにクリーニングに出したほうが安心ですが、必ずクリーニングに出さなければならないセーターは、それほど多くありません。セーターのなかでも「とくにデリケートなもの」と「お気に入りのもの」だけです。

次の基準でクリーニングに出すか出さないかを把握しておけば、余分なお金をかけずにすみますよ。

洗濯表示が「水洗い不可」か

洗濯表示 水洗い不可

先ほど紹介した、ウールやカシミヤなどのデリケートな素材が使われていると、洗濯表示に水洗い不可のマークがついている場合がほとんどです。迷わずクリーニングに出しましょう

それ以外のマークならおうちでもお手入れできますよ。のちほど紹介する洗濯の方法で洗ってみてください。

風合いを保ちたいものか

アンゴラのニット

水洗い不可以外のマークがついていても、繊細な風合いをそのままに保ちたいお気に入りのセーターはクリーニングに出しましょう。

たとえば「今年買ったものはクリーニング」「高価なものはクリーニング」といくつかルールを決めておくと、クリーニングに出すかどうかの判断がしやすくなります。

セーターのクリーニング料金はいくら?

お金 金額 予算

セーターのクリーニングを依頼するときの料金は、「1枚400〜500円」ほど。お店によってもことなりますが、ほとんどはこの範囲内です。

春の衣替えシーズンはしばらくしまっておくセーターも増えるので、クリーニング店にとってはかきいれ時。セールをしていることもあります。時期を狙って出すと1回あたりの料金を抑えられますよ。

まずは近くのお店がどれくらいの料金になりそうかチェックしてみるといいですね。

セーターのクリーニングはどう洗われる?

クリーニング

クリーニングに出したセーターは、次のような工程を経て2〜7日ほどで手元に返ってきます。

状態の確認

素材や汚れの状態を見て、どう洗うかを決める。

ドライクリーニング

専用の溶剤で洗濯し、汚れを洗い流す。シミがあれば染み抜きも。

仕上げ

スチームや専用のアイロンを使って形をなおす。縮みがあれば戻す。

チェック

最終チェックをして問題がないかを確認したら完了。

これで伸びや縮み、表面の毛羽立ちもなく汚れだけがキレイに落ちて返ってきます。

セーターをクリーニングに出す頻度は?

カレンダー 日付 頻度

セーターのクリーニングは、ふだんの着る頻度にもよりますが、「シーズンで1〜2回」が目安です。

頻繁に着るセーターはシーズン中に1回、シーズンが終わって長期収納する前に1回の計2回、クリーニングに出しておくとキレイな状態を保てます。それほど着ないものなら長期収納の前の1回だけでOK。

収納時はクリーニングのビニール袋から取り出してクローゼットやタンスの引き出しへ。防虫剤を一緒にいれておくと来シーズンもまた楽しめますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

セーターのクリーニングを自宅でするには?

セーター ウール 洗濯機

ドライクリーニング自体はおうちでは再現できませんが、洗濯表示で「手洗い可」「洗濯機洗い可」のセーターなら洗濯機で洗っても大丈夫。次の簡単なやり方があるのでこの機会に覚えておきましょう。

たたんでネットへ

軽くたたんで洗濯ネットに入れる。汚れている部分が外側にくるようにたたむこと。

洗濯機のコースを選ぶ

「ドライコース」「おうちクリーニング」などのやさしく洗うモードを選ぶ。

洗剤を入れる

『エマール』などの中性洗剤を表示された分量だけいれる。柔軟剤も加えてOK。

干す

ハンガーにはかけず、平干しで乾燥させて完了。

濡れたセーターは重さで伸びやすいので、平干しネットなどを使って干せば完璧。傷ませずに汚れを洗い流せますよ。

お気に入りのセーターはクリーニングへ

洗濯 たたむ セーター

セーターは伸び縮みしやすいので、どう洗うかは気になるもの。お気に入りのセーターやデリケートな素材のものは、クリーニングに任せるのが安心ですよ。

プロの作業なら毛玉までしっかり落ちて見た目も着心地もよくなって戻ってきます。来年もまたオシャレを楽しめますよ。