寒い季節にかかせない、ウール素材のニットやセーター。ウール100%のものは特に暖かくて、冷え込んだ日でも心地よく過ごせます。

ただ、ヘビーに使っていると裾や襟の汚れが気になることも。「ウール100%ってデリケートそうだけど、洗濯できるの…?」と洗濯方法が知りたいですよね。

そこで今回は、ウール100%の服でもキレイに洗濯する方法をご紹介します。

「ウール100%」は普通に洗濯できない?

洗濯表示

ウール100%の服は、刺繍や繊細な加工などがない限り、おうちで洗濯ができます

ただ、ウールは羊の毛からつくられた繊維で空気をふくんで温かく保湿性にもすぐれていますが、少しデリケートなので、「手洗い」でやさしく洗ってあげる必要があります

洗濯機で洗うと空気が追い出され、縮んだり固くなったりとトラブルを引き起こすので注意しましょう。ニットのやわらかい雰囲気を保つためには「手洗い」することを心がけてください。

「ウール100%」の洗濯に必要なものは?

エマール おしゃれ着 中性洗剤

用意するもの
必須
『エマール』などの中性洗剤
『レノア』などの洗濯用柔軟剤
洗濯ネット
あると便利
洗面器

ウール100%の服は、『エマール』などのおしゃれ着用の中性洗剤を使って手洗いするのが基本です。中性洗剤を使うことで生地への刺激が少なくなり、縮みなどのトラブルが起きにくくなります。

ほかに必要なのは「柔軟剤」「洗濯ネット」の2つ。特別なものを用意しなくてもキレイにできますよ。

「ウール100%」を手洗いで洗濯するには?

手洗い

「手洗い」と聞くとむずかしそうに思えますが、実はとっても簡単。

手のひらで押し込み、汚れを水に溶かし出すイメージで「手早く押し洗い」すれば、ウール100%の洋服はキレイに洗えます。どんな順番で進めるのか具体的に見てみましょう。

素材チェック

洗濯表示を見て、水洗い不可でないことを念のため確認する。

洗浄液をつくる

シンクか洗面器に水を張り、水量にあわせて洗剤を溶かす。

押し洗いする

洗浄液に洋服を入れ、手のひらで5分ほど押しながらなじませる。

すすぐ

2〜3回水を入れ替えながら、泡が出なくなるまですすぐ。

水を切る

たたんで洗濯ネットに入れ、10秒ほど洗濯機で脱水する。

柔軟剤を含ませる

シンクに新たに水を張り、柔軟剤を少量溶かす。洋服を浸して柔軟剤をふくませる。

脱水

再度洗濯機に移し、そのまま1分ほど脱水にかける。

干す

ニットが伸びないように水平に干して乾かしたら完了。

傷みを防ぐコツは、洗濯にかける時間を短くすること。時間がかかるほど生地が傷むので、事前に洗い方を頭に入れてテキパキ進めましょう。

皮脂などの汚れは、すぐに溶け出すので短時間でも十分キレイに洗えるので心配しないでください。

「ウール100%」の服を洗濯機で洗うには

セーター ウール 洗濯機

デリケートな「ウール100%」とはいえ、手をかけて洗うのは大変…という場合もありますね。そんなときは洗濯機洗いでキレイにする方法もあります。

実は洗濯機の「ドライコース」や「ソフトコース」などのメニューは、ウールなどデリケートな衣類を洗うためのもの。このコースを選ぶことで、ある程度ダメージの心配なく丸洗いができるというわけなんです。

やり方は「軽くたたんでネットに入れ、コースを選んで中性洗剤で洗う」だけ。弱水流のコースならデリケートなウール素材にも無理な負担をかけることなくキレイにしてくれますよ。

手洗いで洗うよりも少し負担は大きいですが、洗濯機任せにできる分手軽に洗えます。2シーズン目の服などを選んで洗濯機洗いにすれば、気楽に洗濯できるようになりますね。

「ウール100%」の洗濯の手間を減らすコツ

アイロンのスチーム

手洗いで汚れを流せるとはいえ、こまめに洗濯するのはちょっと大変。次の方法でふだんから汚れをためないようにケアできると、洗濯の頻度が少なくてもキレイなまま保てますよ。

着用したあとは必ず干す

ウールは保湿性の高い素材なので、一日着たあとは汗や外の湿気をたっぷり吸い込んでいます。

湿ったままだと臭いや傷みの原因になるため、脱いだらひと晩ほど干すようにしましょう。椅子などにかけておいて、翌朝収納するといいですよ。

臭いや型崩れにはスチーム

着ているうちにだんだん臭いや型崩れが気になってきたら、アイロンのスチームをたっぷり含ませるのがおすすめ。熱い水蒸気は汗などの臭いを分解する効果があります。

さらに、ウールは蒸気をあてるとふんわりとふくらむ働きがあるので、型崩れも直せて一石二鳥でキレイにできるんですよ。

洗濯できない「ウール100%」はどうする?

クリーニング シャツ

ウール100%の洋服でも手洗いなら洗濯できますが、コートなどの上着や繊細な刺繍のついたものなどは、洗濯表示に「水洗い不可」のマークが付いていることもあります。

水洗い不可マークがついていると、手洗いでも生地が傷んでしまうほどなので、無理に洗わないでください。デリケートなものはおうちで洗わず、クリーニングに出しましょう。

プロの手にかかればデリケートな素材でも、風合いを損ねることなく汚れだけをしっかり落としてくれますよ。

「ウール100%」はシーズン中に1回は洗濯を

セーター 服 洗濯 たたむ

ウール100%の洗濯は思ったよりもずっと簡単。汗や皮脂汚れが中心なのでやさしく手早く洗うだけでも十分キレイにできますよ。

ウール100%の服は、シーズン中に1回は洗濯してあげるだけでもキレイになります。おうちで洗濯できないものもシーズンの終わりにはクリーニングに出してキレイにしてあげてくださいね。