寒い冬、特に重宝するニットやセーター。1枚でかわいらしい印象になるので、毎日のように着ている人も多いのではないでしょうか。

ただ、汚れてくると洗濯しようにも「洗濯機で洗っていいの?」と気になる人は多いと思います。

そこで今回は、傷みやすいセーターやニットを洗濯機で洗うときのポイントをいくつかご紹介します。条件をそろえればキレイに洗うのはむずかしくありませんよ。

ニットやセーターは洗濯機で洗えるの?

ニット・セーター

ほとんどのニットやセーターは、洗濯機で洗えます

最近の洗濯機は性能がよくなってきていますし、ニットやセーター自体も傷みにくく編まれているので、洗濯機で洗ってもトラブルになることは少なくなっています。

ただ、ほかの洋服に比べるとデリケートなことに変わりありません。まずは洗濯機で洗うための条件が整っているのかどうかを事前にチェックする必要があります

ニットやセーターを洗濯機で洗える条件は?

ニットなどを洗うときは、「洗濯機側」と「洋服側」のそれぞれで確認する条件があります。どちらの条件もクリアしていれば安心して洗濯機で洗えますよ。

【洗濯機】やさしく洗えるコースがあるか?

洗濯機のボタン 槽洗浄コース

洗濯機にはいろいろなコースがあります。ニットやセーターのようなデリケートな洋服をやさしく洗えるコースがあるかどうかをチェックしてください。

メーカーによって名称は違いますが、「ドライコース」や「手洗いコース」「おうちクリーニング」などがあればOK。少ない水量で揺らすように洗うことで、デリケートな衣類も傷めず汚れを落とせます。

弱水流モードはほとんどの洗濯機についているので、操作の仕方さえわかれば問題なく洗えますよ。

【洋服側】水洗いできるか?

洗濯表示 水洗いの可否

おうちで洗濯できるニットかどうかは「洗濯表示」で確認します。脇の下か襟の裏についているのでチェックしましょう。

判断の仕方は「水洗いができるか」どうか。上の2つのどちらかのマークがついていれば家庭で洗濯できると考えて大丈夫。

もし水の入ったおけにバツ印がついた「水洗い不可」のマークがあったら、家庭での洗濯はむずかしいのでクリーニングに出しましょう。

ニットやセーターを洗濯機で洗うときに必要なもの

エマール 中性洗剤 おしゃれ着洗剤

用意するもの
必須
『エマール』などの中性洗剤
洗濯ネット
あると便利
『レノア』などの柔軟剤

用意するのは、おしゃれ着用の洗剤と洗濯ネット。ふつうの洗濯洗剤は、ニットの繊維には強すぎて縮んだりごわごわになったりといったトラブルのもとになるので避けましょう。

おしゃれ着用の洗剤があれば、お気に入りの色柄物やデリケートな生地のものの洗濯がおうちで手軽にできるようになります。1本用意しておくと何かと重宝しますよ。

また、ニットに強い力がかからないよう、洗濯ネットが必須。ニットが入るサイズであれば何でもかまわないので、必ず用意しておいてくださいね。

ニットやセーターを洗濯機で洗う方法!

セーター ウール 洗濯機

デリケートなニットを洗濯機で洗うときでも、基本的には洗濯機任せで大丈夫

コース選びや準備さえしっかり整えておけば、失敗なくキレイに仕上がりますよ。

下洗い

目立つ汚れがあれば洗濯用の中性洗剤を直接塗りこむ。特に気になる部分がなければスキップして大丈夫。

ネットに入れる

ニットやセーターを裏返してたたみ、ネットに入れる。汚れた部分が外側にくるようにたたむとより汚れ落ちがよくなる。

やさしく洗えるコースを選ぶ

ドライコースなどを選択し、洗濯機が指定した量の洗剤を入れて起動。柔軟剤を加えておくと仕上がりがやわらかになる。

洗濯から脱水まですめば完了

起動したあとは待つだけ。脱水のときはかなり力がかかるので、1分ほどで引き上げるのがおすすめ。

下洗いして汚れを浮きやすくしておくと、よりキレイに仕上がります。裏返してネットに入れておけば傷みも少なくすむので、おうちで簡単にキレイにできますよ。

とくにウールなど天然繊維のニットを洗うときは柔軟剤を使うのがおすすめ。トリートメント効果があるので、やわらかくふんわりとした肌ざわりに仕上がりますよ。

ニットやセーターを洗濯機で洗ったあとは…

ハンガーでニットを平干し

ニットやセーターを大切に扱うなら、洗濯機で洗ったあとの「干す」ステップもとても重要

ニット類は水を含むとかなり重くなり、伸びやすくなります。「できるだけ平らにする」ことを意識して干しましょう。

平干し用の台などがなければ、ハンガーを2個用意して三角穴にニットを通し、水平になるように干しましょう。ダランとたれた袖は物干し竿などにかけておけばバッチリです。

ニットやセーターを洗濯機で傷めずに洗うコツは?

ニット・セーター

はじめに条件さえ確認しておけば問題なく洗濯機で洗えます。ただ、さらに次のポイントを押さえておくと思わぬトラブルを防げますよ。

普通の洗剤を使わない

おしゃれ着洗い用の中性洗剤ではなく、普段使っている洗剤を使うとごわごわになって縮む可能性があります。型くずれする上に着心地も悪くなってしまうので、いつもの洗剤は使わないようにしましょう。

ネットに入れる

裏返したらそのまま洗濯機に入れてしまいたくなるかもしれませんが、ネットに入れるのは忘れずに。洗濯機にぶつかったり絡まって強い力がかかるのを防いでくれます。

冷たい水で洗う

デリケートな衣類はお湯を使うと繊維が傷んでしまうことがあります。ニットやセーターを洗うときはお風呂の残り湯などは使わず、水道水で洗いましょう。

単独で洗う

ほかの衣類と一緒に洗濯したくなると思いますが、買って初めての洗濯のときは要注意。色移りすることもあるので、できるだけほかの洋服を混ぜないで洗濯しましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

洗濯機NGのニットやセーターはどうする?

セーター 

水洗いできないニットだったり、洗濯機にドライコースがない場合は洗濯機では洗えないと考えましょう。

無理して洗ってもお気に入りの服が着られなくなってしまうので、クリーニング店でプロに任せるのがおすすめ

ドライクリーニングなら大切なニットも傷めることなく、おうちの洗濯では落とせない汚れまでスッキリきれいにしてくれますよ。

ニットやセーターを洗濯機で手軽に洗う!

洗濯 たたむ セーター

寒い季節には欠かせないニットやセーター。おうちにたくさんあると、手洗いするのが大変だなぁと困ってしまいますね。

でも条件さえそろえば、ニットやセーターは洗濯機で洗うことができます。クリーニングに出すより手間も負担も少なくすむので、ぜひ洗濯表記を確認してチャレンジしてみてください。