お気に入りの帽子が汚れてきて、そろそろクリーニングに出したほうがいいかな…?と考えている人もいるのではないでしょうか。

ここでは帽子のクリーニングにまつわる情報をまとめてご紹介します。汗によるシミや気になる臭いを落とすためにも、しっかりチェックしましょう。

帽子はクリーニングに出した方がいい?

帽子

帽子は頭の形にあわせて立体的につくられているので、型くずれしやすくおうちでの洗濯がむずかしいアイテム。洗濯のことまで考えて作られた帽子は少なく、洗濯表示には「水洗い不可」をあらわすバツ印が付いているものが多いんです。

おうちでムリに洗うと縮みやヨレなどのトラブルにつながるので、キレイに仕上げたい人はクリーニングに出すのがおすすめですよ。

帽子のクリーニングはあまりなじみがないかもしれませんが、「白洋舎」などの多くのクリーニング店で取り扱っています

汗や化粧品の汚れ、気になる臭いなどがしみ込んだ帽子も、新品のような仕上がりで戻ってきますよ。

クリーニングに出すべき帽子って?

壁面収納 フック 帽子

帽子はクリーニングで洗ってもらえますが、全部の帽子を出す必要はありません。どんな帽子がクリーニングに向いているか確認しましょう。

水洗い不可のもの

帽子の裏側についている洗濯表示が「水洗い不可」となっていたら、その帽子はクリーニングに出すしかありません。デリケートな素材が使われていたり、型崩れしやすかったりするので、おうちで洗うのはトラブルの元です。

長く使いたいもの

長く使いたいお気に入りの帽子や、高価で雰囲気をできるだけ損ねたくない場合はクリーニングがおすすめ。プロの手に任せれば、おうちで洗うよりもキレイな状態に洗えて、生地への負担も少なくすみますよ。

帽子クリーニングの料金は?どんな場合に高くなる?

お金

帽子のクリーニングにかかる料金は「500〜1000円」が目安です。ただ、素材や状態によってそれ以上に高くなる場合があるので、依頼するときは事前によく確認しておきましょう。

デリケートな素材が使われている場合

革やスエードなどデリケートな素材が使われた帽子は、基本料金に追加でお金がかかることも。革製品の扱いになると2000〜3000円ほどかかる場合があります。

「撥水加工」などのオプションをつけた場合

「上質仕上げ」「撥水加工」などのオプションをつけると、仕上がりがさらにキレイになりますが、その分追加料金がかかります。さらに集荷をお願いすると割高な料金設定になる場合も。

汚れや傷みがひどい場合

保管状態が悪く、ひどい汚れがついていると染み抜き作業が必要です。たとえば、カビなどは「特殊染み抜き」としているお店が多く、別料金がかかります。そもそも落とせるかどうかなども含めて、まずは相談してみるといいですよ。

帽子のクリーニングではどう洗っている?

洗濯 水洗い

おうちで洗えない帽子でもクリーニングなら洗える理由は、「型」と「洗剤選び」にあります。

クリーニングに出すと帽子にあわせた専用の型を使ってプロがひとつひとつ手洗いしています。使う洗剤も素材にあわせたもの。

家庭の洗濯ではここまでていねいに仕上げるのはむずかしいので、デリケートな帽子はクリーニングが正解なんです。

帽子をクリーニングに出す頻度は?

カレンダー 日付 頻度

極端に汚れていればクリーニングに出そうかな…?という気持ちになりますが、それ以外の場合は、いつクリーニングに出せばいいんだろう…と出すタイミングに困ることもあります。

理想はシーズンに1回ほどが目安。もちろん、汚れが気になるときも出しましょう。こまめなクリーニングは必要ありません。

クリーニングの頻度を少なくするには、「かぶったあとは風通しのいい場所で干す」「汗をかいた日は、かたく絞った濡れタオルで内側を拭き取る」など、ふだんからのケアが大切です。

消臭スプレーなどを活用するのも効果的。汗の対策をしておけば、シミ汚れや臭いの発生を防げますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

帽子はクリーニングに出さずにおうちでケアできないの?

エマール おしゃれ着 中性洗剤

帽子のなかでも「手洗い可」の洗濯表示がついたものならおうちで洗えます

「おしゃれ着用中性洗剤」「ザル」「スポンジ」「タオル」を用意して汚れを落としましょう。

汚れに洗剤をつける

汚れやすい場所を中心に『エマール』などの中性洗剤を薄く塗り込む。

スポンジで汚れを落とす

ザルにかぶせるように置き、スポンジで軽く叩いて全体を洗う。

すすぐ

2〜3回すすいで、洗剤と汚れをしっかり洗い流す。

タオルドライ

ザルから外してタオルで包み、水気をできるだけ切る。

干す

通気性のいい場所にザルにかぶせた状態で置き、完全に乾かせば完了。

型崩れを防ぐためにザルにかぶせるのがコツ。「洗い」にも「乾燥」にも便利に使えます。

帽子はクリーニングでさっぱり!

帽子の収納

型くずれなどのトラブルが不安で、お気に入りの帽子の洗濯はなかなかできませんね。

いたわりの気持ちもこめて、1シーズンに1回はクリーニングに出して汚れを落としてもらいましょう

キレイになって返ってきた帽子だと、また新鮮な気持ちでコーディネートを楽しめますよ。