1枚でもあたたかいニットは、冬の間は手放せないアイテム。でも、使うほどに型崩れしていくものです。収納の仕方次第では伸びてしまうこともありますね。

そこで今回は、セーターやニットの収納方法についてご紹介します。お気に入りのニットやセーターの型崩れを防ぐたたみ方やハンガーにかける方法など、参考にしてください。

セーターやニットはどう収納するのがいいの?

ストッキング収納
セーターやニットは毛糸が編み込まれてできていて、伸び縮みしやすい性質があります。

ハンガーに吊るすと重力で生地が伸ばされて型崩れの原因になるので、たたんで引き出しにしまうのがおすすめです。

たたんでもシワがつきにくい素材なので、ざっくりたたむのでも大丈夫。

セーターやニットをコンパクトに収納するには?

たたみ方
セーターやニットはできるだけコンパクトになるようにたたんであげましょう。次の手順でおおざっぱにたためばいいので簡単ですよ。

後ろ向きにして広げる

たたみやすくするために、シワにならないように広げる。

袖を折りたたむ

背中側で袖がクロスするように重ねる。

長方形にする

肩と身頃をたたんで長方形にする。

裾の方からたたむ

裾の方から上に向けて折っていく。

表に返して形を整える

タートルネックのセーターやニットは首部分を手前に折れば完成。

②で長方形にしたら下からクルクルと丸める方法もあります。収納場所の大きさにあわせて楽なほうを選んでくださいね。

たたむときも丸めるときも、ギチギチにするよりもゆるめにするのがポイントです。

ニットやセーターを収納するときはハンガーにかけてもいい?

ハンガーの種類
ニットやセーターは何度か着てから洗う人も多いと思いますが、そのときに一度着たものを引き出しに戻すのはためらいますね。

一時的な置き場所をつくっておく方法もありますが、ハンガーにかけておく方法もあります。

普通にかけると生地が伸びてしまいますが、かけ方をひと工夫すれば傷みを防げますよ。

タテに2つ折りにする

袖を重ねるように真ん中から2つ折りにする。

脇の下にハンガーを当てる

脇の部分を中心にあわせて、ハンガーをおおうようにかける。

これならセーターやニットの生地が伸びるのを防げますね。

ニットやセーターを長持ちさせる収納のコツは?

お気に入りのニットやセーターは出来る限り長く使いたいもの。シーズン中はもちろん、来年も着るためには日頃のケアが大切です。

ニットやセーターは洗うまでに何度も着るものなので、着たあとは汚れを軽く払って風通しのいい場所で干しておきましょう。

そして、引き出しに戻すよりもハンガーにかけて置いておくといいですよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

衣替えでニットやセーターを収納するときの注意点は?

ニットやセーターは冬の間しか着ないので、オフシーズンに入れば1年近く引き出しに眠ることになりますね。

たたみ方は変わりませんが、「湿気」と「虫食い」対策が必要です。

そもそも汚れが残っているとシミや虫食いの原因になるのでクリーニングに出すか、おしゃれ着洗いをしてから収納しましょう。

虫食いや湿気でカビが発生しないように、防虫剤や防湿剤を入れてください。これだけ守れば、来年もキレイな状態で着続けられますよ。

ニットやセーターの収納方法を見直そう

整った引き出し
ニットやセーターはデリケートなものですが、収納法さえ覚えておけば生地を傷めることもありません。

生地を傷めないようにするには、ゆったりとしまえるようにニット専用の引き出しを一段用意するのもおすすめです。

自分なりの収納方法を決め手、ニットやセーターを大切にしてあげてくださいね。