肌寒くなる秋から活躍するアイテム、セーター。何度も着ていると汚れたり、汚れていなくても臭いが出てきたり気になりますね。でも、セーターを洗濯したくても、「おうちで洗っていいのかな?」と不安があると思います。

そこで今回は、そんな不安を解消できるようにおうちでできるセーターの洗濯方法をご紹介します。

ニットセーターの洗い方は?おうちで洗濯してもいいの?

コットン100% 綿 洗濯表示 

セーターと一口にいっても、コットンやウール、アクリルなど、使われている素材はさまざまあります。

基本的にはよほどデリケートなものでない限り、おうちで洗って問題ありません。とはいえそれぞれで洗濯方法は異なるので、まずは洗濯表示の確認からはじめましょう。洗濯表示にはおうちで洗えるかどうか、また、どう洗えばいいかの指示が書いてあります。

洗濯表示 水洗いの可否

バツ印がついた「水洗い不可」のマークがなければ、それ以外はすべておうちで水洗いできます

最初に水洗いができることを確認した上で、次にご紹介する洗濯方法にチャンレンジしてくださいね。

ニットやセーターの洗濯に用意する道具

エマール おしゃれ着 中性洗剤
用意するもの
必須
『エマール』などのおしゃれ着洗剤
洗濯ネット
バスタオル
あると便利
歯ブラシ

セーターなどの伸び縮みしやすい洋服を洗濯するなら、洗剤は『エマール』や『アクロン』などのおしゃれ着洗剤がおすすめです。

もし汚れがひどくて洗浄力が欲しい場合は、『ナノックス』などの中性の洗濯洗剤を選んでもOKです。

【ニット・セーターの洗濯方法①】洗濯機で洗う方法!

相当デリケートでない限り、ほとんどのセーターは洗濯機で洗うことができます。

最近の洗濯機には「ドライコース」「手洗いコース」などのデリケートな洋服を洗うコースがあるので、それを活用すればキレイに仕上がりますよ。

① 下洗いする

セーターの洗濯

気になる汚れがある場合、おしゃれ着用の洗剤をつけてなじませておくとより汚れ落ちが良くなります。

とくに気になる汚れがない場合はこの手順はスキップして大丈夫です。

② 洗濯ネットに入れる

セーターの洗濯

軽く折りたたんで洗濯ネットに入れます。ネットに入れておくと絡まりが防げるので、セーターが伸びにくくなります。

袖や首元など、汚れている部分が外側にくるようにたたむのがポイントです。あわせて柔軟剤もセットしておきましょう。着心地がふわふわになりますよ。

④ 洗濯する

ドラム式洗濯機を動かす

弱い水流で洗えるモードを選択して、洗濯開始。「ドライコース」「手洗いコース」「おうちクリーニング」など名称は機種によってさまざまなので確認しておきましょう。

ポイントは「脱水時間を短くする」こと。脱水時間が長いとシワになりやすく、傷みも早くなるので、長くても3分以内で収まるように脱水しましょう。

脱水時間を選べない場合でも、途中で「一時停止」してセーターを取り出せば大丈夫です。大切な洋服へのダメージを調整してあげてくださいね。

【ニット・セーターの洗濯方法②】お気に入りは手洗いで!

「手洗い」の洗濯表示がついたセーター、大切で長く着たいセーターなどは、洗面器を用意して次の順番で手洗いしましょう。

洗濯機で洗うよりも時間や力加減を調節できて、余計に傷めることがありません。

洗浄液をつくる

セーターの洗濯

洗面器に水を張り、水量に合わせて洗剤を入れます。今回はエマールのラベル表示の通り、4リットルの水に10mlの洗剤を溶かしました。

セーターの洗濯

セーターが何枚もある場合はシンクに栓をして、水をためるのでもOK。その場合はその分洗剤を多めにいれておきましょう。

押し洗いしてすすぐ

セーターの洗濯

平たくたたんだ服を洗浄液に入れて沈ませます。今回はセーターが大きかったので水を足しながら進めました。

セーターの洗濯

押したり浮かせたりを20回ほど繰り返します。洗ったあとは泡が出なくなるまで2〜3回水を入れ替えてすすぎましょう。

柔軟剤を含ませる

セーターの洗濯

洗剤を流し終えたら、今度は柔軟剤を溶かした水にくぐらせます。柔軟剤はトリートメントの役割を果たし、ニットをふわふわにしてくれます。ウールなどの毛物はできるだけ柔軟剤を使ったケアを取り入れるのがおすすめです。

洗濯機で脱水する

セーター ウール 洗濯機

たたんでネットに入れたら洗濯機に移し、5〜15秒ほど脱水だけしたら洗濯のステップは完了です。

時間をかけると生地が傷みやすくなってしまうので、手早く作業することを心がけましょう。

ニットやセーターは洗濯した後もポイント!

平干しネット

セーターを洗濯したら、あとは干して乾かすだけ。いつものようにハンガーにかけて…としたくなりますが、ここで注意が必要です。

アクリルなどの伸縮しやすい素材の場合、ハンガーに吊るすと水の重みで縦に伸びてしまうので、平干しにする必要があります。平干しネットを用意して、平らな場所で負荷がかからないように乾かしてあげましょう。

手のひらでポンポンとシワをたたいて伸ばしながら風通しのいい、直射日光の当たらない場所に干してあげましょう。

洗濯したニットセーターのシワを取る方法

セーターのアイロンがけ

乾いて取り込もうとしたら、セーターにシワが…なんてこともあると思います。そんなときは、「アイロンがけ」で取り除きましょう。

ただし、直接アイロンを当ててシワを伸ばすわけではありません。生地から1cmほどアイロンを離してスチームだけをかける「浮かしがけ」をします。

1ヶ所につき10秒ほどスチームを当てると、吸い込んだ蒸気で一度繊維が広がって、シワが伸びます。あとは風通しのいい場所に干して完了です。

覚えておきたい

エコなわざあり

洗濯で洗い方を間違えたニットセーターを元に戻す方法はある?

アイロン スチーム 蒸気

洗い方をまちがって縮んでしまっても焦らないでください。完璧に元通り、とまではいきませんが、ある程度元に戻す方法がありますよ。

アイロン台にセーターを広げる

セーターの縮んだ部分をアイロン台に広げる。同時にどれくらい伸ばしたいかもイメージしておく。

アイロンのスチームをあてる

アイロンを直接当てずに、浮かしながらたっぷりスチームを含ませる。

手で伸ばす

火傷に注意しながらゆっくり、少しずつ上下左右にセーターを引っ張って伸ばす。

繰り返す

②と③のステップを繰り返し、全体が元のサイズに戻れば完了です。

ニットやセーターをキレイに洗濯しよう

セーター ニット バスケット

セーターの洗濯は『エマール』などの中性洗剤を使って、「手洗いコース」などを使えば洗濯機で洗えます。まずは、そもそもおうちで洗えるものかどうか洗濯表示を確認しましょう。

洗濯の目安は、最低でも1シーズンに1回。汚れたセーターをキレイにし、またおしゃれを楽しみましょう。