汚れたスニーカーを見ると「そろそろ洗った方がいいかな?」と思いますね。ただ、ブラシを使ってごしごしこするのは面倒。クリーニングに出せたらラクなのに…と考える人もいると思います。

そこで今回は、スニーカーのクリーニングについてご紹介します。

スニーカーにもクリーニングってあるの?

靴 手入れ スニーカー
「クリーニング」というと、デリケートな服やおうちでは取れない汚れがついた服をキレイにしてくれるサービスと思いがちですが、なかにはスニーカーなどの靴のクリーニングを依頼できるお店もあります

スニーカーのクリーニングでは、プロ仕様の洗剤とブラシなどを使った特別なやり方で、素材の風合いを保ったまま汚れだけをキレイに落としてもらえます。

なかには簡単な補修までしてくれるお店もあるので、使い込んだスニーカーでも新品のような仕上がりになるんですよ。

クリーニングに出した方がいいスニーカーってどんなもの?

スニーカー 
クリーニングに出した方がいいスニーカーは、「家で洗えないもの」「風合いを保ちたいもの」です。具体的には以下のような基準で靴を見分けるといいですよ。

デリケートな素材のスニーカー

革やスエード生地などのデリケートな素材が使われていると、おうちで洗うのは少し気を使います。水や洗剤で縮んだり、色落ちを起こす場合もあるので、クリーニングに出すのが安心です。

汚れや傷みの目立つスニーカー

履き込んでほつれや傷みができているものは、ムリに洗うともっと傷んでしまいます。おうちでその傷みを避けながら、汚れを落とすのは至難の技。クリーニングに依頼するのがおすすめ。

長く楽しみたいスニーカー

お気に入りで長く楽しみたいスニーカーや、高価だったものはクリーニングで手入れしましょう。型くずれなどもしっかり直してくれるので、定期的にクリーニングしてもらうと、新品の履き心地が長く続きますよ。

スニーカーのクリーニングはどこで受け付けてくれるの?

洗濯 クリーニング
スニーカーのクリーニングに対応したお店はあまり多くないので、事前によく確認するのが大切です。

大手のクリーニングチェーンなら「白洋舎」が対応しているほか、「靴専科」などの靴専門のクリーニング店もあります。まずは、おうちの近くのクリーニング店で依頼できるかチェックしてみましょう。

近くのお店で依頼できなくても、「リネット」などインターネットから依頼できるクリーニングの方法もあります。集荷し、配達で届けてくれるのでクリーニングに出す手間が省けますよ。

スニーカークリーニングの料金は?

お金
スニーカーのクリーニングにかかる料金は、およそ2000〜3000円ほどです。お店によっても異なるので注意してください。

撥水加工や上級仕上げなどは、オプションで別料金となっています。依頼するときはどれくらいの金額で、どこまで対応してもらえるのかコースとあわせて確認しましょう。

スニーカーをクリーニングに出さないでキレイにする方法もある?

丈夫な生地でできたスニーカーや、汚れが軽いものなどはおうちでケアするのがおすすめ。簡単なので、クリーニングよりも時間もお金もかけずキレイにできますよ。

スニーカーの洗い方

スエード スニーカーの手入れ
スニーカーを手洗いするときのコツは「洗浄液でつけおきする」こと。汚れをふやかしておけば、ゴシゴシこすらなくても簡単にキレイにできますよ。

必要なものは「バケツ」「洗濯洗剤」「靴用のブラシ」だけ。次の手順でやってみましょう。

洗浄液をつくる

バケツにぬるま湯を張って水量にあわせた洗剤を溶かす。

つけおき

スニーカーを入れ、1〜2時間ほどつけ置きする。靴紐などはあらかじめ外しておく。

ブラッシング

つけおき液を洗剤がわりに使いながら、ブラシで汚れを落としていく。

すすぎ

2〜3回バケツの水を入れ替えながら洗剤と汚れをしっかり流す。

乾燥

洗濯機の脱水に1〜2分かけ、陰干しにして乾かしたら完了。

ガンコな汚れには『ウタマロ石けん』などの固形石鹸を使うのがおすすめ。汚れを強力に分解するので、落ちなかった汚れもすんなり落とせますよ。

コインランドリー

靴 洗濯機 スニーカー
コインランドリーのなかには、スニーカー専用の洗濯機や乾燥機を設置しているところもあります。

洗濯槽のなかにブラシがついているので、手洗いと同じくらいキレイにできるのが特徴。

1度に2足まで洗濯できて、乾燥機まで利用しても料金は500円ほどと低価格。かかる時間も1〜2時間程度なのでクリーニングよりも気軽に利用できます。

スニーカークリーニングは下調べが必要!

スニーカー 白 お出かけ
大切にしているスニーカーはいつまでもそのままの風合いを楽しみたいですね。傷ませずに汚れだけを落としたいなら、クリーニングはとてもおすすめ。

ただし、よく目にするクリーニング店で必ず受け付けてくれるとは限らないので、お店探しが重要です。

大切なスニーカーを洗ったり、洗う手間を省いたりしたいなら、まずは近くのクリーニング店でスニーカーを預けられるか確認することからはじめてみましょう。