冬のおしゃれに欠かせないコート。おうちでは洗濯しにくいアイテムなので、クリーニングに出した方がいいのかな…?と思いますよね。でも頻繁に出すのはお金もかかるし、持っていくのも手間がかかりますね。

そこで今回は、コートをどれくらいの頻度で出すか、かかる料金はどれくらいかなどをくわしく説明します。

コートはクリーニングに出すべき?

コート マフラー 冬

1シーズン着たコートには汗や皮脂、泥、砂ボコリなど、さまざまな汚れが染み込んでいます。ただ、汚れているとはいえ、洗濯機で洗うのは心配…と、それほど手入れしていないことが多いと思います。

そこでおすすめなのが、コートのクリーニングです。こまめに出す必要はありませんが、シーズンに1回はしっかり汚れを落としてあげましょう。

汚いままが続くとコートはどんどん傷んでしまいます。変色や虫食いなどのトラブルがおきて元に戻せなくなるので、清潔な状態で保管してくださいね。

コートは全部クリーニングに出すべき?

何枚もコートを持っていると全部出すのはちょっと大変だし、お金もかかってしまいますね。なので、クリーニングに出すのは次の条件に当てはまるものに絞るのがおすすめ

「水洗い不可」のコート

洗濯表示 水洗い不可

洗濯表示に「水洗い不可」のマークがあるものはおうちでは洗えません。ムリに洗うとシワが残ったり色落ちするのでクリーニングがおすすめです。

雰囲気を損ねたくないコート

コート 

お気に入りや高価なコートなど、雰囲気をそのままに保ちたいものはクリーニングに出すほうがおすすめ。「手洗い可」のコートであればおうちでも洗濯できますが、不安なときや時間がないときはプロに任せましょう。

この条件に当てはまらないコートは、おうちの洗濯でも十分キレイにできますよ。下で洗い方を紹介するので、参考にしながらためしてくださいね。

コートのクリーニング代はどれくらい?

お金 金額 予算

コートのクリーニングにかかる料金は1着1800円ほど。2000円はかからないくらいと覚えておくと目安にしやすいですね。

さらに、オプションで染み抜きなどの加工を依頼したり、革などのデリケートな素材のものを洗ったりする場合は、追加料金がかかります。

汚れを落とすだけなのに!と高く感じるかもしれませんが、これは家庭ではできない「ドライクリーニング」という方法で洗っているためです。溶剤を使って、デリケートな生地も傷めずに汚れを落とせる特殊な洗い方なんですよ。

コートをクリーニングに出す頻度は?

カレンダー 日付 頻度

コートのクリーニングは「シーズンの最後に1回」だせば大丈夫。

衣替えのついでに出しておき、キレイになった状態で保管します。1年の汚れを落としてから収納すれば、虫食いなどのトラブルも減らせます

ヘビーに使ったコートをいたわるためにも、シーズンが終わるタイミングで1回は必ずケアしてくださいね。

コートをクリーニングに出し忘れたら?

疑問?

また寒い日がくるかも…と思ってそのままにしていると、いつの間にかクリーニングに出しそびれてしまうこともありますね。

冬のシーズン中でないとクリーニングしてもらえないかな?と思う人もいるかもしれませんが、いつでも受け付けているので安心してください。暖かくなってからでもクリーニングに出せます。

むしろピークのシーズンを外すと、クリーニング店が空いていて早く仕上がって戻ってくることも。おすすめは4〜5月にかけての時期。衣替えとあわせてクリーニングに出すとクローゼットの整理がスムーズになります。

コートはクリーニング後の収納法にも気をつけて!

コート

コートをクリーニングに出したあとは、次のシーズンまで保管する必要がありますね。このときキレイに保つためにちょっとしたコツがあるので、ぜひ覚えてくださいね。

ビニールを外す

クリーニングから返ってきたときにかぶさっているビニール袋は通気性が悪いので外す。

干す

収納する前に部屋干しで半日ほど干し、湿気を取り除く。

カバーをする

不織布などでできた通気性のいいカバーをかけなおす。防虫効果のあるものがおすすめ。

収納する

ハンガーにかけてクローゼットに吊って完了。

コートは水に弱く、ちょっとした湿気だけでも傷みます。長期間収納するなら、あらかじめ湿気を取り除いておきましょう。

ビニール袋は通気性がよくないので市販の不織布のカバーに交換するのがおすすめです。

覚えておきたい

エコなわざあり

コートをおうちでクリーニングする方法

手袋とコートとマフラー

「水洗い不可」でないコートなら、おうちでも洗濯できます。洗濯機洗いは生地に負担がかかるので、風合いを保つための手洗い方法をご紹介します。

用意するのは『エマール』などの中性洗剤と、洗面器、柔軟剤があればOK。できるだけ力をかけないことを意識しながらやってみましょう。

洗浄液をつくる

洗面器に水をはり、水量にあわせた洗剤をいれる。

押し洗いする

コートを平たくたたんで液に浸し、手のひらで何度か押して汚れを溶かし出す。

すすぎ

水を2〜3回入れ替えて洗剤を洗い流す。泡が出なくなればOK。

脱水する

洗濯機に入れて10〜30秒ほど脱水にかける。洗濯ネットにいれると絡まりにくくなる。

干す

風通しのいい場所でハンガーにかけ、軽く生地を伸ばしてシワを伸ばしてから乾かす。

コートはクリーニングでキレイにして保管

コート

クリーニングに出すのは料金がかかるし持っていかないといけないしで、面倒に感じてしまいますね。

一度クリーニングに出すとその仕上がりにびっくりするはず。黒ずんだ汚れもスッキリ落ちて新品のようにキレイになります。

年に1度でいいので、シーズン中頑張ったコートはクリーニングに出してケアしてあげましょう。あとはクローゼットに収納しておくだけで大丈夫。来年も今年と同じようにおしゃれを楽しめますよ。