大切にしている洋服にシミができると落ち込んでしまいますね。どうにか取り除きたいけど、「染み抜きなんてやったことないし…」と、途方にくれた経験はありませんか?

そんなときは「クリーニングに出す」のが簡単でおすすめですよ。今回はクリーニングの染み抜きについての情報をご紹介します。

クリーニングで染み抜きはしてもらえる?

ペン シミ インク

クリーニングは「デリケートな服を出すところ」というイメージがあるかもしれませんが、もちろん染み抜きも依頼できます

ほとんどのクリーニング店で受け取ってもらえるので、シミ汚れが気になる服を持ちこんで相談してみましょう。

プロの提供するサービスなので、汚れ落ちはお墨付き。デリケートな洋服についたシミでも、生地を傷めずにキレイにしてくれますよ。

クリーニングに出し後の染み抜きの流れは?

スーツのクリーニング

クリーニングに出したあとは、次の5つのステップで染み抜きがおこなわれます。

専用の機材や洗剤を使い、免許をもった専門のプロが汚れの対処をしているので、おうちの洗濯では真似できない仕上がりになります。

状態の確認

シミや服の状態を見て、どんな落とし方にするかを決める。

油性のシミ取り

洗剤を使って、油分を含んだ表面の汚れを落とす。

水性のシミ取り

スチームを使って、今度は水性の汚れを取り除く。

漂白

残った不溶性の汚れや色素を漂白して仕上げる。

乾燥

できあがりを確認し、乾かして完了。

クリーニングでは汚れの性質にあわせて染み抜きの方法を調整しています。依頼するときに「どんな汚れがついたか」を伝えておくと、スムーズに作業がすすめられますよ。

クリーニングで染み抜き|落とせる汚れっては?

ケチャップ・ミートソースのシミ

クリーニングでの染み抜きはほとんどのシミに対応していて、なかでも「油性のシミ」「水性のシミ」を落とすのが得意。次のような汚れなら元通りに落とせると考えて大丈夫です。

食べこぼしによるシミ

醤油やワイン、カレーなど、食べこぼし・飲みこぼしの汚れは、ほとんどが「油性」か「水性」のシミ。また、両方が混ざりあっている場合もあります。

これらはクリーニングで問題なくキレイにできます。ただ、ついてから時間がたったシミは落とせないこともあります。クリーニングには早めに出しましょう。

汗ジミ

襟や袖、脇の下など、肌が直接ふれて汗を多く吸い込む場所では、黒ずみや黄ばみが目立ちますね。

この汚れは「皮脂」が変色したもの。油分を含む汚れなので問題なくクリーニングでキレイになります。

化粧品

ファンデーションや口紅などの化粧品のシミはおうちでは落としにくいですが、これも油分を多く含むシミ汚れ。

クリーニングであれば素材を傷めずに染み抜きしてくれますよ。

クリーニングで染み抜き|落とせない汚れもある?

墨汁のシミを落としたいとき

シミのなかにはクリーニングでも落とせないガンコなものもあります。あらかじめキレイに落ちきらないことを認識しておいて、そのうえで依頼するかしないか判断しましょう。

カビ

長期間洋服をしまいこんでいると、服にもカビが発生します。カビは繊維の奥深くまで入り込んで色を変えてしまうので、漂白剤を使ってもキレイにできません。

水性のインク・ペンキ

実は水性やジェルタイプのインクも、布につくとほとんど取れません。繊維に張りついたり、しみ込んで奥まで染色したりするので、完璧には落としきれないことが多いんです。

墨汁

墨汁は炭の細かな粒子からできています。この粒子は繊維に入り込むと簡単には取り除けません。クリーニングに出しても完全には取れず、薄くなる程度です。

染み抜きクリーニングの料金は?

お金

染み抜きクリーニングにかかる料金はお店によって異なります

たとえば白洋舎などの大手クリーニングチェーンでは、簡易なシミなら通常のクリーニングの料金内で染み抜きまでやってくれます。

一方で、染み抜きを別料金としているお店も少なくありません。500円ほどから数千円かかる場合もあります。

先ほど紹介した「シミの種類」や「大きさ(汚れている範囲)」などによってかなり金額に幅があるので、まずは持ち込んで相談してみましょう。

自宅でできる染み抜きクリーニングの方法って?

染み抜き

クリーニングに出さなくても、おうちで染み抜きできる場合があります。ワイシャツなどの丈夫な素材なら、トラブルなく簡単に真っ白に戻せますよ。

油性か水性の汚れであれば「洗濯洗剤と洗濯用漂白剤を溶かしたお湯に1〜2時間浸してから洗濯する」だけでほとんどの汚れを落とせます。

ひどいシミには直接洗剤を塗り込んでから洗濯するとさらに効果的です。洗剤が油分を分解し、漂白剤が水性の汚れと色素を落としてくれますよ。

面倒な染み抜きはクリーニングが便利!

洗濯後の汚れチェック シャツの襟

スーツやドレスなどの大切な服にシミがついてしまうと、きちんと落とせるか不安になってしまうものです。

長く着たい服の染み抜きはプロの手に任せるのがおすすめ。汚れや素材にあわせたやり方を選んでしっかり元通りに。

スッキリ汚れが落とせれば、また気持ちよく着られますね。