リュックをヘビーに使ってるうちに、黒ずみや角の傷みが気になってきますよね。クリーニングに出したらキレイにできるかな…とクリーニング店の利用を検討している人も多いと思います。

そこで今回は、リュックのクリーニングにまつわる情報をまとめてご紹介します。

リュックはクリーニングに出せる?

リュック カバン
大切なリュックはクリーニングでキレイにしたい!と考える人も多いですね。でも、リュックの場合だと一般的な洋服を出すクリーニング店では扱っていないこともあります。

リュックなどのクリーニングは、衣類と違った技術が必要になるので対応できないところもあるからなんです。

大手クリーニング店では「白洋舎」などが対応しているので、近くに店舗がないか探してみましょう。

ほかにも、カバンや靴のメンテナンスだけをおこなう専門店などもあります。近くのクリーニング店が対応していなければ、専門店を探して依頼するといいですよ。

リュックのクリーニングにかかる料金は?

お金 金額 予算
リュックのクリーニング料金は「ブランド」や「素材」によって大きく変わります

ひとつの目安としては、ナイロンが使われたアウトドアリュックであれば3000〜4000円ほど、革のリュックなら4000円〜で受け付けてくれるところが多いようです。

リュックの状態によってもかなり値段が変わるので、依頼する前にまずは見積もりだけしてもらうといいですよ。

リュックをおうちでクリーニングする方法

バケツと水
リュックは重い荷物を運んでも傷まないくらい丈夫につくられているので、クリーニングに出さなくてもおうちでキレイにできることもあります

次から紹介する方法を参考に挑戦してみてくださいね。

用意するもの
布のリュック
『エマール』などの中性洗剤
バケツ
革のリュック
革用のクリーナー
革用のオイル
いらないタオル

布やナイロンでできたリュックなら、洗剤を使って水洗いができます。

革のリュックであれば、お手入れ用のクリームで拭き掃除をしてあげれば大丈夫ですよ。

布やナイロンのリュック

リュック カバン
布やナイロンのリュックは洗剤で洗って大丈夫。おしゃれ着を洗うためのおだやかな洗剤を使えば、素材への負担も最小限にできますよ。

ブラシなどは必要ないので、次の手順でやさしく洗ってみましょう。

ゴミを取る

ポケットのなかのものをすべて取り出し、底にたまったゴミを取る。

つけおき液をつくる

リュックが入るバケツに水を張り、中性洗剤を溶かす。

つけおきする

リュックを入れて30〜60分放置し、汚れが浮いてくるのを待つ。

押し洗い

手で押して汚れを溶かし出す。側面に押し当てると型くずれしにくい。

すすぐ

2〜3回水を入れ替えてすすぐ。

脱水して干す

30秒ほど洗濯機の脱水にかけて水気を切り、日陰で十分に干せば完了。

洗濯機での脱水で傷まないか不安なら、お風呂場で干して自然に水が切れるのを待ってもOK。脱水の強い力がかからないので、より負担を小さくできます。

革のリュック

リュック カバン
革が使われたリュックは、拭き掃除でキレイにできます。クリーナーを使えばくすんだリュックも、美しい光沢を取り戻しますよ。

乾拭き

乾いたタオルで表面についた汚れを簡単に拭き取る。

クリーナーをなじませる

革用のクリーナーをタオルに取り、表面をていねいに拭いていく。

オイルをなじませる

タオルにオイルをつけてから円を描くように塗り込む。

こすれやすい角を重点的にお手入れするのがコツ。最後に乾拭きで仕上げるとピカピカになりますよ。

リュックのクリーニングを予防する方法

撥水 防水
クリーニングしたリュックは、できるだけ長くキレイな状態を保ちたいですよね。

またクリーニングする手間を省くためにも、できる範囲の汚れ対策が大切です。

防水スプレーをかける

靴や上着用の防水スプレーを吹きつけておくと、不意の雨でも汚れがたまりにくくなります。

1ヶ月に1回くらいの頻度でスプレーをかけなおすと、撥水効果がずっと続きますよ。

ついた汚れはすぐ落とす

雨や食べこぼしなどで汚してしまったら、その日のうちにしっかり落としましょう。

汚れがついてすぐなら、やわらかい布で水拭きするだけで大丈夫。こまめな手入れが汚れをためないコツです。


リュック クリーニング

リュックはクリーニングで長持ち!

リュック
お気に入りのリュックはクリーニングに出してでもキレイにしてあげたいですね。

ただ、大切なリュックはプロの手に任せてもいいですが、おうちで洗えるものは簡単にケアしてあげるだけでも十分キレイになりますよ。

リュックにあわせてプロに任せるか自分で洗うかを選んで、いつまでも大事に使い続けてあげてくださいね。