セーターは寒い季節から春先まで、コーディネートの主役になりますね。ただ、毎日のように着ていると、毛玉が目立ってきて困りますよね。

毛玉があるとせっかくのセーターも、くたびれた雰囲気になってしまいます。

そこで今回は、おうちにあるアイテムを使ってできる毛玉のとり方をご紹介します。

セーターに毛玉ができる原因は?

ニット・セーター
毛玉は、セーター表面の毛がこすれた拍子に絡まりあって起こります。特にかばんとこすれる腰回りや動きが大きい袖などに毛玉が多く見られますね。

どんなに気をつけていても着ているときや洗濯中に摩擦は発生するので、毛玉ができるのを完全に防ぐことはできません。そのため、毛玉はできてしまうものと考えて、こまめにお手入れすることがセーターをキレイに保つコツなんです。

毛玉を取る方法は、専用のアイテムがなくても大丈夫。ここではおうちにある道具を使って、実際に毛玉を取りながらご紹介します。

セーターの毛玉取りはおうちにある道具でできる?

毛玉取りは専用の道具を準備しなくてもおうちにあるもので代用できると言われています。それには下の1〜4の方法があります。今回はこの4つのやり方とあわせ、専用の毛玉取りを使って実践してみました。

最後にどのやり方が効果的だったかも紹介するので、チェックしてみてくださいね。

【セーターの毛玉取り①】スポンジでこする

スポンジの硬い面
家にある道具を使った毛玉取りでおすすめなのが、一番食器洗いに使う2層タイプのスポンジでこする方法です。

硬い面が毛玉を絡め取ってくれる働きがあるといわれています。

毛玉をスポンジの硬い面でこする

毛玉取り
毛玉が目立つ場所を中心に、優しくこすってみました。毛玉は表面に転がるようにできるので、力はほとんどかけず、浮かせるようにかければ大丈夫。

うっすら毛玉が取れた

スポンジで毛玉取り
実際にこすってみると、毛玉はスポンジで取れるというよりはほどけている様子でした。毛玉は見えなくなりましたが、スポンジにつく毛玉はほとんどありません。

毛玉取り
光の加減で色味が変わって見えますが、スポンジでこすった後はこんな感じに。ほどけた毛はそのまま表面に残るので、毛の流れが見えますね。毛足の長いニットなどには向いていそうです。

【セーターの毛玉取り②】歯ブラシでこする

毛玉取り
毛玉が狭いスペースに集中している場合は、歯ブラシでやさしくこすって取れることも。

歯ブラシで毛玉をかき出す

歯ブラシで毛玉取り
実際に毛玉をこすってみると、スポンジと同様毛が取れることはほとんどありませんでした。

スポンジよりも狭い範囲をこするので「毛並みを整える」くらいの用途に向いていそうです。

【セーターの毛玉取り③】ラップの刃で切る

ラップの刃で毛玉取り
使い終えたラップがあったら、箱についている刃を取り外して毛玉取りに使うことも

生地の表面に寝かせて、ゆっくり動かしてみます。そのまま使うと大きくて扱いづらいので、手頃な大きさに切って使いました。

こちらも劇的に取れるわけではありませんが、毛玉がほつれている様子でした。

【セーターの毛玉取り④】カミソリで切る

カミソリで毛玉取り
毛玉はカミソリを使っても取り除けます。もともと短い毛を切り取る道具なので、毛玉を取り除くのにも向いているというわけです。

カミソリで毛玉が集まってきた

カミソリで毛玉取り
使うのはホテルのアメニティでもらえるようなカミソリで大丈夫。今回はコンビニで買える2枚刃のものを使ってみました。軽い力でなでるように繰り返しこすると、表面の遊び毛が集まってきます。

他のやり方とは異なり、毛を切って取り除くので生地に無理な力がかかりにくいのがメリットと言えそうです。

⑤大切なセーターは専用の毛玉取りを使うのがおすすめ!

毛玉取り
セーターをいっぱい持っている場合や、お気に入りの洋服に毛玉がある場合はきちんとした毛玉取りを用意するのがおすすめ。

今回はおうちにあるもので代用する方法とどれくらいがあるのかをたしかめるため、乾電池式の『とるとる』という毛玉取り器を用意しました。

「毛玉取り」は意外と大きめ

毛玉取り
本体は軽いながら意外と大きく、小柄のアイロンくらい。単3の乾電池を2本いれると使えるようになります。

毛玉取り
穴があいた金属の板の後ろに、回転する刃が見えます。ここが回転することで、毛玉を効率的にカットしてくれるようです。

「毛玉取り」を使ってみた!

毛玉取り
実際に使ってみます。電源をいれて軽く押し付けると、カッターに毛玉があたりカラカラと音がします。軽く当てたままゆっくりと動かすと、どんどんと毛玉が取れてキレイになっていきました。

アイロンでシワを取るようににどんどん取れていくわけではありませんが、毛玉とはいえ表面の毛を削っているので加減を調節しやすいのがいいと思いました。

毛玉取りを使った後
毛玉取りを使った後はこんな感じに。毛玉だらけだったニットも、スッキリ。これなら出かけるときにも気にならなそうです。

毛玉取りで取れた毛
スポンジや歯ブラシなどではほとんど取れませんでしたが、1回の毛玉取りでこんなに毛が取れました。表面に毛が飛び出た状態はまた毛玉になりやすいので、きちんと切り取ってくれると今後の手入れも少なく済みそうですね。

セーターの毛玉取り、どのやり方がよかった?

カミソリで毛玉取り
今回試した5つの方法で、ダントツで毛玉が取れたのは「毛玉取りを使った方法」でした。ダマになった毛糸を引っ張ることなく切り離すので、生地への負担も小さく仕上がりも一番キレイでした。

一方、4つの代用品を使ったやり方の中で一番オススメできるのは「カミソリを使った毛玉取り」です。金属の刃が糸を切り離すので表面の遊び毛もしっかり取れ、再び毛玉ができるのも防げそうです。

やさしくこするだけなので、広い範囲の毛玉取りもそれほど大変ではないのもうれしいところ。手入れしたいセーターが何枚もあったら毛玉取りがあると便利ですが、気になったときにすぐ取り除く分にはカミソリだけでも十分足りますよ。

ニットやセーターにおすすめの毛玉取りは?

毛玉はおうちにあるものでもある程度は取れますが、何枚も着回す人やお気に入りのニットを長く楽しむためには専用の毛玉取りを用意するのがおすすめ。

専用のものを用意しておけば、気になったときにすぐ取り除けます。生地へのダメージも最小限なのでニットがもっと長持ちしますよ。

『とるとる』

今回用意した毛玉取りです。ピンクのほかにもオレンジとグリーンの3色展開。

取れた毛玉はカッター下のボックスにたまるので散らかることもありませんよ。

税込価格
1,553円
サイズ
幅66×奥行95×高さ173mm

『エチケットブラシ』

どんどん毛玉を取り込んでくれるブラシタイプの毛玉取りです。サッとなでるだけで毛玉を取れる上、ゴミ捨てもラクにできる設計なので使いやすいですよ。

ペットの抜け毛とりなどにも使えるので、セーターの他にも幅広く使えるのがポイントです。

税込価格
1,140円
サイズ
縦24.5×横55×高さ47mm

『毛玉取り器』

電源コード式のパワフルな毛玉取り器です。

残す毛足の長さを調節できるので、どんなセーターでも使いやすいのがうれしいところです。

税込価格
3,110円
サイズ
高さ105×幅58×奥行170mm

『クリーニング屋さんの毛玉とりブラシ』

ナチュラルなデザインが特徴の毛玉取りブラシ。イノシシの毛が使われているのでウールのセーターでも繊維を傷めにくいのがポイント。

真ん中に穴が空いているので、毛玉の取れ具合がわかりやすいのがいいですね。

税込価格
1,398円
サイズ
1225×63×15mm(毛含まず)

セーターの毛玉を防止するには?

セーター
セーターに毛玉ができるのを防ぐには、洋服をこすらないよう意識するのがポイント。着ているときや着たあと、洗濯時にケアができるので次の3点を心がけましょう。

摩擦に注意する

毛玉ができる原因のほとんどは着ているときの摩擦。腰回りがこすれて毛玉ができやすくなるので、リュックやバッグを使うときは上着を1枚着ておくといいですよ。

長持ちさせたいおしゃれ着であれば寝転がるのも要注意。おうちに帰ったら脱いでたたんでおくと、毛玉ができにくくなります。

ブラッシングする

一度セーターを着たら、その後は洋服ブラシなどを使って軽くブラッシングするのもコツ。

毛玉は小さなものができると周りの毛を取り込んでどんどん大きくなります。小さなうちに取っておけば、生地を大きく削らずにすみますよ。

洗濯は手洗いする

洗濯機だと水流で生地同士がこすれあうので、洗濯は手洗いにするのがおすすめ。

洗面器に洗剤を溶かした水を張り、液のなかで泳がせるように振るだけでも十分汚れが落とせますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

セーターの毛玉をちぎり取るのはNG!

毛玉取り
セーターに毛玉ができていると、つい指で引っ張りたくなりますね。このやり方で毛玉を取ると、生地が引っ張られてほつれの原因になるんです。

指でとるのは傷みの原因になるので避け、必ずおうちに帰ってからケアしてくださいね。

外出先であれば、カッターやハサミなどを使ってやさしく切り取ってあげるのがおすすめ。生地自体を切ってしまわないように注意しながら、毛玉を切り取りましょう。できるだけ生地に負担がかからない方法で、セーターを長持ちさせてくださいね。

セーターの毛玉を取って清潔感UP

ニット・セーター
せっかくのお気に入りのセーターも、毛玉ができていると清潔感がなくなって見えます。

おうちにある手軽なアイテムでも毛玉を取れるので、日頃からこまめに手入れしてあげてください。セーターを頻繁に着るなら専用アイテムを用意しておくと手入れがもっと手軽にできます。

「一度着たら簡単に手入れする」を習慣にして、いつでも清潔感あふれるセーターを着用してくださいね。