寒い季節になると活躍するセーターですが、「おうちで洗ったらびっくりするくらい縮んで着られなくなった…」なんて経験は、誰にでも一度くらいはあるのではないでしょうか。

もう着られないとあきらめてしまった人もいるかもしれませんが、実はアイロンを使えば元に戻せるんですよ。

今回は縮んだセーターを元に戻す方法をご紹介します。

そもそもセーターが縮む原因は?

毛糸 ウール 繊維 素材

セーターが縮むのは、繊維が洗剤や水にふれて絡まりあったことが原因です。

セーターに使われているウールやカシミヤなどの繊維はとてもデリケート。このデリケートな繊維に洗剤を使うことで必要な油分まで取り除いてしまい、ゴワゴワになって縮んでしまいます。

また、水を含むと繊維が広がる性質もあり、その広がった面がほかの洋服などとぶつかって絡み合い、1つ1つ独立していた繊維がギュッとひとまとまりになって全体的に縮んでしまうんです。

たとえば、石鹸で髪を洗うとゴワゴワになったり、きちんと髪を乾かさずに寝るとひどい寝癖になったりしますよね?それと同じことがセーターでも起こっているというわけです。

縮んだセーターは元に戻せる!

ニット・セーター

セーターが縮むと焦ってしまいますが、元に戻す方法はあります

セーターの縮みは繊維同士がからまりあったことが原因なので、それぞれの繊維をほどいてあげればキレイに戻せます。縮んでも毛自体の長さが短くなったわけではないので安心してくださいね。

縮んだセーターを戻すのには次の2通りのやり方があります。

・アイロンのスチームを使う
・トリートメントを使う

次から詳しいやり方を順番に紹介するので、ラクにできそうなものから試してみてくださいね。

縮んだセーターを元に戻すには「アイロンのスチーム機能」を使う!

アイロンのスチーム

縮んだセーターは「スチームの出るアイロン」があれば簡単に元通りにできます。蒸気の熱をあてることでヘアアイロンと同じ要領でキレイに伸ばせます。

アイロン台にセーターを広げる

セーターの縮んだ部分をアイロン台に広げる。同時にどれくらい伸ばしたいかもイメージしておく。

スチームをあてる

アイロンを直接くっつけず、浮かしながらたっぷりスチームを含ませる。

手で伸ばす

火傷に注意しながらゆっくり、少しずつ上下左右にセーターを伸ばす。

繰り返す

②と③のステップを繰り返し、全体が元のサイズに戻れば完了です。

スチームがなければ霧吹きを使って湿らせてからアイロンを当てる方法も。そのときは必ずあて布をして生地を傷めないようにしましょう。

縮んだセーターを元に戻すなら「トリートメント」も効果的

お風呂の洗剤 シャンプー

縮んだセーターは、髪がゴワゴワになっているのと同じ状態です。なので、毛髪がゴワゴワにならないようにする「トリートメント」を使うことで元に戻せます

これはトリートメントに含まれる「ジメチコン」という成分が効果を発揮するので、成分表示を確認してみてくださいね。

洗面器にリンス液をつくる

1プッシュ分のリンスを洗面器にいれて少量のお湯で溶く。十分に混ざったら40℃ほどのお湯をセーターがつかるくらいの高さまで入れる。

たたんだセーターを浸す

セーターを軽くたたみ、リンス液がたっぷり染み込むように洗面器に浸す。すぐ取り出して軽く絞る。

伸ばす

濡れた状態で形を整える。下にタオルを敷いておくと片付けが楽。

平干しする

広げて元の大きさまで戻したら、平干しで乾かせば完了。

リンス液を使っても戻りが十分でなければアイロンのスチームと合わせて再度伸ばしてみましょう。荒れた繊維がしっかり戻りますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

セーターを縮ませない洗い方とは?

つけおき洗い

そもそもセーターが縮んだということは、洗濯の方法に問題があったのかもしれません。この機会に正しいやり方を覚えておきましょう。

セーターはデリケートな素材なので「おしゃれ着用の洗剤で手洗いにする」のが基本。水を張った洗面器に洗剤を溶かし、セーターを洗濯ネットに入れて浸しましょう。

5分ほど手のひらで汚れを押し出し、水に入れ替えて2〜3回すすぎます。1分ほど洗濯機の脱水にかけて平干しにしてあげれば問題なくキレイにできますよ。

縮んだセーターを元に戻してまた着回そう

ニット・セーター

おうちでセーターを洗って縮んでしまうと、「もう着られないのかな…」と焦ってしまいますよね。

でも縮んでしまったセーターでも、きちんとケアしてあげれば元通り戻せます。まずは簡単にできるアイロンを使った方法から試しましょう。今後は心配な場合はクリーニングに出すと安心です。

大切な洋服を長持ちさせて、またセーターを着て毎日の生活をたのしんでくださいね。