冬のおしゃれに欠かせないニットやセーター。あたたかくて着やすいのが魅力ですが、着たあとの洗濯のことを考えると少しゆううつですよね。

着るたびに毎回洗ったほうがいいのかな?と迷っているママも多いはず。

今回は、ニットを洗濯する適切な頻度のほか、洗濯せずにキレイを保つコツも紹介します。

ニットやセーターを洗濯する頻度は?

ニット・セーター

ニットやセーターは、こまめな洗濯は必要ありません。着る頻度や着方にもよりますが、「1シーズンに1回以上」を目安に洗濯すれば十分です。

ニットやセーターはそもそも汚れにくい服なので神経質になる必要はありませんよ。むしろ、ウールなどのデリケートな繊維を編み込んでつくられているので、洗濯するほうが負担になって傷みの原因になります。

洗濯しないニットやセーターはどれくらいの頻度でケアする?

カレンダー

汚れにくいとはいえ、着ていると汚れは蓄積されるので、着たあとには必ずケアをしてあげることが大切です。

ニットやセーターにつく汚れは主に次の2つなので、それぞれの特徴をおさえて対処しましょう。

内側の汚れは乾かす

内側にはインナーから滲んできた「汗」や「皮脂汚れ」がつきます。そこまでひどい汚れではないので、脱いだあとに干して湿気だけをとってあげれば大丈夫です。

外側の汚れは払い落とす

土ボコリなどがついてホコリっぽくなります。ただ、ホコリは表面についているだけなので、軽く払えばキレイに落とせますよ。

ニットやセーターの洗濯頻度を減らすには?

アイデア

ニットやセーターを洗濯せずにキレイに保つには、脱いだあとに次のようなケアを加えるのがおすすめです。それほど手間にはならないので、できそうなものから始めてみてください。

脱いだら干す

一度着たニットは汗による湿気を含んでいるので、クローゼットにしまう前に一晩干してあげてください。

「干す」といってもハンガーにかける必要はなく、イスやソファにかけておくだけでも大丈夫なので、脱いだあとにサッとかけるのを習慣づけてみてください。

消臭スプレーをかける

いつもより汗をかいた日などは、消臭スプレーをかけると臭いの予防になります。脱いですぐにスプレーし、干しておけば軽い臭いならスッキリとれます。

ブラッシングする

ニットやセーターは何度か着ているうちに毛玉ができたり、網目が伸びたりしてきます。やさしくブラッシングして毛並みを整えてあげると、見違えるようにキレイにできますよ。

休ませる

お気に入りの服だからといって、毎日のように着ていると傷みも早まります。1度着たら2〜3日は休てあげるといいですよ。

ニットやセーターの洗濯が必要な時期は?

セーター

頻繁に洗濯する必要はないとはいえ、汚れが気になってきたらキレイにしてあげましょう

次のような汚れが目についたときは、洗濯を検討してください。

袖や襟が黒ずんでいる

肌に直接ふれる袖口や襟元はニットのなかでも汚れやすい部分です。この場所が黒ずんできているなど、汚れが見えてきたら洗濯の目安。淡い色のニットならわかりやすいので脱いだときに確認しましょう。

臭いが気になる

少しずつたまった汗が時間がたって酸化し、臭いの原因になります。そのまま着続けると黄ばみの原因になることもあるので、臭いが気になるときは一度洗濯して洗い流しましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

ニットやセーターを洗濯する方法は?

セーター ウール 洗濯機

ニットやセーターの洗濯はむずかしそうに思えますが、実は意外と簡単にできます。

水洗いできることを確認する

洗濯表示をみて水洗いができることを確認する。

ネットに入れて「手洗いモード」で洗う

たたんでネットに入れ、ていねいに洗える洗濯のモードを選ぶ。洗剤は『エマール』などのおしゃれ着用を使う。

干す

洗濯が終わったらハンガーにかけず、できるだけ床と水平になるように干せば完了。

たったの3ステップだけで大丈夫です。洗濯機を使うのに不安があったら手洗いでやさしく洗いましょう。目立つ汚れやシミがある場合は部分洗いでもいいですよ。

ニットやセーターの洗濯頻度は「汚れたら」

ニット・セーター

ニットやセーターはこまめな洗濯は必要ありません。毎回洗濯する必要はなく「汚れが目立ってきたら洗う」くらいにしたほうが繊維への負担も小さくなり長持ちします。

大切なニットをおうちで洗うのが不安だったらクリーニングに出すのももちろん大丈夫。お気に入りの洋服のケア方法を覚えて、気負わずにコーディネートを楽しみましょう。