「カシミヤ」と聞くと「高級でデリケート」という印象がありますね。そうは言っても、使っているうちに汚れてくるので、洗濯は避けられません。

「おうちで洗濯できるのかな?」と疑問に思う人も多いのではないでしょうか。

今回はそんなカシミヤの洗濯方法を、気をつけるポイントとともにまとめてご紹介します。

カシミヤとは?どんな特徴の繊維?

カシミヤ 服 素材
カシミヤは、ウールと同じように動物の毛を使った繊維の1つで、カシミヤ山羊から取れる毛を糸の形状に整えられたものです。

生産量がそれほど多くないため高級な素材として有名で、毛が細く柔らかく、保温性・保湿性が高い特徴があります。カシミヤからつくられた生地はやわらかな雰囲気があり、セーターやマフラー、コートなど冬物の洋服によく使われています。

見た目に美しく高い機能性もあわせもつカシミヤですが、その反面かなりデリケート。毛足が長いために毛玉ができやすかったり、虫がついて穴があいてしまうなどシーズン中もシーズン後も注意が必要です。

洗濯もこれからご紹介する通り、できるだけていねいに行う必要がありますよ。

カシミヤは洗濯できる?

洗濯表示 絵表示
カシミヤはデリケートな素材なので洗濯機で洗えません。洗濯機で洗うと、繊維の表面がフェルトのようにギュッと固くなってしまい、元に戻らなくなってしまいます

実はカシミアは水に弱く、天然の油脂がふくまれているので、純度の高いものはそもそも「おうちで洗えない」ものがほとんど。ただ、なかには一部「手洗い」ならおうちでも洗えるものがあります

まずは洗い方を間違わないために「洗濯表示を確認する」のが、上手に仕上げるコツです。

手洗いできる 洗濯表示
手洗いマークがついていれば、おうちで問題なく洗えます。

とはいえデリケートな繊維であることには変わりないので、次から紹介するコツをおさえながら洗いましょう。

洗濯表示 水洗い不可
「水洗い不可マーク」があればおうちで洗濯できません。クリーニングに出してプロに仕上げてもらいましょう。また、レーヨンが混ぜこまれていたり、刺繍が付いているものもクリーニングに出した方が無難です。

カシミヤの洗濯で準備するものは?

エマール おしゃれ着
用意するもの
必須
『エマール』などのおしゃれ着洗剤
洗面器
洗濯ネット
『レノア』などの柔軟剤

洗濯をするときはできるだけ服の負担にならないように、洗浄力の強い洗剤ではなく、洗浄力のおだやかな「おしゃれ着洗剤」を使います。これを使うことで縮みが少なくすみますよ。

カシミヤの基本的な洗濯方法は?手洗いのポイントはある?

セーターの洗濯
洗濯時のポイントは「洗い→脱水→すすぎ」をできるだけ短時間で終わらせることです。次の手順でスムーズに進めましょう。

準備する

洗面器に水とそれに見合った分量の洗剤を入れて混ぜる。洋服は裏返しておく。

押し洗いする

洗浄液に洋服を入れ、短時間押したり離したりを繰り返して洗う。汚れがひどくなければ数回行うだけでOK。

脱水する

軽くたたんで洗濯ネットに入れ、洗濯機に移して30秒ほど脱水だけする。

洗剤をすすいで脱水する

洗面器の水をキレイなものに交換してすすぎ、再度脱水する。

柔軟剤を含ませ脱水する

最後に柔軟剤を入れた水をふくませて脱水すれば完了。

残り湯を使うと生地が縮むことがあるので、必ず30℃以下の水で洗濯しましょう

カシミヤを洗濯したあとは干し方にも注意!

平干しネット
カシミヤの洋服を洗濯したあとは、干すときも注意が必要です。

いつも通りハンガーで干すと傷む可能性があるので、平干しネットを用意し、風通しのよい日陰で広げて干します乾燥機で乾かすのはNGです。

もし平干しネットがない場合は、お風呂のフタの上にタオルを敷いてその上に服を置いて乾かすか、部屋にあるパイプやバーを使って胴の部分から2つ折りになるようにかけて干すのでも大丈夫。

洋服が水を吸った重みで伸びないように干し方を工夫しましょう。

カシミヤ素材のアイテム別、洗い方のコツ

手袋とコートとマフラー
基本の洗い方がわかったところで、いくつかアイテム別の洗濯時のポイントもご紹介します。

マフラー・ストール

マフラーには、先端に「フリンジ」と呼ばれるふさふさとしたヒモが何本もついています。洗濯ネットに入れるときは、このフリンジが内側にくるようにたたむのがポイント。洗濯槽の細かい穴に引っかかることなく洗えますよ。

セーター

ニットやセーターは基本の方法で洗えば大丈夫ですが、伸び縮みしやすいので、干し方に注意が必要。ハンガーにかけると水をふくんだ重みで縦に伸びるので、必ず平干ししましょう。

コート

手洗いできるカシミヤのコートは、少し大きさがあるのでお風呂の浴槽を使うのがおすすめ。洗うときは洗浄液に浸けておくだけで、押し洗いはしなくてOKです。もし一部分の汚れが目立つだけなら、丸洗いしないで、濡れタオルで拭くだけにとどめましょう。

カシミヤの洗濯におすすめの洗剤は?

カシミヤのようなデリケートな素材には、専用の洗剤があると便利です。トラブルなく洗えますよ。

『THE LAUNDRESS ウールカシミアシャンプー cedarの香り』(ザ・ランドレス)

ニューヨーク発のファブリックブランド「ザ・ランドレス」の洗剤。おもにカシミヤやウールに特化した洗剤で、汚れを落としつつ、毛糸に含まれる天然成分を保護するので自然なツヤと風合いを守ります。

『ブランドケア ウールシャンプー』(ブランドケア)

プロ向けに開発されたおしゃれ着用の洗剤。カシミヤのほかにもウールやアンゴラなど、高級繊維を洗うのに特化しています。縮みも少なく、ノーアイロンでも着られるすぐれものですよ。

カシミヤを丁寧に洗濯して長持ちさせよう

カシミヤ 洋服
カシミヤは数ある洋服の繊維のなかでも、かなりデリケートな素材です。

まずは洗濯表示を見ておうちで洗っても大丈夫か確認することが大切。あとは「手早く時間をかけずに、かつ、ていねいに」を意識して手順通りに洗いましょう。

洗濯方法を間違わなければダメにすることはないので、大切な洋服でいつまでもおしゃれを楽しめますよ。