セーターやカーディガン、コートなど洗濯表示を見て、ドライクリーニングが必要な洋服があると、面倒に感じますよね。どうせなら「自宅でドライクリーニングができたらいいのに…」と思いませんか?

今回は、そんな「ドライクリーニング」が自宅でできないのか、どんな工夫があるのかなどをくわしくご説明します。

そもそも「ドライクリーニング」って何?

洗濯 クリーニング

そもそもドライクリーニングとは何か確認しておきましょう。

おうちでできる洗濯は「水」を使ってじゃぶじゃぶ汚れを落とすのに対して、ドライクリーニングは「石油系の溶剤」を使って洗濯します。つまり、ドライクリーニングとは水を使わずに洗濯する方法のことなんです。

クリーニング用の溶剤は水に比べて軽く、生地や繊維に負担をかけずに洗えるのが特徴。洗剤なども不要なため「型くずれ」しにくいという特徴があります。

そのため、水洗いすると傷みやすいセーターやニットなどでもドライクリーニングなら縮みがなく、キレイに仕上がるというわけなんです。

ドライクリーニングは自宅でできる?

スーツ

では、そんなドライクリーニングを自宅でやる方法はないの?と考えるかもしれませんが、おうちでは溶剤を使って洗濯することはできません

ドライクリーニングは免許をもったクリーニング師が専用の機材で行うものなので、おうちで水を使って洗濯する「水洗い」とはまったくの別物なんですよ。

ドライマーク用洗剤なら自宅でドライクリーニングできない?

洗剤 ネット 洗濯バサミ

さまざまなメーカーから「ドライマーク用洗剤」というものが販売されているので、それを使えばできるんじゃないの?と思う人もいるかもしれませんね。

しかし、これはドライクリーニング用の特殊な溶剤ではなく、ドライクリーニング用の衣類を水洗いしても傷みを少なくできる洗剤というだけです。クリーニングに出したほうがいいけど、水洗いができる衣類に使うものと考えてください。

結局は、おうちではドライクリーニングではなく水洗いになるので、クリーニング店に出したような仕上がりになるわけではありませんよ。

ドライクリーニングが必要な衣類は自宅では洗えない?

洗濯表示 絵表示

さきほど説明したように、洗濯表示に「ドライクリーニングマーク」がついていても「水洗い可能」であれば自宅で洗濯ができます

クリーニング店に頼まなくてはならないものは、写真のように「水洗い不可」で、かつ、「ドライクリーニングマーク」がついている衣類だけです。

まずは洗濯表示を見て、「水洗いできるかどうか」から確認しましょう。水洗いできなければクリーニングに出すしかありませんが、そうでなければ次の方法で自宅でも洗濯できますよ。

ドライクリーニングが必要な衣類を自宅で洗う方法は?

洗濯機

水洗いのできる、ドライクリーニングマークつきの衣類であれば、次の方法で自宅で洗濯できます。

洋服をネットに入れる

汚れた部分を表(外側)にして洗濯ネットに入れる。

洗濯機に入れて、ドライコースを選ぶ

洗濯機にネットごと入れ、ドライコースを選択する。

おしゃれ着洗剤を入れて洗う

『エマール』などのおしゃれ着用洗剤や柔軟剤をセットする。

脱水まで終わって干せば完了。

洗濯が終わったら干せば完了。干し方は平干しがおすすめ。

洗濯機によっては「ドライコース」「おしゃれ着コース」「おうちクリーニング」など名前がことなりますが、1番回転の弱い洗濯方法を選ぶと考えれば大丈夫。

洗濯機を使わずに洗面器などで手洗いすると、さらに洋服への負担が少なくすみますよ。

ドライクリーニングが必要な衣類を自宅で洗うときのポイントは?

ポイント 電球 チェック

デリケートな洋服をおうちで洗うときは、次のポイントに気をつけて洗うと伸び縮みしたり、表面が毛羽立ったりして傷むのを防げます。

ほかの衣類とわけて洗濯する

ほかの洗濯物をたくさん混ぜたり、洗濯ネットを使わずに洗ったりすると、洗濯物同士や洗濯槽とぶつかって生地を傷める可能性があります。できるだけ洗いたい洋服単品で、洗濯ネットに入れて洗うようにしましょう。

キレイな水で洗う

洗濯には30℃以下のキレイな水を使いましょう。ドライクリーニングが必要な洋服のなかには熱に弱い素材もあるため、お風呂の残り湯を使うのは避けるのが無難です。

脱水時間を短くする

大切な洋服は「脱水」の工程を1分以内にすませるのもポイントです。脱水は、洋服を遠心力で槽に強く押し付けるため、長い時間脱水するほどシワができたり、伸び縮みしたりします。

自宅でクリーニングをするときはどんなアイテムを使う?

ここでは洋服の縮みや繊維への負担が少ない「おしゃれ着洗剤」をご紹介します。これらが「ドライマーク洗剤」などと紹介されていることがあるので、勘違いしないように注意してくださいね。

『エマール』(花王)

ドライ洗剤、つまり、おしゃれ着洗剤の代表がこの『エマール』です。毛羽立ちや型崩れを押さえて洋服を洗えます。

『ドライニング 液体タイプ』(ドライニング)

ヤシ油を主原料とし、オレンジオイルを配合した洗浄力の強い洗剤です。洋服への負担が少なく、柔軟剤なしでもふんわり仕上がると評判ですよ。

『ジョイベック S プレミアム』(ジョイベック)

洗濯のプロが作った洗剤で、少し値ははりますが、化粧品に使われるような原料を主成分にしているので肌にも洋服にもやさしいのが特徴。高品質がウリの洗剤です。

ドライクリーニングに出す服も水洗いできれば家で洗える!

洗濯物 外干し 天気晴れ

ドライクリーニングは「溶剤」を使った洗濯方法で自宅では再現するのはむずかしいものです。

ただ、そもそも洋服の洗濯表示を確認し直すと、おうちで問題なく洗濯できる洋服かもしれません。洗えるなら、できるだけ丁寧な方法で洗濯してあげましょう。どうしても失敗したくない…など不安がある衣類なら、クリーニングに出すようにすればOKです。

クリーニングとおうちでの洗濯を使い分けて洋服を長持ちさせてくださいね。