まるまる1本大根を買ってしまうと、半分くらい余ってしまうことってありませんか?余った大根を使う予定を考える上で、どれくらい日持ちするのかが気になりますよね。

そこで今回は、大根はどれくらい日持ちするのか、余った場合に日持ち期間を長くするコツなどを紹介します。

大根の賞味期限は?日持ちさせるコツは?

大根のような生鮮食品は賞味期限が定められていませんが、目安としては大根は常温で3日程度、冷蔵庫で2週間程度は日持ちします。

ただ、次の方法で工夫しておくと、できるだけ鮮度を保ったまま保存できるようになるのでぜひ試してみてくださいね。

葉を切る

大根 保存

大根の葉をつけたままにすると実から水分を吸い上げ続けてしまいます。日持ちさせる場合は、最初に葉の部分を切り落としましょう。

葉の部分が残った場合は湿らせたキッチンペーパーをまく

大根 保存

大根の葉を切った部分を湿らせたキッチンペーパーなどで包みましょう。残った緑の部分がうるおうことで鮮度が保てます。

葉は塩もみか加熱しておくこと

大根 保存

切った葉っぱは塩もみをするか、加熱してから保存すると日持ちしやすくなります。塩もみや加熱してからラップやジップロックに入れて冷凍すれば、1ヶ月ほどもちますよ。

新聞紙、キッチンペーパーなどで包んでジップロックに入れる

大根 保存

冷蔵するときは、何かしらで包んでから保存すると日持ちしやすくなります。できれば新聞紙やキッチンペーパーがよいでしょう。

ジップロックに入れておけば、保存開始日をメモしておけたり、冷蔵庫内が汚れにくくなるのでおすすめです。

大根の日持ちは保存方法でどれくらい違う?冷蔵庫は長い?

大根を冷蔵庫で保存するときはひと工夫でより長い期間保存ができます。

大根は「冷蔵」「冷凍」「常温」などいろいろな保存方法がありますが、保存の仕方や部位によって日持ちの期間も違ってきます。

次では「大根の部位」ごとに適した保存方法や日持ちの目安を紹介します。

大根まるまるを常温保存すると3日間ほど日持ちする

大根 選び方 断面

大根の常温保存目安は約3日間。それでも室温によっては日に日に乾燥が進みパサパサしていきます。

大根を冷蔵保存するなら1〜2週間は日持ちする

大根 保存

野菜室などの冷蔵保存した場合、大根の日持ち日数は長くて2週間。もちろん、新聞紙やキッチンペーパー、ラップで包んでうえでの日数です。

大根の葉は冷蔵保存だと2〜3日日持ちする

大根 保存

大根の葉は痛みやすく、冷蔵保存では2〜3日しか日持ちしません。塩もみや加熱してもそのくらいが使い切りの目安になります。

冷凍保存なら1ヶ月日持ちする

大根おろし 冷凍保存

冷蔵保存した場合の日持ちは約1ヶ月。それでも冷凍庫の開けしめ頻度によっては、日持ち日数が短くなる可能性もあるのでできるだけ早く食べきってくださいね。

大根おろしの保存期間や方法は?

大根おろし 冷凍保存

もし、大根おろしが余ってしまった場合はジップロックや製氷皿に入れて冷凍保存しましょう。保存期間は1ヶ月。製氷皿の場合は凍らせたあと細かく割ってジップロックにしまえば小分けで使いやすいサイズで保存できますよ。

ほかにも大根を日持ちさせる方法はある?

切り干し大根にする

大根 保存

もし生の大根でなくても問題なければ、乾燥させて切り干し大根にさせるのも1つの方法です。実の部分だけではなく、葉や皮も食べられます。

天候や気温にもよりますが、2日ほど干しておけば1ヶ月ほど日持ちします。冷蔵庫や冷凍庫に保存スペースがないときにおすすめです。

小さく切った大根を冷凍保存する

大根 いちょう切り 調理

いちょう切りなどにした大根は、硬めに茹でてから冷蔵保存するのがおすすめです。加熱処理によってしっかり冷まし、ジップロックに入れて冷凍保存するのがおすすめです。

大根は冷蔵庫だと日持ちする!上手に保存期間を伸ばそう

大根おろし 保存

大根おろしは部位によっても保存方法によっても、日持ちする期間が違ってきます。ただ、冷凍したり干したりすれば1ヶ月ほど日持ちするようになります。

日持ちさせる方法とあわせて大根を活用すれば、持て余すこともなくなりますね。