葉のついた大根を買っておきながら、もったいないけど葉を捨ててしまったことってありますよね。

大根の葉は、実はほうれんそう並に栄養価が高いことを知っていましたか?今回はそんな「大根の葉」を長く保存する方法について紹介します。

大根の葉は栄養が豊富

大根 保存 葉
大根を料理で使うのは多く場合、根(白く太い部分)が中心。そんな根から切り離された葉は、実は捨てるのがもったいないくらい栄養価が高いのです。

大根の根にはビタミンAやEが含まれていませんが、葉には豊富に含まれています。しかも、カルシウムやカリウムなどのミネラルは葉のほうが根よりも豊富です。(※1, ※2)

ほうれんそうより鉄やカルシウムが豊富

大根 葉 保存 ほうれん草
ほうれんそうと比較すると、カルシウムやビタミンA(カロテン)、鉄、亜鉛や食物繊維などは同じくらい含まれています。

このように栄養面から見て大根の葉は捨てるのがもったいない部位なんですよ。次からは大根の葉の保存手順やポイントを紹介するので参考にしてみてくださいね。

大根の葉は冷凍保存が基本

大根 保存 葉
大根の葉を保存するときは、栄養価を下げないために「水分を抜くこと」がなによりも重要

そして冷凍するのが大根の葉を保存するときの基本です。

ジップロックなどに入れて、使わなかった分はすぐに冷凍するよう心がけましょう。

大根の葉を冷凍して保存する方法は?

続いて大根の葉を冷凍保存するまでの手順を紹介します。

葉と根を分ける

大根 保存 葉
まずは大根の葉と根を切り分けます。

水分を抜く

大根 保存 葉
大根 葉 保存
大根の葉を切り分けたら、保存する分を「塩もみ」or「塩を入れたお湯で1分茹でる」作業を行います。

大根 葉 保存
続いて、どちらも水気を切った後にキッチンペーパーで表面の水分を拭き取りましょう。

ジップロックに入れて冷凍する

大根 葉 保存
最後はジップロックなどの冷凍用保存バッグに大根の葉を入れれば完成です。

大根の葉を早く冷凍保存するコツ

大根の葉を冷凍保存するときに重要なのは、急速に冷凍させることです。ジップロックを使う場合と使わない場合で、それぞれポイントを紹介します。

ジップロックの空気を抜く

大根 葉 保存
ジップロックに大根の葉を入れるときは、しっかり空気を抜くことが大切です。ジップロック内の空気が少ないほど早く温度が下がり、冷凍効果を高めます。

金属トレイにのせる

大根 葉 保存 トレイ
ジップロックに入れ空気をしっかり抜いたあとは、金属トレイの上に乗せて冷凍するのがおすすめです。金属トレイは熱伝導が高いため、大根の葉の温度も素早く下げてくれる効果が見込めます。

大根の葉の保存方法を覚えて料理に活かそう

大根 葉 保存
大根の葉を保存するコツや手順はわかりましたか?もし、これまで大根の葉を捨ててきた人は、この機会に葉を冷凍保存して大根すべてを堪能してくださいね。

※1 参考文献:『食品成分データベース』大根の葉の栄養素
※2 参考文献:『食品成分データベース』大根の根の栄養素