大根をやわらかくしようと思ったら下茹でするのがおすすめです。ただ、正しい下茹での方法って意外と知りませんよね。

たとえば、大根を茹でるお湯にお米を少し混ぜるだけで大根が白くなりおいしそうに見えるなど、実はコツがあるんですよ。

今回は、そんな大根の下茹で方法について正しい手順や方法を紹介します。

「下茹で」ってなに?

大根おろし 保存
「下茹で」とは、具材を調理する前に茹でることです。「下茹で」をすることで材料の火の通りをよくしたり、アクを抜いたりできるので、料理のおいしさが増すのが特徴です。

ほうれんそうなどの葉物野菜はさっと短時間だけ茹でる、大根などの根菜類・牛スジなどの肉類はじっくり時間をかけて茹でる、など具材によって下茹での時間も違ってきます。

大根の下茹で方法は?正しい手順は?

大根を下茹でする手順をご紹介します。

① 大根を適度な大きさに切る

大根 保存
まずは下茹でしたいサイズに大根を切ります。大きめの大根のおでんをイメージするなら4〜5cmのサイズでカットするのがおすすめです。

② 大根の皮をむく

大根 切り方 皮をむく
包丁で大根の皮をむきましょう。包丁の扱いになれていない方はピーラーを使っても構いません。

③ 面取りをする

大根 隠し包丁 面取り
大根 面取り ピーラー
適度なサイズに大根を切ったら面取りをしましょう。面取りをすることで煮崩れが防げますよ。包丁またはピーラーで大根の角を削ります。

お米を少量入れたお湯で茹でる

大根おろし 保存
たっぷりの水を入れた鍋に、大根と米(大さじ1〜2)を入れましょう。お米を入れることで大根が白く透き通った状態になります。

沸騰したら弱火にして15分ほどやわらかくなるまで茹でましょう。

竹串がすっと通ったら完成

大根おろし 保存
竹串で刺して、すっと通るくらいになったら火を止めます。

しっかり下茹でをしておいしい大根料理を楽しもう

大根
大根はしっかり下茹ですることで、やわらかくて味が染み込みやすい状態になります。正しい手順を覚えて大根料理を楽しんでくださいね。