冬の野菜として代表的なのが大根です。みずみずしくて、甘みのある大根は、さまざまな食べ方が楽しめます。

今回は、ここをチェックすれば間違いなし!という「おいしい大根の選び方」を紹介します。

大根のおいしい時期は?

大根
大根は秋〜冬が旬。北海道や千葉県が主な産地です。

もっとも流通量が多く、よく目にする品種は「青首大根」で、葉の生えている下部分の「首」が薄緑色の大根です。

おいしい大根を見分けるポイントは3つ

大根 選び方 大根 断面
同じように見える大根ですが、どこを見ればおいしいと見分けられるのでしょうか。見た目や触って見分ける方法として、以下3つのポイントをチェックしてくださいね。

1. 表面

大根 選び方 表面
大根 選び方
・白くて全体的にハリとツヤがある
・根の上部(葉の近く)が黒ずんでいない
・ひげ根が等間隔に上から下まで一直線にある

鮮度が落ちるとツヤがなくなり、しわしわになってきます。根の上部が黒ずんでいる場合は、「す(隙間や穴状のもの)」が入っている可能性が高く、みずみずしさに欠けるので、よくチェックしましょう。

ひげ根は大根に水分や養分を取り込むために出る根のこと。土の状態がいいと適度に養分などを大根が取り込めるため、素直にまっすぐとひげ根が並んでいると甘く、逆にひげ根の位置が不ぞろいだと辛みが強いといわれています。

2. 形

大根 選び方 重さ
・まっすぐ伸びている
・太い

太くまっすぐな大根は、均等に栄養分や水分が行き渡った証拠です。

3. 触感

大根 選び方 重さ
・ずっしり重い
・固さがある

重みがあるのは、たっぷり水分を含んでいる大根の証拠です。

カットされた大根の選び方は?

大根 選び方 断面
販売されている大根は、1本や上下半分にカットされたものがありますよね。カットされた大根を選ぶ場合は、上記の選び方に加えて「断面」をチェックしてくださいね。

・断面のキメが細かくみずみずしい
・スが入ってスカスカになっていないもの

ここをチェック!

エコなわざあり

葉付き大根の選び方

葉付き大根
葉の付いた大根が販売されていることは少ないですが、葉も食材としておいしくいただけるので、ぜひ手に入れたいですね。

葉付き大根を選ぶポイントは、ズバリ「葉の鮮度」です。

鮮やかな緑色で、ピンと伸びた勢いあるものがベストです。葉が黄色く変色していたり、しなっていたりするものは新鮮ではないので、気をつけましょう。

おいしい大根を選んで料理を楽しもう

大根 いちょう切り 調理
料理のスタートは食材選び。おいしい大根を見分けられたら、自信を持って料理もできますよね。

この機会にぜひ「おいしい大根の選び方」を覚えてくださいね。