大根をおいしく調理するには下ごしらえがかかせません。今回は、皮むき、面取りや下茹でなど下ごしらえの方法を紹介します。

大根の下ごしらえとは?

大根
大根の下ごしらえには段階に分けると2つあり、まず、皮を切ったり形を整えたり、大根を切る作業です。そして煮込み料理に使うときなどに行う、お湯で茹でてやわらかくする作業が次にあります。

切る→茹でるまでの流れを写真と一緒に紹介していきます。

大根の下ごしらえの正しい手順は?

大根の下ごしらえのそれぞれのステップについて紹介します。

① 持ちやすいサイズに切る

かつらむき 大根
まずは持ちやすいサイズに大根を切りそろえましょう。

② 皮をむく(包丁やピーラー)

かつらむき 大根
必要な部分の皮をむきます。慣れている人は包丁で、包丁に慣れていない人はピーラーで皮をむくのがおすすめです。

③ 形を整える

大根 切り方
大根を小さく、細かく切る場合は面取りはせずに、それぞれの形まで切ってしまいましょう。

④ 面取りする・隠し包丁を入れる

特に煮込み料理に使う場合は、皮をむき終わったら煮崩れ防止のために面取りして隠し包丁を入れましょう。

●包丁で面取りする

大根 隠し包丁 面取り
包丁を使って面取りをします。面取りとは、大根の角ばった角を薄く削り取ることをいいます。

大根を持ち上げて包丁をあてます。手で大根を回転させながら、大根の角を薄く削っていきましょう。

●ピーラーで面取りする

大根 面取り ピーラー
包丁の扱いに慣れていない人は手をケガする可能性があるので、ピーラーを使用するのがおすすめです。大根をまな板の上におき、大根を回転さながらピーラーで角を削ります。

⑤ 隠し包丁を入れる

大根 面取り 隠し包丁
切れ込みの深さは2〜3mmほどで、十字に入れます。

⑥ 煮物は下茹でする

大根おろし 保存
大根を煮込み料理に利用する場合、好みサイズに切ってから面取りし、隠し包丁を入れてから下茹でしましょう。お米を大さじ1〜2杯加えた水の状態から大根を煮込み、沸騰したら弱火にします。

15分ほどたって、竹串がすっと通るくらいやわらかくなったら火を止めて完成です。

【失敗あるある】大根の下ごしらえの注意点

かつらむき 大根
大根の下ごしらえをする上で注意したいのは、きっちりしようと強く思いこまないことです。

皮は、全部をつなげてむく必要はありません。ちゃんと下茹でをしようと長時間煮ると煮崩れを引き起こすので、適度な時間を心がけてください。

大根の下ごしらえのまとめ

かつらむき 大根
大根の下ごしらえで大切なのは、順序とスピードです。正しい手順で進めれば、本調理までがラクにできますよ。

あくまで調理の準備なので、コツを覚えて時間をかけすぎずに進めてくださいね。