毎日料理に使うキッチンは、常に湿っていてカビや雑菌が好む環境でもあります。気づかないうちにカビが増え、黒々と根を生やして取れなくなってしまうことも。

そうならないために、今回はキッチンのカビの簡単な取り方をご紹介します。

キッチンのシンクにカビができる原因は?

シンクの汚れ

キッチンをキレイに使っていたつもりでも、気づくと現れるのがカビですよね。

この原因は水回りが「温かく湿った場所」でカビが好む環境だからです。さらに食べ物のカスなど、菌のエサが豊富にあるのもカビの発生を助長しています。

カビを放っておくと、臭いが出たり胞子が空気中に広がったりと衛生的によくありません。食べ物を扱う場所なだけに早め早めに対処しましょう。

キッチンを見渡して、ジメジメしている場所がないかチェックしてみてくださいね。

キッチンのシンクのカビを落とすのに必要なものは?

スプレーで掃除 消臭
用意するもの
必須
『カビキラー』などの塩素系漂白剤
『パストリーゼ』などのアルコール除菌スプレー
キッチンペーパー
ゴム手袋
あると便利
歯ブラシ

カビを取るには、除菌効果の高い「塩素系漂白剤」と「アルコール除菌スプレー」を用意しましょう。どちらも高い殺菌効果を持ち、かけるだけでほとんどのカビを退治できます。

アルコールは手に触れても問題ありませんが、塩素系漂白剤はかなり強い洗剤なのでゴム手袋などがあると安心です。

キッチンのシンクにできたカビの取り方は?

カビ退治には「漂白剤」か「アルコール除菌スプレー」のどちらかを使います。それぞれの使い方を順番にご紹介します。

基本的には「水や洗剤に強い場所には漂白剤」「洗剤に弱い場所・強い洗剤を使いたくない場所にはアルコール」とおぼえておきましょう。

漂白剤を使ったカビ取りの方法

カビ退治 シンクの排水口掃除

ステンレスシンクなど、洗剤に強い場所にカビがついている場合は『カビキラー』などの塩素系漂白剤がおすすめ。

除菌・漂白効果が高く、根を張って黒ずんだカビ汚れでもしっかりと分解して落としてくれますよ。

カビに漂白剤を吹きかける

漂白剤をまんべんなくかける。

放置する

洗剤が染み渡るまで3分ほど待つ。

すすぐ

水で十分にすすいだら完了。

漂白剤は強力なので、ふきつけて放置するだけでカビを退治できます。

すすいでもカビが落ち切らないようなら、濡らしたスポンジでこすり落とします。水が使えない場所であれば水拭きで泡を拭き取り、最後に乾拭きしましょう。

アルコール除菌スプレーを使ったカビ取り方法

パストリーゼでシンク周りの掃除

漂白剤などの強い洗剤をできるだけ使いたくない場合や、木材やプラスチック製品などの強い洗剤が使えない場所にカビができたときは「アルコール除菌スプレー」を使って取り除きましょう。

アルコールを吹き付ける

汚れの周囲まで広めに吹き付ける。

キッチンペーパーで拭き取る

キッチンペーパーですぐに拭き取れば完了。

アルコールはすぐに乾く性質があるので、乾拭きなどは不要です。

ただ、アルコールには漂白効果はないので黒ずんだ汚れはカビを退治しても残ります。これはカビがつくった色素が残ってしまうことが理由です。

深く根を張ったカビを跡形もなく消すには、アルコール除菌スプレーで落とすのには限界があるので注意してくださいね。

キッチンでカビができやすい場所は?

「キッチンにできるカビ」といえばシンクや排水口がすぐに思い浮かびますね。

実は、他の場所でもよくカビが発生します。「知らないうちにカビでいっぱい!」とならないように、定期的にチェックしてみてくださいね。

冷蔵庫

パストリーゼで冷蔵庫を掃除

温度が低く保たれる冷蔵庫ではカビは繁殖しないように思えますが、そんなことはありません。

野菜の切れ端やこぼれた汁などからどんどん広がるので「アルコール」でこまめに消毒しましょう。食材の整理と合わせて掃除するとはかどりますよ。

シンク下

シンク下 配管 洗剤 

シンク下は汚れなんてなさそうに思えますが、ジメッとしていてカビが繁殖しやすい場所のひとつ。濡れたままの食器や鍋などを収納しているとどんどんと湿気が溜まっていきます。

シンク下も冷蔵庫と同じようにアルコールで拭き掃除したら退治できます。壁や上の面も忘れずに拭き取りましょう。

キッチンのカビを予防する方法は?

キッチンのシンク掃除

キッチンは、食べ物を扱うのでできるだけ清潔に保ちたいですよね。

日々の予防法は、片付けのついでにスポンジでササッと汚れを拭き取ったり、熱湯を流して消毒したりする方法です。

また、冷蔵庫やシンク下であれば「詰め込みすぎない」ことで通気性をよくすることも、カビ予防につながります。できるだけ乾燥しやすい環境をつくるのがポイントですよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

キッチンのカビがこんなところにも…どうやってキレイにする?

パストリーゼでまな板の除菌

キッチンで発生するカビは、水回りだけでなく料理道具に現れることもあります。

特に「まな板」は包丁で傷ついた隙間に食べ物のカスが入り込み、あっという間にカビ菌が繁殖しやすい環境になるので注意が必要です。

ふだんの手入れはとっても簡単で「アルコール除菌スプレーを数回吹きつける」だけでOK。雑菌を効果的に退治する上、すぐに蒸発するのですすぐ必要はありません。

キッチンで使うアルコールスプレーは食品にも使えるほど安全性の高い『パストリーゼ』などがおすすめ。1本あるとちょっとした掃除に重宝しますよ。

カビを退治してキッチンやシンクを清潔に保とう

キッチン用品

カビの掃除は気分が滅入りますよね。でも、家族の健康を守るためには、掃除は必須。カビ菌が繁殖しないようこまめにキレイにしましょう。

掃除方法は洗剤を吹きかけて流すだけと簡単なので、ムリなく続けられますよ。キレイなキッチンなら料理も気持ちよく作れそうですね。