掃除用洗剤として、おうちのあちこちに使えて便利な「ウタマロクリーナー」。たいていの汚れは落とせるので、「カビ汚れにも使えるかな?」と疑問に思うこともありますね。

ここではウタマロクリーナーの基本的な特徴と、カビに効果があるのかをまとめてご紹介します。

「ウタマロクリーナー」って一体何?

?使っている写真がほしい
ウタマロクリーナーは、『ウタマロ石けん』で有名な株式会社東邦が販売している住宅用クリーナーです。

スプレータイプで使いやすく、キッチンやお風呂など場所を選ばず、油汚れ、水垢、手垢などどんな汚れにもマルチに使えるのが特徴です。

また、アミノ酸系の洗浄成分からつくられていて、肌や環境にやさしいのもウリ。素手で気軽に使えます。

どんな掃除でも気兼ねなく使える上、デザインもかわいらしいのでリビングに置いても生活感が出ないとママたちのあいだで人気の洗剤なんです。

ウタマロクリーナーでカビは落とせるの?

水 お風呂 洗面台
そんなウタマロクリーナーですが、カビ退治にも効果を発揮するのでしょうか?

ウタマロクリーナーは「汚れ」を分解する力は強力ですが、実は「雑菌やカビ」を除菌する力まではありません

排水口にできる「雑菌のヌルヌル」やできてすぐの「カビ汚れ」は落とせますますが、また生えてくる可能性は残ります

ただし、掃除後にひと工夫すると除菌までできて、カビが生えにくい環境をつくれます。どんなことをすればいいのか見てみましょう。

ウタマロクリーナーを使ったカビの取り方

キッチンシンクの排水口掃除
用意するもの
必須
ウタマロクリーナー
スポンジ
熱湯

除菌までしっかりするには「ウタマロクリーナーを吹きかけて少し待つ」「掃除後に熱湯をかける」の2つがコツ。汚れを根元からしっかり取り除いて、熱湯消毒するわけです。

カビや雑菌は60℃以上のお湯にとても弱く、少し触れるだけでも簡単に除菌できます。蛇口から出る一番熱いお湯でいいので試してみてください。

クリーナーを汚れに吹きつけて待つ

ウタマロクリーナーを吹きつけ、5分ほど放置して洗剤が染み渡るのを待つ。

こすり洗いする

スポンジを使って汚れをこすり落とし、キレイな水で洗い流す。

熱湯をかける

熱いお湯をかける。ひどいカビは奥まで広がるので、しっかり温める。

作業はたった3ステップ。汚れが残ると雑菌やカビのエサになるので、しっかり洗い流してくださいね。

ウタマロクリーナーで落とせないカビはどうすればいい?

カビキラー
お風呂のゴムパッキンにできる黒カビなどは、ウタマロクリーナーでは落としきれません。どうしても黒いシミ跡が残ってしまいます。

こうなると『カビキラー』などの漂白作用の強い塩素系の洗剤を使うしかありません。

塩素系漂白剤をシミができているところに吹きつけ、数分待ってから流しましょう。除菌・漂白作用が強いのでこすり洗いなどをしなくても真っ白に戻せますよ。

塩素系漂白剤は独特の匂いがあるので、換気しながら漂白作業にあたりましょう。

コレ使ってみる?

エコなわざあり

カビにはウタマロクリーナーよりパストリーゼが効く!

水回りにパストリーゼ
ウタマロクリーナーは大抵の汚れはスッキリ落とせますが、カビや雑菌汚れの除菌だけはちょっと苦手。除菌をしっかりしたい!という場合には「パストリーゼ」というアルコール消毒スプレーがおすすめです。

パストリーゼは天然成分100%でつくられたアルコールスプレーで、食品にかけて使えるほど安全性が高いのが特徴。おしゃれなデザインのボトルなのでインテリアにもなると、ウタマロクリーナーと同じく人気のアイテムです。

アルコールはすぐに蒸発するので、気になる場所にシュシュっとしておくだけであっという間に雑菌退治ができます。カビにも絶大な効果があるので、1本用意しておくと掃除がはかどりますよ。

ウタマロクリーナーは「カビ予防」に便利!

お風呂のフタ 浴槽
ウタマロクリーナーは汚れ落ちのよさと肌や環境へのやさしさを両立したすぐれた洗剤です。

除菌する力は弱くカビ退治まではできませんが、雑菌のエサとなる汚れを効果的に洗い流してくれるので、カビの予防には使えます。こまめに使って汚れを減らしておくと、そもそもカビ退治が必要ない環境を保てますよ。

ウタマロクリーナーでカビのないキレイなおうちにしましょう。