クエン酸のスプレーが掃除に便利!とはたまに聞くけれど、イマイチ使い方がわからない…というママは多いですよ「クエン酸」と聞くとなんだかむずかしそうな気がしますが、実は意外と簡単。

ここでは、一番メジャーな使い方である「クエン酸スプレー」について、作り方や使い方を合わせてご紹介します。

クエン酸スプレーはどんな汚れに使える?

疑問 ギモン はてな ?


そもそもクエン酸とは、レモンなどのかんきつ類に含まれている「酸味成分」のこと。

自然由来の成分なので体に無害、口に入れてもすっぱいだけです。小さな子供がいて市販の合成洗剤を使いたくないおうちにピッタリの掃除グッズです。

その名の通り「酸性」という性質をもち、反対の「アルカリ性」の性質を持つ汚れと結びつくと、中和して落としやすくなるのが特徴です。アルカリ性の汚れとしては、水垢や尿石などがあります。また、雑菌の繁殖を抑える静菌作用もあるので、ちょっとした拭き掃除に使うこともできます。

クエン酸スプレーの作り方は?

クエン酸水


クエン酸スプレーの作り方はとっても単純で、用意するものは「クエン酸」「水」「スプレーボトル」だけでOK。すべて100均でそろいます。

目安としては水200mlにクエン酸小さじ1杯を溶かし、ボトルに入れて混ぜれば準備完了です。厳密にはかる必要はなく、この比率を基準として濃い目につくるなど調整してみるのもいいですよ。

ただし、濃くつくりすぎると、乾いたときにベタッとしやすくなるので、入れすぎには注意してくださいね。

クエン酸スプレーの活用法は?

クエン酸水


クエン酸スプレーはいろいろな使い道があります。主に次のような汚れに効果を発揮するので、ぜひ試してみてください。

水回りのくすみ

キッチンのシンクや蛇口、お風呂の壁、洗面器などにできる斑点のようなシミ汚れ。これが「水垢」といって水道水に含まれるミネラル分が原因のアルカリ性の汚れです。

クエン酸を吹き付けて少し放置したらキッチンペーパーなどで拭き取ればキレイに落ちます。

トイレの尿汚れ

トイレの匂いの原因となる「尿の汚れ」もアルカリ性の性質を持っています。

用を足しているうちに、トイレの床や壁にはたくさんの尿が付着しています。これが乾いたり、また濡れたりを繰り返して「イヤな臭い」の原因になります。

尿の汚れはクエン酸をスプレーし、すぐに拭き取るだけでキレイにできますよ。

クエン酸スプレーで落ちない汚れは?

浴室 お風呂 鏡の水垢掃除


クエン酸は、効果の強い洗剤ではありません。

肌や素材に優しい代わりに、頑固にこびりついた汚れはなかなか落とせないことがあります。

その場合は、クエン酸水を少し濃い目に作ったり、放置する時間を長めにしたりなどの工夫で効果が高まります。一度で落とせなくても、繰り返しているうちにだんだんと汚れがふやけて落とせるようになりますよ。

また、クエン酸が「酸性」の性質なので、「酸性」汚れに対してはうまく効果を発揮しません。油汚れや皮脂汚れは酸性の汚れなので、クエン酸水以外の方法でキレイにしましょう。

覚えておきたい

エコなわざあり

クエン酸スプレーは「お酢」でつくれる?

お酢とキッチン

「酸性」の身近なアイテムと言えば、お酢が頭に浮かぶ人も多いですね。お酢にも「酢酸(さくさん)」という酸性の性質があるので、代用ができます。

ただ、汚れは落とせますがお酢特有の匂いが残ってしまうことが多いので、あまり掃除にはおすすめできません。

どうしてもすぐに落としたい汚れがあるとき以外は、クエン酸を使った方が気持ちよく掃除できますよ。

クエン酸スプレーで水回りをピカピカに!

キッチン  シンク 水回り


クエン酸と聞くとなんとなく「むずかしそう…」というイメージがあるかもしれませんが、使い方はとっても簡単。

クエン酸スプレーなら、こすっても落とせないシンクのくすみやトイレの汚れをキレイにできます。

水回りの汚れをスッキリ落としてピカピカになったら、毎日の家事がもっと気持ちよくできそうですね。