「重曹スプレーが掃除に便利と聞いたけどどうやって使うんだろう…」と気になっている人は多いのではないでしょうか。「そもそも重曹って何?」「どんな掃除に使えるの?」と考え出すとギモンは尽きないですよね。

今回は、重曹の基本的な知識と重曹スプレーの作り方について、掃除に便利なアイデアをご紹介します。

重曹って何?どんな汚れに使える?

重曹の使い方


まずは「そもそも重曹ってどんなもの?」というギモンにお答えします。

重曹は、パンを膨らませるベーキングパウダーなどにも含まれている、一見するとただの白い粉。自然界に存在する成分で体に害がないことから、小さい子供やペットを飼っているおうちの掃除に重宝します。

アルカリ性の性質をもつため酸性と混ぜると中和する効果があり、この効果を利用してキッチンの油や手垢などの酸性汚れをキレイにする特徴があります。

重曹スプレーの作り方!何を用意すればいい?

重曹を水に溶かす


水に溶かした重曹をスプレーボトルに入れておくと、いつでも手軽に使える洗剤になります。

1本用意しておくとあらゆる掃除に使えるので重宝しますよ。

作り方はとってもかんたん。「水」「重曹」「スプレーボトル」の3つを用意し、水200mlと重曹小さじ2杯をスプレーボトルに入れて振り混ぜるだけで完成です。

アロマオイルを数滴加えておくと掃除のあとにいい香りが残って気分よく掃除できますよ。

重曹スプレーの活用法は?

スプレーで消毒


できあがった重曹スプレーは、おうちの掃除全般に使えます。主に2つの働きがあるので以下で詳しくご説明します。

拭き掃除の「洗剤」としての働き

重曹スプレーは普段の拭き掃除の洗剤として使えます。シンクの掃除やフローリングの黒ずみなどのちょっとした皮脂汚れを落とすのにぴったり。

おうちの汚れやすい場所に常備しておいて、サッと吹きかけタオルで拭けばあっという間にキレイになります。

臭う汚れの「消臭効果」

重曹はニオイ分解し、消臭してくれる効果もあります。洗いにくいアイテムもスプレーを吹きかけるだけでスッキリきれいに保てますよ。

キッチンで臭う生ゴミやトイレのイヤな臭い、ジメッとしたニオイのカーテン、汗臭い服などの消臭に使ってみてくださいね。

重曹スプレーで掃除するときの注意点はある?

注意


重曹スプレーはおうちの掃除全般で活躍する便利なアイテムですが、ちょっとした注意もあります。

それは、溶かす重曹が多いと白い粉の跡が残ってしまうことです。せっかく掃除したのに見栄えが悪くなってしまうので、重曹が完全に溶け切っているか確認してから使ってくださいね。

服などに使うときはまず目立たない場所で試すと安心です。

また、重曹は1ヶ月くらいで悪くなってくるので、スプレーにためておく液は最小限にしておきましょう。

重曹スプレーで落ちない頑固な汚れはどうする?

重曹ペーストの作り方


重曹スプレーはたいていの汚れは落とせますが、洗剤としては市販のものと比べると効果は強くありません。汚れによっては対処できないことも。

そんなときは、重曹を少ない水で溶かしてペーストにするのがおすすめ。こびりついた汚れにペーストをつけてこすれば、クレンザーのような役割をしてキレイにしてくれます。

さらに「熱」と「時間」を使った掃除法との合わせ技で、汚れをどんどん落としてくれますよ。

頑固な汚れは無理してゴシゴシこすったりせず、お湯をかけて汚れをゆるませて、そこに重曹を使うとスッキリ落とせます。

覚えておきたい

エコなわざあり

重曹と同じナチュラルクリーニング素材、クエン酸とは?

重曹を使った掃除法

重曹と同じように、食品由来の掃除道具として注目されているアイテムにクエン酸があります。

クエン酸は見た目は重曹に似た白い粉末。柑橘系のすっぱいフルーツに含まれる成分です。

水に溶かした液は、水回りにできる白いウロコのような水垢汚れをゆるませて新品のような輝きをとりもどしてくれるんです。

重曹とクエン酸を使い分ければ、おうちのどんな掃除でも対応できます。自然由来の素材で掃除なら、小さな子供のいるおうちでも安心ですよ。

重曹スプレーの活用で、イヤな汚れやニオイとさよなら

重曹とクエン酸


重曹を使った掃除はむずかしそうで、なんとなくためらってしまいますよね。

重曹スプレーの特徴は「酸性汚れに効果があること」「消臭にも使えること」です。市販の洗剤に効果では劣りますが、素材を傷つけることがない点ではメリットがあります。「迷ったら重曹」と覚えておくと掃除が楽にできますよ。

自分でつくった手作りの洗剤なら、掃除をするのも楽しくなりますね。