天然由来の成分であるクエン酸は、サプリメントとして飲んだり、掃除で使ったりできるほかに、洗濯でも使えるすぐれもの。ただ、「どんな効果があるの?」「どうやって使えばいいの?」と知らないことのほうが多いですよね。

そこで今回は、クエン酸を洗濯で使うときの効果や使い方をくわしくご紹介します。

クエン酸って何?洗濯にも使える?

クエン酸
クエン酸はレモンなどの柑橘類に含まれる酸味成分のこと。市販されているクエン酸は、この成分だけを取りだして粉末にしたものです。天然由来の成分なので、もし口に入っても安全で、排水も環境にやさしいのが最大の特徴です。

その名前の通りクエン酸は「酸性」をもち、反対の「アルカリ性」の性質を打ち消します。この効果は家事のいろんな場面で活用でき、洗濯のときにも使えるほどなんです。

また、クエン酸は100均などでも手軽に入手できる身近な素材な上、臭いもないので取り入れるのも気軽にできます。次でその効果を詳しく紹介しますね。

クエン酸を洗濯に使う効果は?

洗剤 ネット 洗濯バサミ
クエン酸の洗濯は使うタイミングで2つのやり方ができます。それぞれ効果が異なるので、どちらの用途にするかを事前に決めておくのがポイントです。

洗剤として使う

クエン酸は洗剤ではありませんが、酸性の性質をもつため「アルカリ性の汚れを落とす」効果があります。

洗剤の溶け残りや、ツンとする臭いのある衣類はアルカリ性の汚れがついています。洗剤はアルカリ性の性質があるのでこういった汚れは落としにくく蓄積されてしまいますが、クエン酸を洗剤代わりに使うことでスッキリ落とせるんです。

柔軟剤として使う

一般的な洗剤はクエン酸とは反対のアルカリ性に調整されています。これは皮脂などの汚れを分解しやすくするためですが、生地に負担がかかりゴワゴワとした感触を残す一因にもなります。

なので、すすぎのタイミングで柔軟剤代わりに使うことで、残ったアルカリ性の成分を追い出せます。添加物不使用の柔軟剤として使えば、洗濯物がよりふんわりとキレイに仕上がるというわけです。

次からそれぞれのやり方を詳しくご紹介しますね。

クエン酸の洗濯のやり方!洗いのタイミングで使う方法

洗濯機に粉末洗剤を入れる
クエン酸をふだんの洗濯洗剤の代わりに使えば、洗濯機洗いのときに使って大丈夫。基本的にはいつもどおりの洗濯と同じで順でキレイになりますよ。

このやり方は、上で紹介したようにツンとした臭いのある服やタオルなどを洗濯するのに有効です。

水を張り、クエン酸を混ぜる

クエン酸を水に溶かす。水10Lに対してクエン酸10gが目安。

洗濯物を入れて洗う

洗濯機の場合は自動コースやスピードコースを選ぶ。洗剤、柔軟剤は入れない。

終わったら干す

脱水まで終わったらいつも通り干せば完了。

洗濯洗剤の多くは弱アルカリ性の性質があるので、クエン酸とまぜると互いの効果を打ち消しあってしまいます。そのため、洗いで使うときはクエン酸は単体で使用するのがポイントです。

ちなみに…
もちろん、洗濯機洗いだけでなく手洗いでも使えます。基本の使い方はどちらも変わりませんが、濃いクエン酸の液は肌にチクチクした刺激があるので手荒れが気になる人は手袋をするのがおすすめです。

クエン酸の洗濯のやり方!柔軟剤として使う方法

柔軟剤で洗濯
クエン酸を「すすぎ」のタイミングで使うと、柔軟剤の代わりとして使えます。

ごわつきが気になる衣類や、柔軟剤を使いたくない肌着などの洗濯に向いています。

すすぎのタイミングで洗濯機を一時停止に

洗濯機のすすぎのタイミングで一度洗濯機を止める。

クエン酸を入れ、洗濯機をふたたび動かす

水30Lほどに対して1gのクエン酸を入れ、洗濯機を再度動かす。

干す

最後に脱水までして洗い終わったら、いつも通り干せば完了。

柔軟剤として使う場合は洗濯洗剤を入れてもOK。すすぎで投入すると洗剤のもつアルカリ性が打ち消されて、洗濯物がフワフワに仕上がります。

クエン酸を柔軟剤として使うときのコツ!
クエン酸を柔軟剤として使うときは、水に溶いて柔軟剤投入口に入れるのがラクかな?と思いますね。

あらかじめクエン酸水をいれておけば手間を省けますが、クエン酸水が水に溶け切っていないと粉末が洗濯機の内側にこびりついてしまうので注意が必要です。

クエン酸を使うときは、すすぎのときに止めてからにするのが安心ですよ。

クエン酸の洗濯で香りも楽しめる!

アロマオイル 小物
クエン酸は天然成分で無臭なので、柔軟剤のように香り付けの効果はありません。そんなときはちょっとひと工夫で匂いを楽しめます。

用意するのは、クエン酸とアロマオイルだけ。クエン酸大さじ2に大してアロマオイルを数滴たらし、それを170mlほどの水でよくとかします。

これをすすぎのタイミングでいれれば市販の柔軟剤のように香りも楽しめますよ。

アロマの香りは温度が高くなると飛んでしまうので、脱水まで終わった洗濯物は日干しではなく、陰干しするのがおすすめです。

クエン酸を洗濯で使うときの注意点は?

注意 ポイント コツ
クエン酸を洗濯で使うときの注意点についても確認しておきましょう。

塩素系漂白剤と混ぜない

一番はクエン酸と塩素系漂白剤を混ぜて使わないことです。塩素系漂白剤は、酸性と混ざることで体に害のあるガスを発生させてしまいます

ただ、普段使いの洗濯洗剤や漂白剤などに塩素が含まれていることはないのでそれほど気にする必要はありません。「ハイター」などを使って洗濯するときは使えないと覚えておいてくださいね。

洗剤と混ぜて使わない

クエン酸は洗濯洗剤と併用して使うのもNG。洗濯洗剤の多くは弱アルカリ性の性質があるので、互いの性質を打ち消し、ただ洗浄効果が弱まるだけです。どちらの用途で使う場合も基本は「単品で使う」とおぼえておくと間違いがなくなりますよ。

エコなワザあり!

エコなわざあり

クエン酸以外の自然由来アイテムも洗濯で活躍する!

重曹
クエン酸とならんでナチュラルクリーニンググッズとして有名な「重曹」や「セスキ炭酸ソーダ」も、毎日の洗濯に活用できます。

これらはクエン酸とは反対の「アルカリ性」の性質をもち、弱アルカリ性の洗剤や洗濯用石鹸の補助剤のようなはたらきをして、洗浄力を増してくれます。

ただクエン酸とは反対の性質をもつので、同時に入れないように注意しましょう。使い方を覚えて活用してみてくださいね。

クエン酸は洗濯機の掃除にも使える!

縦型洗濯機
クエン酸は洗濯に使うだけでなく、洗濯機自体の掃除にも使えます。洗濯機の内側の洗濯槽には、衣類の汚れや洗剤の溶け残りなどがたまって不衛生な状態にあります。

クエン酸は酸性の性質があるので、洗濯槽にたまる洗剤の溶け残りをスッキリ分解してくれる力があるというわけです。

方法は、洗濯物がない状態で高水位になるよう洗濯機に水を入れ、100〜200gのクエン酸を加えます。このときに水ではなくお湯を使った方が汚れ落ちがよくなります。あとは通常のコースで洗えば完了です。

クエン酸を使った洗濯槽の掃除は、溶け残りの出やすい粉末洗剤を使っているおうちにとくにおすすめ。2ヶ月に1回くらいを目安に定期的にやっておくといつもキレイな状態を保てますよ。

環境に優しいクエン酸で洗濯をしてみよう

洗濯物 干す 晴れ シャツ
天然由来の成分であるクエン酸。1袋もっておくと洗濯や掃除にも使えて便利ですよ。

小さい子供がいるおうち、肌が弱い人にはおすすめの洗濯法です。ぜひ1度ためしてみてくださいね。