「セスキ炭酸ソーダ」って、耳にしたことはあるけど、一体何なのかよくわからない…という人は多いのではないでしょうか?

また、すでに持っている人でもどんなところに使えるのか意外と知らないことは多いものです。

そこで今回は、セスキ炭酸ソーダがどういうものか、掃除での使い方を詳しくご説明します。

そもそもセスキ炭酸ソーダとは?

セスキ

セスキ炭酸ソーダとは、ナチュラルクリーニングでおなじみの「重曹」と同じように、アルカリ性の性質をもつ自然由来の物質です。

略して「セスキ」などとも呼ばれ、最近ではドラッグストアや100均などさまざまな場所で手に入ります。

見た目はサラサラとしたただの白い粉で大きな特徴はありませんが、手肌や環境にやさしく、そして使い勝手のいい便利な掃除グッズなんですよ。

セスキ炭酸ソーダはどんな汚れに効く?

換気扇の油汚れ

セスキ炭酸ソーダが一番得意とするのは、「酸性汚れを落とす」こと。アルカリ性の力で酸性の性質をゆるめて落ちやすくしてくれます。

酸性汚れの代表は「油」で、食用の油はもちろん、人の肌からでる皮脂による汚れなんかもキレイにできます。

この「酸性汚れを落とす」はたらきを応用すれば、掃除だけでなく、皮脂を含んだ洋服の「洗濯」、酸性汚れがもとで発生する「ニオイの消臭」などにも使えるんですよ。

【基本の使い方】セスキ炭酸ソーダはスプレーにすると便利!

セスキスプレー

セスキ炭酸ソーダの基本の使い方は「スプレー」です。購入した粉末状のセスキを水で溶かして使うことで、洗剤や消臭スプレーのような感覚で気軽に使えます。

作り方は簡単で、スプレーボトルに「水100mlに対してセスキ炭酸ソーダ1g」を入れてよく振って混ぜるだけ。

わざわざ混ぜるのが手間なら、はじめからスプレーの状態でも販売されているので、買ってすぐに掃除に取りかかれますよ。

ここがメリット!
市販の洗剤とちがって、汚れのこびりつき具合でセスキ炭酸ソーダを多めに入れたり、少なくしたり調節できますよ。

【実践編】セスキ炭酸ソーダで掃除できる5つの場所

セスキ炭酸ソーダを水に溶かしたら、市販の洗剤と同じように汚れに吹きつけて使います。おうちのなかのいろいろな場所で使えるので、ぜひチャレンジしてみてくださいね。

① キッチンの油汚れ

コンロを拭き掃除 油汚れ用洗剤

キッチンのベタベタする油汚れはセスキ炭酸ソーダで落とせます。コンロの「油汚れ」や「焦げ」、コンロ周りの壁などもキレイになります

ベタベタしている場所にセスキ炭酸ソーダ水を吹きかけ、少し放置した後に水拭きするだけです。汚れの強さにあわせて放置する時間を長くしたり、セスキの濃度を上げてみるなどの工夫もできます。

キッチンの換気扇やコンロの五徳など、油汚れがひどいものはセスキ炭酸ソーダを濃い目に溶かした水につけ置きすると効果的です。

② お風呂の皮脂による黒ずみ

お風呂(浴室)の床

セスキ炭酸ソーダ水を使えばお風呂の「皮脂汚れ」なども落とせます。浴槽や床、壁、小物類などに吹き付けてスポンジでごしごしこすりましょう。

③ リビングの手垢

ドアノブ 取っ手

日常的に触れるドアノブや壁紙、照明のスイッチなどについた「手垢」はセスキ炭酸ソーダ水で落とせます。

スイッチやドアノブには直接スプレーすると故障の原因になるので、セスキ炭酸ソーダ水で濡らした雑巾で拭き取るようにしてください。

④ フローリングの皮脂汚れ

フローリング床を拭き掃除

フローリングを裸足で歩き回ると足裏の皮脂がついて少しずつ黒ずんできます。この汚れにもセスキ炭酸ソーダ水が便利。

吹きかけてサッと乾拭きするとキレイになります。ワックスの種類によっては溶けることがあるので、はじめに隅の目立たない場所で試してみるといいですよ。

⑤ 窓ガラスにつく手垢

窓ガラスについた指紋

窓ガラスの拭き掃除にもセスキ炭酸ソーダは使えます。小さい子供がいるおうちだと、ベタベタと手で触って室内側のガラスには手垢がびっしり。

そこにスプレーを吹きつけて、マイクロファイバークロスなどで拭き取れば、あっという間にキレイにできます。

掃除のギモン

エコなわざあり

セスキ炭酸ソーダは肌にもやさしい?

肌 手 ゴム手袋

セスキ炭酸ソーダがあまりに万能過ぎて、体に良くないのでは?と考える人もいるかもしれません。

たしかに重曹よりもアルカリ性が強くて洗浄力は高いのですが、体に悪影響を与えるほどではありません。もともと自然由来のもので、入浴剤にも使われる物質なので、心配しないでください。

ただ、元々肌が弱い人、肌が荒れやすい人は、濃い目のセスキ炭酸ソーダ水を使うときには念のためゴム手袋などで保護しておくと安心です。

セスキ炭酸ソーダと重曹の使い分けは?

重曹とセスキ

セスキ炭酸ソーダと重曹は同じアルカリ性なので、「重曹だけ使えばいいんじゃないの?」と思うかもしれません。

でも、セスキ炭酸ソーダと重曹には「水の溶けやすさ」に違いがあるので、掃除では使い分けると汚れへの効きも変わってきます。以下のポイントで使い分けを判断してください。

水に溶けやすい「セスキ炭酸ソーダ」

セスキ炭酸ソーダはとても水に溶けやすいので、水に溶かしてアルカリ性洗剤の代わりとして使うのがおすすめ。油汚れや皮脂汚れに吹きつけて拭き取るだけと、コレ一本で家中の掃除ができて便利ですよ。

水に溶けにくい「重曹」

重曹はセスキ炭酸ソーダに比べて水に溶けにくいので、クレンザーのように使うのがおすすめです。頑固な油汚れには粉のままふりかけてこすると、研磨効果もあって鍋の焦げつきなどにも効果がありますよ。

セスキ炭酸ソーダとクエン酸の使い分けは?

クエン酸でトイレ掃除

ナチュラルクリーニングで重曹と並んでよく名前があげられる「クエン酸」。そのクエン酸との違いについて気になっている人もいると思います。

クエン酸はセスキ炭酸ソーダとはまったく逆のはたらきをします。次のように使い分けましょう。

酸性汚れには「セスキ炭酸ソーダ」

はじめにもご紹介した通り、セスキ炭酸ソーダは油汚れなどの「酸性汚れ」を落とすのに向いています。その半面、同じ「アルカリ性汚れ」は中和しないので、ほとんど落とせません。

アルカリ性汚れには「クエン酸」

水垢に代表される「アルカリ性汚れ」には酸性のクエン酸を使いましょう。セスキ炭酸ソーダではキレイになりません。こびりついた汚れも時間をかけてしっかりやわらかくしてくれますよ。

排水口のつまりには「両方混ぜる」

特殊な使い方ではありますが、排水口のつまりにはセスキを粉のままかけて、そのうえからクエン酸水をかけるという両方使いもできます。アルカリ性と酸性が打ち消し合うので洗剤としての効力はありませんが、化学反応で炭酸のようにシュワシュワと泡を出し、汚れを剥がし取ってくれます

セスキを使った掃除専用アイテムもある!

セスキを使った掃除グッズはたくさん販売されています。粉から計量したり、水と混ぜたりする手間がないのでラクに使えますよ。

『セスキの 激落ちくん』(レック)

『セスキの激落ちくん』は、名前の通りセスキ炭酸ソーダが洗浄成分として使われたスプレー洗剤。さらに「アルカリ電解水」と呼ばれる洗浄成分を配合し、汚れの分解効果を高めて除菌効果まであるのが特徴です。

『セスキ の 激落ちくんシート』(レック)

フローリングなど広い範囲の拭き掃除は腰をかがめた状態が続くのでなかなか大変。『クイックルワイパー』などのペーパーモップにつけられる専用のシートクリーナータイプも販売されています。

セスキ炭酸ソーダを使った掃除でおうちをもっと快適な空間に

セスキスプレー

セスキ炭酸ソーダは、最近ではどこのドラッグストアでも手に入ります。100均ならスプレーボトルと一緒に購入できるので、すぐにセスキ炭酸ソーダを使った掃除が始められますよ。

セスキ炭酸ソーダは家中の掃除に使えるので、場所ごとに洗剤を使い分ける必要もありません。1本常備しておいて、日々のちょこっと掃除のおともにしてみてはいかがでしょうか?

セスキ炭酸ソーダ水はアルミや木製製品、畳みなどに吹きつけると変色する恐れがあり、フローリングのワックスを溶かしてしまう可能性もあるため、使用する際は注意してください。