ナチュラルクリーニングでおなじみの重曹とクエン酸。それぞれ個別で使っている人は多いと思いますが、混ぜて使うことで一味違った掃除方法に応用できるのをご存知ですか?

今回は重曹とクエン酸を混ぜる特殊な活用方法をご紹介します。

そもそも重曹とクエン酸ってどんなもの?

まずは重曹やクエン酸がどういった物質なのか、おさらいしましょう。

重曹とは…

重曹

重曹は、別名「炭酸水素ナトリウム」と呼ばれる物質で、見た目はただの白い粉です。食塩や二酸化炭素を原料に作られていて、ベーキングパウダーなどのふくらし粉の原料にもなっています。

水に混ぜると「アルカリ性」の性質を示し、油汚れなどの酸性の汚れを落としやすくしてくれます。

クエン酸とは…

クエン酸

クエン酸は、簡単にいうとフルーツのすっぱい成分のことで、みかんやレモンなどの柑橘類に含まれています。クエン酸も見た目は白い粉で、サラサラしているのが特徴です。

水に混ぜると「酸性」の性質を示し、水垢などのアルカリ性の汚れを落としやすくしてくれます。

重曹とクエン酸を混ぜると何が起こる?

排水口を重曹とクエン酸で掃除

紹介した重曹とクエン酸は、それぞれ単品でナチュラルクリーニングによく使われますが、実はこの2つを混ぜたところに水を注ぐと勢いよく泡が発生させる特徴があります。

この泡の正体は「二酸化炭素」。飲料の炭酸水が泡立つのと同じ原理です。

この発泡は、「アルカリ性の重曹」と「酸性のクエン酸」が混ざったことによる中和の反応です。ガスが出てくると危険なもののように思えますが、基本的には無害なので安心してくださいね。

重曹とクエン酸を混ぜて掃除に使うには?

お風呂の排水口(掃除後)

重曹とクエン酸を混ぜてできる泡は、キッチンやお風呂、洗面所などの排水口をキレイにする場面で活躍します。

発生する泡には、汚れに入り込んで浮き上がらせる力があり、ちょっとしたヌメリ汚れなら泡の力で触らずに洗い流すことができますよ。

ただし、汚れを分解する力はないのでこびりついた汚れまで落とせないことは覚えておきましょう。

重曹とクエン酸を混ぜた掃除の仕方は?

重曹を粉のまま使う

重曹とクエン酸を混ぜる掃除は効果を高めるためのちょっとしたコツがあります。次の手順で進めましょう。

重曹をふりかける

排水口に粉のままの重曹を、まんべんなくふりかける。白く覆われるくらいに多めにかけるのがコツ。

放置する

重曹が汚れにしみ込むまで、15分ほど放置する。

クエン酸水をかける

コップ1杯の水にクエン酸をスプーン1杯ほど混ぜたクエン酸水を排水口にかける。いっきに泡立つ。

すすぐ

泡が収まったら水道水やシャワーなどでキレイにすすいで完了。

重曹が汚れにしみ込むまで15分ほど待つのがポイントです。しみ込んだ重曹にクエン酸がかかり、汚れの内側から発泡して浮かしてくれますよ。

重曹が十分にかかっていないと汚れ残りが出やすいので注意してくださいね。

重曹の拭き残しに「クエン酸を混ぜて中和」して仕上げるのもおすすめ!

フローリング床を拭き掃除

「重曹とクエン酸の中和」はほかの掃除にも重宝します。それは重曹を使った拭き掃除のとき。

重曹は皮脂汚れなどを分解するのが得意。フローリングなどのベタベタ汚れは重曹を使って拭き掃除すれば簡単に分解できます。ただ、重曹は水に溶けにくい性質があるので拭き残しが出やすいのが難点でもあります。

そこでクエン酸水を含ませた雑巾で上から拭き直せば、2つが混ざって消えるのでキレイに仕上がるというわけです。

重曹とクエン酸を混ぜるときの注意点は?

注意 ポイント コツ

重曹とクエン酸を混ぜれば、「どんな汚れも浮きあがらせる万能な掃除法」と思ってしまいますがそうではありません。

炭酸水自体はほぼ中性で汚れを分解する力は持っていません。汚れの弱点がわかっている場合は重曹、クエン酸、それぞれ単独で使った方が効果が高いことは覚えておきましょう。

油汚れなどの酸性の汚れには重曹を、水垢などのアルカリ性の汚れにはクエン酸を、と汚れに合わせて使い分けてくださいね。

重曹とクエン酸を混ぜた掃除法で汚れを触らずスッキリ!

排水口 キッチン

重曹とクエン酸の合わせ技で、排水口のイヤな汚れまでキレイに流せます。触りたくもないイヤな汚れまでキレイにできるとなると、重曹もクエン酸ももっと活用できそうですね。

炭酸に変わる反応は、子供が見ても楽しいもの。手伝ってもらうのもいいかもしれませんね。

まとめ

  1. 重曹とクエン酸を混ぜて水をかけると泡立つ。粉のまま混ぜても何も起こらない。
  2. 発生した泡には汚れを浮き上がらせる力がある。排水口の汚れを流すのにおすすめ。
  3. 重曹とクエン酸が混ざることでお互いの性質は打ち消されているため、汚れを分解するような力はない。