洋服にシミがついた…という場面は幾度となく経験があると思います。でも焦る必要はありません。汚れを見極めて、適切な方法でシミを落とせばキレイにできます。

今回は、洋服にシミがついたときにどんな手順で落とせばいいのか、また汚れ別のシミの取り方をいくつかまとめてご紹介します。

服のシミ取りは「汚れの種類」の見極めから

洋服に食べ物や飲み物をこぼしてシミを作ってしまった場合、まずやることは「汚れの種類」を見極めることです。おおよそ次の3種類に分類されるのでまずは確認してみましょう。

すぐに染み抜きに取り掛かりたくなりますが、この見極めを誤ると汚れが広がってしまいます。最初の準備をあなどってはいけません。

水溶性の汚れ

お茶 汚れ シミ 
コーヒーやオレンジジュース、醤油などは「水溶性の汚れ」といって、水に溶けやすい性質があります。そのため、通常の洗濯だけでも十分キレイになります。

油溶性の汚れ

シャツに口紅のシミがつく
チョコレートや口紅といった少しドロっとしたシミは「油溶性の汚れ」といい、油に溶けやすい性質があります。『キュキュット』などの食器用洗剤やクレンジングオイルを活用するとキレイに落とせます。

不溶性の汚れ

墨汁のシミを落としたいとき
文字通り、水にも油にも溶けない汚れで、代表的なのは墨汁や泥汚れなどです。溶けにくいので落とすのが難しく、おうちでの対処ができないこともあります。

服のシミ取りで準備するものは?

手洗い しみ抜き シミ
用意するもの
水溶性のシミ
『キュキュット』などの食器用中性洗剤
タオル
歯ブラシ
油溶性のシミ
クレンジングオイル
『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤
タオル
不溶性のシミ
石鹸

洋服のシミを落とすには汚れの種類に合わせた道具の用意が必要です。特に洗剤は、汚れごとに組み合わせなども異なってきます。

今回ご紹介する方法を基本と考えて、汚れに合わせてアイテムをそろえていってくださいね。次からシミの落とし方を汚れの種類別にご紹介していきます。

【服のシミ取り方法】水溶性の汚れの場合

コーヒーのシミを歯ブラシで叩く

シミの部分にタオルを当てる

シミで汚れた部分を下にしてタオルの上に置く。

歯ブラシに食器用洗剤をつける

歯ブラシに洗剤をつけて、シミの裏側からトントンとたたく。

ぬるま湯ですすぐ

ぬるま湯ですすぐ。もし汚れが落ちていなければ②を繰り返す。

洗濯機で洗う

洗濯表示にしたがって洗濯機で洗えば完了。

シミをトントンたたいてタオルにうつしていくイメージです。タオルはどんどんシミが移って汚れてくるので、キレイな面に入れ替えながら何度も繰り返してください。

【服のシミ取り方法】油溶性の汚れの場合

カレーのシミ

つまめる汚れは取り除く

ミートソースなど目に見えてつまめる汚れはあらかじめ取り除く。

シミの部分をタオルに当てる

シミで汚れた部分を下にしてタオルの上に置く。

歯ブラシにクレンジングオイルをつける

歯ブラシにクレンジングオイルをつけて、シミの裏側からトントンとたたく。

ぬるま湯ですすぐ

ぬるま湯ですすぐ。もし汚れが落ちていなければ③を繰り返す。

洗濯機で洗う

漂白剤を混ぜて洗濯表示にしたがって洗濯機で洗えば完了。

油は熱をくわえると溶ける性質があるので、40〜50℃くらいのぬるま湯を使うと落としやすくなります。

【服のシミ取り方法】不溶性の汚れの場合

シミを石鹸でこする
不溶性の汚れは水にも洗剤にも溶け出さないのでかなり厄介。

泥汚れや墨汁のシミなどは洋服の繊維に小さな粒が入り込んでいいるのが原因なので、石鹸をつかって粒を押し出すとキレイに落とせます

ただ、完全に元通りとはいかない場合も多く、シミ取りは根気強く行う必要があります。

洋服についたシミを取るときに注意することは?

注意 ポイント 指
洋服についたシミを取るときにはいくつか注意することがあります。大切な洋服であれば、ぜひ確認したあとに染み抜きをしましょう。

放置しておかない

シミは時間が経てば経つほど落としにくくなっていきます。「シミがつく→染み抜きする→洗濯する」の一連の流れをできるだけ短くするのがキレイに仕上げるポイントです。

汚れをこすらない

汚れがつくと焦ってティッシュなどでこすってしまいがちですが、実はそれはNG。こすると汚れが伸びるので、たたいて落とします

色落ちテストをする

染み抜きをする前に、漂白剤やもみ洗いをしたときに色落ちしないかもチェックしましょう。普段問題なく洗えている洋服でも、漂白剤を使うと色落ちすることがあるので注意してください。

洋服についたシミの取り方は「汚れの種類」によってちがう!

洗濯物 外干し ピンチハンガー
シミがついたといっても、ケチャップなのかソースなのか、ついたもの染み抜きの方法は違ってきます。

何がついたかを確認して、用意を整え、基本を守って染み抜きするのがキレイに仕上げる第一歩です。焦る必要はありませんよ。

シミを落として大切な洋服を長く着られるといいですね。