おりものや経血などでついた下着のシミ汚れがキレイに落とせなくて、困っている人も多いのではないでしょうか?

今回は、そんな落ちにくいシミをキレイに落とす方法を紹介します。手間をかけずに簡単に落とすことができますよ。

下着の汚れを簡単に落とす方法はある?

下着の洗濯
下着のシミ汚れはおりものや経血、尿などの「分泌物による汚れ」が原因。ついてすぐなら拭いたり、水ですすいだりするだけでも比較的簡単に落とせます

ただ、時間がたつと汚れが繊維に入り込んで、ちょっとすすいだくらいでは落ちなくなります。いつもと同じように洗濯機に入れるだけでは、キレイに落ちないんです。

そこで次からは「ガンコなシミの落とし方」や「毎回の洗濯でできる予防法」を順番に説明していきます。

下着のシミ汚れを落とすのに必要なものは?

適量の洗濯洗剤
用意するもの
必須
『アタック』などの液体洗剤
『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤
洗面器

下着のシミ汚れを落とすのに特別な道具は必要なく、ふだん使っている液体洗剤があれば大丈夫です。洗剤の効果を高めるちょっとした工夫をしてあげると、ガンコなシミも跡形もなくキレイに落とせますよ。

粉末洗剤 アタック
さらに効果を高めるには、粉末タイプの洗濯洗剤や漂白剤を使うのがおすすめ。

粉末洗剤には、おりものや経血に含まれるタンパク質を分解する力をもつ「酵素」が配合されています。取れにくいシミ汚れに困っていたら洗剤選びから工夫するのもいいですね。

下着のシミ汚れを落とす方法!

頑固なシミに酸素系漂白剤
下着のシミを落とすには「つけおき洗い」するのがおすすめ。時間をかけてしみ込んだ汚れも分解・漂白できますよ。

軽く汚れを落とす

簡単にすすいでおおまかな汚れを落とす。

洗浄液をつくる

洗面器やシンクにぬるま湯を張り、水量にあわせた洗濯洗剤や漂白剤を溶かす。

つけおきする

下着を液に浸し、1時間ほど放置する。ガンコなシミにはあらかじめ直接漂白剤を塗り込んでおくと効果的。

洗濯する

時間がたったら液ごと洗濯機に移し替え、いつもと同じように洗濯すれば完了。

つけおきのときは「ぬるま湯」を使うのがコツ。熱すぎると汚れが固まって落ちにくくなるので、温度には注意しましょう。手でさわってぬるいと感じるくらいがちょうどいいですよ。

ふだんの洗濯から下着に汚れがつくのを防ぐには?

洗濯 水洗い
下着にできる汚れは、落とし残した汚れが時間とともに黄ばんでくるのが原因。日々の洗濯でほんのひと手間かけておくことで、シミになるのを防止できます

やり方は簡単で「シミに漂白剤をぬってから洗濯」するだけ。『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤は、その名の通り「酸素」のはたらきで汚れを落とすため、下着などの肌にふれる衣類に使っても安全。

つけおきなどはしなくてもそのまま選択して大丈夫。漂白剤が汚れに直接作用するので、シミを残しにくくできますよ。

下着のシミ汚れを落とすのに便利なグッズは?

下着のシミをラクに落とせる便利グッズも販売されています。常備しておくと、いざというときにすぐ対処できるのでおすすめです。

『オキシクリーン』(チャーチ&ドワイト)

液体よりも漂白力の強い粉末の酸素系漂白剤。このオキシクリーンは洗濯だけでなく家中の掃除にも使える万能洗剤なので、ひとつ用意しておけば下着の染み抜き以外も使えて便利。洗剤を何個も用意する必要がありません。

『サラサーティ ランジェリー用洗剤』(小林製薬)

経血やおりものの汚れに特化した洗剤も販売されています。20分ほどつけおきしてから洗濯するだけで、汚れがスッキリ取り除けます。

排泄物の汚れにも効果があるので、赤ちゃんがいるおうちならもっと重宝しますよ。

『ウォッシュボード』(フレディレック)

フレディレックの洗濯板はシンプルで使いやすいデザインが特徴。シミのついたところをこすり洗いするときに便利です。面倒な手洗いもおしゃれなアイテムを使えば楽しくなりますね。

ワンポイント!

エコなわざあり

下着にシミ汚れができるのを予防する方法は?

ナプキン
そもそも下着にシミがつくのを防げれば染み抜きの手間も省けるのに…と思いますね。

そんな人は、おりもの用のシートや薄型の尿取りパッドを使うのがおすすめ。おりものなどの汚れが下着に付く前に吸収してくれるので、シミをつくらずキレイなまま保てます。

繰り返し使える布製と、使い捨てのコットンタイプの2種類があるので好みにあわせて取り入れてみてくださいね。

下着のシミ汚れは簡単に落とせる!

下着
下着のシミ汚れは取れにくく、洗濯していても残ってしまうことはよくありますね。

でも、シミ自体は洗濯洗剤と漂白剤をあわせて使えば簡単に落とせます。これまでの苦労がうそのようにまっさらに戻せますよ。

漂白剤を使ったふだんのシミ予防とあわせて実践すれば、もうシミに悩まされることはありません。