服やタオルに点々と黒い汚れができていませんか?なかなか落ちないその汚れは、黒カビのシミかもしれません。

汚れのなかでも特に厄介な黒カビ汚れ。洗濯でどうにか落とせないかな?と思いますよね。

ここでは黒カビ汚れを落とす方法をご紹介します。

黒カビは洗濯で落とせる?

洗濯機に洋服を入れる

しばらく着ていない洋服や濡れっぱなしのタオルなどは、湿気をもとに黒カビが発生することがあります。

タオルや洋服に黒カビができてしまうと、「洗濯で落とせないの?」「捨てるしかない?」と不安になりますね。

衣類についた黒カビは強敵ですが、「手洗い」でひと工夫すれば落とせるかもしれません。まずは下準備から始めていきましょう。

黒カビを洗濯する前に確認すること!

洗濯表示 絵表示 コットン 綿

黒カビのシミを落とすのは、洋服の繊維に大きな負担をかける作業です。まずは洗濯表示を確認し、カビ取りに耐えられるかをチェックしましょう。

お湯で洗濯できるか

新洗濯表示 洗い方

カビは熱に弱いので、熱めのお湯を使って洗うのが効果的。まずは50度のお湯で洗えるかを確認しましょう。洗濯機のような四角い形か洗面器の図柄の中に「50」以上の数字が書かれていれば問題なく洗えます。

漂白剤が使えるか

新洗濯表示 漂白

次は「三角フラスコ」か「三角形」のマークにバツ印がついていないかを確認しましょう。バツがついていなければ漂白剤が使えるので、おうちでカビ取りができますよ。

黒カビを洗濯するのに必要な道具は?

酸素系漂白剤 オキシ ワイドハイター

用意するもの
必須
洗面器
『ワイドハイター』などの粉末酸素系漂白剤
お湯
あると便利
手袋

黒カビによるシミを落とすには、粉末の漂白剤を使います。『ワイドハイター』『オキシクリーン』などが有名ですが、なければ100均に売られている「酸素系漂白剤」や「過炭酸ナトリウム」でも大丈夫です。

粉末の漂白剤は液体のものよりも強力。キレイに染み抜きできる可能性が高まります。

黒カビを落とす洗濯方法は?

つけ置き

カビを落とすには洗剤の力を借りて「つけおき」するのが一番。準備さえしてしまえば、それほど手間がかかる作業ではありませんよ。

洗面器にお湯を張る

ギリギリ触れないくらいのお湯を洗面器いっぱいに入れる。

漂白剤を入れる

粉末の漂白剤を計量カップ半分〜1杯ほどいれて混ぜる。

カビのシミ部分を浸す

シミ部分がよく浸るようにしずめる。全体を浸けなくてもOK。

つけおきする

1〜6時間を目安に放置。1時間おきに汚れ落ちをチェックするといい。

洗濯機へ

黒いシミが落ちたら軽く絞って、一度普通に洗濯すれば完了。

粉末の漂白剤をお湯に溶かすと、除菌漂白効果のある酸素の泡が出てきます。この泡がしっかりいきわたることでカビが退治できるというわけ。染料には負担の少ない性質もあるので、色柄物でも安心して使えますよ。

デリケートな素材にできた黒カビを洗濯するには?

洗濯 クリーニング

熱に弱かったり、漂白剤を使えないようなデリケートな衣類にできた黒カビのシミは残念ながらおうちでは洗えません

クリーニング屋さんで染み抜きをしてもらえればキレイになるかもしれません。お店に持ち込んで、プロの目に確認してもらいましょう。

黒カビの洗濯はもうしたくない!再発を防止する方法は?

洗濯物 外干し

服に黒カビが生えるのは基本的に水分を含んでいることが原因。服やタオルにこれ以上黒カビがつかないよう、原因を突き止めて対処しておきましょう。

濡れたままにしない

身体を拭いたあとのタオルでも、放っておくと黒カビが発生し黒ずんできます。洗い物が出たらできるだけ早めに洗濯するようにしましょう。

また、洗濯が終わったらすぐに干すのもカビを繁殖させないコツ。濡れている時間をできるだけ短くすることが鍵です。

収納場所の風通しをよくする

収納場所がジメッとしているとカビが発生しやすくなります。窓をしばらく開けたり、換気扇をつけたりしてこもった空気を外に追い出しましょう。

特に梅雨から夏にかけては湿度が上がって不衛生になりやすいので注意してくださいね。

覚えておきたい

エコなわざあり

洗濯機のせいで服に黒カビがつくこともあるの?

洗濯機 ドラム  洗濯槽

洗ったはずなのに臭いが気になったり、黒い汚れがついていたりという場合は洗濯機の奥に黒カビ汚れがついているのが原因かもしれません。

洗濯機の中を掃除したのが数ヶ月以上前なら、市販の洗濯槽クリーナーを用意して洗濯槽の洗浄をしましょう。

これで黒カビが出なくなる上、洗ったときの仕上がりが格段によくなりますよ。

黒カビの洗濯は「粉末」がポイント!

洗濯 干す

黒カビが服に出てしまうと、もう着られないかも…と落ち込みますね。

頑固な汚れですが、早めに対処できればキレイになるかもしれませんよ。粉末の酸素系漂白剤を使えば除菌もできるので安心して着れるようになりますね。