掃除に使えて何かと便利な「重曹」ですが、実は洋服についた汚れを落とすのにも効果的なんです。

ここでは重曹を使った染み抜きのやり方を紹介します。クリーニングに出さなくても、これならかんたんにおうちでキレイに洗えますよ。

重曹で染み抜きできるってホント?

重曹

重曹を掃除に使うときは、キッチンやフローリングの皮脂など油汚れを落とす場面で活躍しますよね。

そのはたらきを応用すれば洋服の染み抜きにも問題なく使えます

重曹は自然由来で、身体にも環境にも害のない安全な素材。デリケートな洋服などでも問題なく使えるメリットもありますよ。

重曹で染み抜きできるのはどんな汚れ?

重曹は油汚れを分解するのが得意。なので、落とせる汚れも皮脂や食べこぼしといった油を含むシミです。シミの多くは油分が原因なので「染み抜きはとりあえず重曹を使ってみる」と考えても大丈夫です。

皮脂による黄ばみ・黒ずみ

シャツの袖の黄ばみ・黒ずみ

襟や袖、脇など、肌に直接ふれて汗を多く吸い込む場所には皮脂がいっぱい。べったりとついた皮脂は洗濯では落としきれず、少しずつ蓄積して変化し、黄ばみや黒ずみになります。

この汚れは重曹の油を分解する性質を活用すればスッキリ落とせます。

食べこぼしの油分

ケチャップ・ミートソースのシミ

油分の多いお菓子や料理をこぼしたときに残る薄いシミも、重曹が得意とする汚れです。

普通の洗濯機洗いではなかなか落としきれませんが、重曹を使ったひと工夫でスッキリ元通りにできますよ。

重曹で染み抜きする方法は?

ワイシャツの洗濯

必要なもの
必須
重曹
『キュキュット』などの食器用洗剤
あると便利
タオル

重曹はとても作用がおだやかで単独ではシミ汚れに染み込みにくいので、食器用の洗剤と組み合わせて効果を高めるのがコツ。

重曹と同じく油汚れの分解が得意なので、頑固なシミ汚れもしっかり取り除けますよ。

重曹を使った染み抜きのやり方

つけおき洗い

重曹を使った染み抜きはとてもシンプル。「染み抜きの液をつけて放置し、洗濯する」だけです。

基本は次の4ステップ。軽い汚れであれば洗剤は必要なく、重曹ペーストを塗り込むだけでも十分効果があります

①重曹ペーストを塗る

染み抜き

大さじ1杯ほどの重曹に水を少しずつ加えてペースト状にします。ペースト状の重曹は生地に染み込んで汚れを浮かせる働きがあります。

できたペーストをシミを覆うように塗りこめばOK。裏側にタオルを敷いておくと、シミが裏写りする心配がなくなります。

②洗剤をたらしてもむ

ボールペンの染み抜き

ペーストの上から食器用の洗剤を数滴垂らし、なじませるようにもみ込みましょう。

汚れに洗剤と重曹がしっかり染み込むように水に浸すといいですよ。

③放置する

つけおき洗い

そのまま30分ほど放置しましょう。重曹と食器用洗剤が汚れをゆっくり分解してくれます。

④洗濯機で洗濯する

ドラム式洗濯機を動かす

あとはふだん通りに洗濯機で洗うだけ。取り出すときにはシミがなくなっていますよ。

基本的な染み抜きの流れはこれだけでOK。おうちにあるものですぐにできるので、気になるシミを見つけたら試してみてくださいね。

染み抜きで重曹の効果をより高めるには?

重曹ペーストを活用してもシミが取り切れない場合は、もうひと工夫。組み合わせる洗剤を別のものにしたり、熱をくわえたりすると、重曹がさらに強力になってラクに染み抜きできますよ。

酸素系漂白剤を混ぜる

ワイドハイター

かんたんなのは『ワイドハイター』などの液体タイプの酸素系漂白剤を使う方法。

やり方はほとんど一緒で、食器用洗剤の代わりに酸素系漂白剤を使うだけです。重曹ペーストをつけたあと漂白剤をシミ部分につけてもみ込み、10分ほど放置しましょう。その後は普段通りに洗濯すれば完了です。

蒸気を使う

湯気

漂白剤がない場合は、重曹の力を最大限引き出してあげるだけでも十分シミを落とせます。重曹は熱をくわえると油汚れを落とす力が強まる性質があるので、これを活用するわけです。

やり方は、シミ部分を重曹ペーストでもみ込んでから、熱湯を入れたコップを用意し、シミ部分に蒸気が当たるようにコップの上に置くだけ。温まることで汚れ自体もふやけて落ちやすくなります。

重曹で染み抜きできない汚れもある?

おうちにある重曹で染み抜きができるのはとても便利ですが、重曹が得意とするのはあくまで「油の分解」のみ。汚れによっては落としにくいものもあります。

ワインなどの色素の強い汚れ

ワインなどの飲み物の汚れは重曹を使ってもあまり効果がありません。食器用洗剤で軽くすすいだあと、色素汚れを取り除くため酸素系漂白剤を直接つけてから洗濯機に入れましょう。

泥などの粒子状の汚れ

泥や墨汁などは「不溶性の汚れ」と呼ばれ、洗剤などで分解できない厄介な汚れです。生地に入り込んだ粒子を外に出すためには、固形石鹸を塗り込むのが効果的。しっかり塗り込んでからすすげば、石鹸につつまれた粒子がどんどん外に流れ出ていきますよ。

覚えておきたい

エコなわざあり

重曹は染み抜きだけでなく消臭効果もある

脇汗

重曹は汗や皮脂の汚れを分解するのが得意なので、汗臭さを取るのにも活躍します。ワイシャツやTシャツなど、洗ってもすぐに汗の匂いが出てきてしまう服があったら試してみてくださいね。

やり方は、ぬるま湯を洗面器などにためて、大さじ3杯ほどの重曹を溶かし、そこに臭いの気になる洋服を入れて1時間ほど放置するだけ。あとはそのまま洗濯機で洗濯すれば大丈夫です。

これで服に染み込んでいた汗汚れがスッキリ洗い流せ、臭いが気にならなくなります。

重曹は汗ジミなどの染み抜きに便利!

ワイシャツ

重曹といえばキッチンの油汚れなどを落とす「掃除グッズ」のイメージがあったかもしれません。

でも、その「油を落とす」性質を応用すれば、汗などによる黒ずみや黄ばみを染み抜きできます。手間もほとんどかからないので、すき間時間でかんたんにできそうですね。

重曹で定期的に手入れしてあげればワイシャツなどの真っ白な洋服が元の白さを取り戻しますよ。