ふいの出血で洋服に血がついてしまうことってありますよね。時間が経ったものだと血が茶色く固まって、洗っても色は薄くなるだけで完璧にはキレイになりません。

そこで今回は、ガンコにこびりついた血液でもキレイに染み抜きできる簡単な方法をご紹介します。クリーニングに出さなくても、おうちの洗濯でキレイにできますよ。

血液のシミの特徴は?どんな汚れ?

染み抜き

血液のシミは「水溶性の汚れ」といって水に溶けやすい性質があるので、すぐに染み抜きすればキレイに落とせます。一方で時間が経つと、血液のタンパク質が化学反応で硬化し、どんどん落ちにくくなっていきます。

そのため、血液の染み抜きをするときは、ついてからできるだけ早く取り組むのがポイントです。もし時間が経ってしまっても、落とせる方法があって後ほどご紹介するので安心してくださいね。

血液の染み抜き前にチェックすること

洗濯表示 水洗いの可否

血液で汚れたからといって焦らないでください。

まずは「そもそもおうちで洗える服かどうか」を確認しましょう。

おうちで洗えない洋服はクリーニングに出すほかありません。ヘタに染み抜きして繊維がボロボロになったり、色が落ちたりすると元も子もありませんよ。

洗濯表示を見て、バツ印のついた「水洗い不可」のマーク以外がついていれば問題なく染み抜きに取りかかれます。次の道具をそろえましょう。

血液の染み抜きに用意する道具

血液の染み抜きに使う道具

用意するもの
必須
『キュキュット』などの食器用中性洗剤
タオル か キッチンペーパー
コップ
歯ブラシ
洗面器(洗面所のシンクを使うのでもOK)

まずは基本の道具を用意しましょう。5つの道具があればOKで、どれもおうちにあるものばかりですね。すぐに染み抜きに取り掛かれますよ。

血液の染み抜き方法は?洗濯前の下洗いは何をする?

血液の染み

血液の染み抜きは次の方法で行います。ついてすぐであれば、この方法で簡単にキレイに落とせます。

① 裏返し、シミにタオルを当てる

タオル差し込む

まずは準備から。作業しやすいように一旦裏返し、洗剤やシミが他の部分に広がらないようにタオルを挟んで置く。

② 洗浄液をつくる

薄めた食器用洗剤

コップ半分まで水を入れて、『キュキュット』などの食器用洗剤を1プッシュほど混ぜる。

③ 歯ブラシでシミをたたく

歯ブラシで叩く

洗浄液を歯ブラシにつけて、トントンとシミを叩く。タオルにふやけた汚れを移していくイメージで。

コツは「シミの外側から内側へ」進めること。シミが余計に広がるのを予防できる。シミ跡の濃い外側を重点的に叩けばキレイになる。

④ すすぐ

すすぐ

汚れが落ちてきたと感じたら洗面器に水をため、キレイな水ですすぐ。汚れがどれくらい落ちたか確かめる。

血の染み抜き完了

これくらい取れたら十分。あとは洗濯機に任せればあっという間にキレイになる。

⑤ 洗濯する

ドラム式洗濯機 洗剤

最後の仕上げに、通常の手順で洗濯機にかけたら完了。

ガンコな血液のシミはどうやって染み抜きする?洗濯ではもう落ちない?

頑固な血のシミを落とす

紹介した方法でなかなか落ちなかったり、ついてからしばらく経っていてうまく取れなかったりという場面もあると思います。

その場合『ワイドハイター』などの液体の酸素系漂白剤、『アタック』などの粉末の洗濯洗剤、重曹、洗面器を用意して次の手順で染み抜きします。この方法だとどんな血の汚れもキレイに洗い流せますよ。

①裏返してタオルを当てる

頑固な血のシミ

先ほどと同じ手順で衣類を裏返し、タオルを差し込む。

②洗浄液をつくる

洗浄液

『ワイドハイター』と粉末洗剤を1:1で混ぜて洗浄液をつくる。綿棒などでグルグルかき混ぜる。

使う洗剤にもよるが、でき上がりは青っぽいペーストに。シミを覆える量があれば十分。

③シミに洗浄液をかけて放置する

血のシミ抜き

できたペーストをシミにつけるとすぐに分解が始まる。洗剤をかけた周りが真っ白に戻っていくのが見ていて気持ちいいほど。

血のシミ抜き

シミを覆うくらいにかけ、10分ほど待機。ここまででほとんどの血のシミは落とせる。

④洗濯する

洗濯乾燥機

最後の仕上げと洗剤のすすぎを兼ねて、洗濯機で1度洗う。洗濯しても汚れが落ちなければ次のステップへ。

⑤洗面器に液を入れてつけ置きする

血の染み抜き

洗面器に水を張り、水の量に応じたワイドハイターを注ぎ入れる。さらに同じくらいの量の重曹を入れてよく混ぜる。

つけ置き

できた洗浄液に汚れ部分を浸し、1時間ほどつけ置き。

⑥洗濯する

洗面台と洗濯機

時間がたったらそのまま洗濯機へ。仕上げに1サイクル運転すれば完了。

シミがうまく取れれば④のステップで終わり。また、つけ置きもシミがなくなった時点で引き上げてOK。この方法なら時間がたった血液も染み抜きがでキレイになる。

血液の染み抜きで気をつけることは?

温度計

血液の染み抜きをする上で、もっとも気をつけることは「お湯を使わない」ことです。

染み抜きといえば、水よりもお湯を使ったほうが汚れがゆるんで落としやすそうなイメージがあるかもしれません。

ほかのシミであればそれは正しいのですが、血液はタンパク質なのでお湯で洗うと固まってしまいます。ほかにも牛乳、卵なども同じです。

必ず水を使って染み抜きしてくださいね。

染み抜きで血液のシミをキレイにしよう

洗濯物 干す 外 シャツ

血液のシミに悩まされた人は多いと思います。固まってなかなか落ちずに、やむなくお気に入りの洋服を捨ててしまったこともあるかもしれません。

でも、方法さえ間違わなければしっかりキレイに落とせるんですよ。

やり方を覚えて大切な洋服を長く楽しめるといいですね。