シャツなどで目立つ襟周りや脇の下などの黄ばみ汚れ。明るい色の服だととくに目立って、「お気に入りだったのに…」ともどかしい思いをしているママも多いと思います。

今回はその黄ばみ汚れを「重曹」の活用でスッキリ落とす方法についてご紹介します。ちょっとした工夫で予防までできるので、ぜひ試してみてくださいね。

黄ばみが重曹で落とせるってホント?

重曹
そもそも洋服が黄ばむ原因は、肌が触れてついた皮脂汚れが酸化したためです。脇や襟、袖口、背中など、肌が直接ふれて皮脂がつきやすい場所は、洗濯しても完全にはキレイになっていないんです。

お掃除アイテムとして重宝される重曹は、もともと「油」汚れを落とすのが得意。そこで、黄ばみの原因となる皮脂汚れにも効果を発揮するというわけです。

自然由来の成分でできているので肌がふれる衣類に使っても安全。その半面、化学洗剤に比べると作用が穏やかなので、こびりついた汚れまで分解するにはちょっとした工夫が必要になってきます。

黄ばみには「重曹+食器用洗剤」の組み合わせが効く!

重曹 クエン酸 掃除 料理
用意するもの
必須
重曹
『キュキュット』などの食器用中性洗剤
スポンジ(ブラシでも可)

こびりついた皮脂汚れまでスッキリ落とすには、重曹と一緒に油汚れを溶かす力の強い食器用洗剤を使うのがおすすめです。粉末の重曹と混ぜあわせることで皮脂を落とす力がアップします!

あとは黄ばみをこするためのスポンジかブラシを用意したら準備は完了です。

重曹を活用して黄ばみを落とす方法は?

薄めた食器用洗剤
重曹で黄ばみを落とすには、重曹+洗剤のペーストをつくってこすり洗いするのが効果的です。

ペースト状にすることで、粉の重曹が汚れに絡みつきやすくなります。「食器用洗剤が油分を溶かし出し、重曹が分解する」というダブルの効果で効率よく汚れを取り除いてくれますよ。

重曹と洗剤を混ぜる

重曹 ペースト
重曹と食器用洗剤を1:1の割合でまぜ、ペースト状にします。

厳密に計量しなくても、スプーン1杯ほどの重曹を入れた容器に洗剤を少しずつ加えていけばできあがります。

黄ばみに塗る

重曹でシミぬき
黄ばみを覆うようにたっぷりとかけて塗り込みます。タオルを下に敷いておくと、テーブルなどを汚しません。

重曹の粒を押し付けるように、スポンジやブラシでこすり洗いすると効果的。

洗濯機へ

ドラム式洗濯機を動かす
こすったあとは5〜10分ほど放置し、重曹が染み渡るのを待つと汚れがふやけて落ちやすくなります。

あとはいつもどおりの洗濯で大丈夫。重曹ペーストがついた服をそのまま洗濯機に入れて洗えば完了です。

ガンコな黄ばみには重曹をもうひと工夫!

ワイドハイター
衣替えで長期間しまっていた服にできる黄ばみなど、時間をかけてこびりついた汚れは先ほどの方法で落ち切らないこともあります。

そんなときでもあきらめずに、今度は重曹に『ワイドハイター』などの酸素系漂白剤を組み合わせてみてください。

重曹と漂白剤を組み合わせた黄ばみの落とし方

つけおき
次の手順でつけおき洗いすればさらに汚れを落とせます。

洗面器にお湯をためる。

40℃くらいのお湯を張る。シンクや洗面台に栓をして張っても大丈夫。

重曹と洗剤をまぜる

水量に合った漂白剤と、同量の重曹をお湯によく溶かす。

1時間つけ置きする

黄ばみ汚れの気になる部分だけを液に浸し、1時間放置する。

洗濯機へ

そのままお湯ごと洗濯機に入れて洗えば完了。

漂白剤ならガンコにこびりついた黄ばみも真っ白にしてくれます。酸素系漂白剤は色柄物にも使えるので安心ですよ。

ワンポイント

エコなわざあり

黄ばみを落とせる自然由来のアイテムは重曹以外にもある!

セスキ炭酸ソーダ
重曹と洗剤の組み合わせでワイシャツなどにつく黄ばみは落とせますが、さらに効果を高めたい人は重曹を「セスキ炭酸ソーダ(セスキ炭酸ナトリウム)」に代えてみてください。

セスキ炭酸ソーダは重曹よりもアルカリ度が高く、水に溶けやすいのが特徴で、衣類についた黄ばみを洗い流すにはうってつけのアイテムです。

ドラッグストアや100均などで手軽に手に入りますし、『アルカリウォッシュ』などの商品名で大袋での購入もできます。うまく日々の家事に取り入れてみてくださいね。

重曹を使えば黄ばみの予防までできる!

重曹で洗濯
黄ばみを取り除いたあとは、今後も同じような苦労をしないよう、黄ばみがつかない方法も覚えておきましょう。重曹を日々のくらしに取り入れると衣類の黄ばみ予防につながりますよ。

その活用例をここでは2つご紹介します。

重曹スプレーを吹きかける

着用しても毎回は洗わない服などは重曹スプレーを使ってこまめに汚れを落としましょう。

重曹小さじ2杯と水200mlをスプレーにいれて混ぜ、それを黄ばみが目立つ場所に吹きつけるだけです。

着用後、しまう前に吹きつけておけば皮脂汚れが分解され、臭いの発生も抑えられます。あとは乾燥させてからしまえばOKです。

洗濯機に重曹を入れる

重曹をふだんの洗濯に使うようにすると、黄ばみ予防の効果が高まります。

やり方は「重曹1カップを入れたあとに洗剤や洗濯石鹸を規定量いれる」だけです。重曹も石鹸も、水よりお湯の方が溶けやすいのでお風呂の残り湯などを活用するといいですよ。

黄ばみ汚れは重曹を活用して解決!

ワイシャツの洗濯
お気に入りの服に黄ばみ汚れができているのを見つけるとがっかりしますが、心配しないでください。

黄ばみは元をたどれば皮脂汚れなので、油汚れを分解するのが得意な重曹を活用すればキレイにできます

重曹を使った黄ばみの落とし方をマスターしたら、もう汚れに悩まされることはなくなりますよ。